赤煙突の釣りブログ。コンセプトは「堤防から船釣りを!」両軸遠投カゴ釣りで新たなジャンル「陸っぷね!」を広げていきます。

123.<第83回親父会>2017年新年会&リベンジ!式根島!



皆さん、あらためまして 
新年明けましておめでとうございます!
今年も赤煙突を宜しくお願いいたします!

さて、昨年、大きな忘れ物をした
名人と日の丸さん。
冷たい強風の吹く中、式根島へ
リベンジ釣行してきました!

果たして名人は迷わずにすむのか!?
日の丸さんはマーチを流せるのか!?

合わせて新年会のイチゴ狩りと
持ちつき大会の模様もアップしてます。

どうぞごゆっくりお楽しみください!
続きを読む

122.<第82回親父会>○○にかけた俺のロマン!in式根島野伏港



みなさん!こんばんは!
とうとう2016年も
あと十数分で終わろうとしています!
そんなギリギリで今年最後の動画アップ!
日の丸さんと一緒に式根島に
行ってまいりました!
・・・・もう本当に
ブイは溜めないようにします・・・
そして、今年も応援してくださった皆さん!
ご視聴してくださった皆さん!!
本当にありがとうございます!
来年も赤煙突、頑張ってまいりますので
どうぞ、宜しくお願いいたします!

では皆さん、良いお年をお迎えください!!
2016年、ありがとうございました!!

エースを狙え!GWの式根島!



初夏の陽射しを肌に感じながら
ぎりぎり乗っ込みメジナを狙いに
名人&キヨーノで式根島をぐるっと釣行!

どうぞお楽しみください!


ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓




G・Wの式根島in名人&キヨーノ<第51回・おやじ会>1




名人劇場入りました!!!

尾長メジナ47cm
尾長メジナ42cm
尾長メジナ41cm


G・Wの谷間、
今年は1日、2日、と平日が入る。
そして3.4.5.6日と祝日が来る変則G・W

その谷間の平日を狙って、

もう遅いか?

ノッコミの残り香を楽しみたい!
シコプラン2014も良いけれど・・・
島に行かない赤煙突ってどうなの!?

東海汽船でデブ2人を見かけないと寂しいよ。
そんな声にお応えしまして行って来ました式根島。

最近、赤煙突のお気に入り「式根島」
今回は名人とキヨーノの2人だけ。
レンタカーを借りて島を探索しながら
新たなポイントも見つけてみよう!

久しぶりの離島とあって気持ちが高ぶっている。

名人
「う~ん、やっぱりこの雰囲気いいね~
竹芝に来ると熱い血潮を感じるのは俺だけかえ~」

キヨーノ
「いや~いいね!
この乗船前の高揚感。
やっぱり島へ行くっていいよね~」

名人
「今年は全てシコ任せ。
でも2人のスポットは自由ですから
我々は行きますよ。いざ島へ!!!」

キヨーノ
「シコちゃんも島に行こうっ!となれば島でしょう」

名人
「わからんで、あの人、今年は全て
島抜きで考えている節があるで。」

キヨーノ
「そうなの?じゃいける時に行ける人で島へ行くしかナイツ!」

名人
「そうなんです!
行ける人はどんどん島へ行くんです!
俺のお気に入りの式根島へ行くんです!」

前日までの雨が嘘のように晴れ。
今晩、明日晩と天気は晴天の予報。
いいね~トシコにまで条件が無いと言う
まさに絶好の釣り日和になりそう。




名人
「今回の俺は真面目にやるで~
もう俺には守るべき家族があるんや~
家族の為におれは真剣に釣りをするで~」

キヨーノ
「なんか熱いね~
一昔前までとは違う熱さ。
熱さの種類が違うな~
どうした?
守るべき家族って・・・」

名人
「いいんや~
俺にはいろいろあるんや~
新婚祝儀で大物を狙うんや~」

そして乗船してからも酒宴は続く!




名人は熱くオイラに語って聞かせた!(政治は無しよ)

「今年の2月に私事ながら、以前からお付き合いをしていた
一般女性と晴れて結婚する事が出来ました。
そして、私には家族という守るべき物が誕生しました。
まだ子供を授かっては居ませんが、
2匹の大型犬とそれはもう美しい、そして甲斐甲斐しい新妻、
2人+2匹で慎ましく生計を立てている次第でございます。

私の生活は至って質素。
東京在住ながら自宅を工房にしている関係で
万歩計を付けても一日60歩しか歩かない。
毎日、ハンダのカゴ制作に時間を割いたり割かなかったり。
そんな生活を送っております。
当然楽しみは三度の食事。
手元の緻密な作業が必要だからお酒を控える生活に変わり
白いご飯が私の胃袋に吸い込まれること。吸い込まれること。
福島産のササニシキは私にとってもうダイヤモンド
幸せ一杯の新婚生活を送っております。

しかーし!!!
今年の釣りという部分に関しては、
いや最近の私の釣果という部分においては
全く納得できる物ではありません。
他のメンバーに華を持たせて巻頭を譲っている訳じゃないんです!

もっと大物!
もっと多くの釣り上げた魚を皆さんへお届けしたいんです!

そこで気付いた俺、名人!
釣り場に来て安心していた自分が居た。
そうじゃないんだ!

俺が結果を出してキヨーノを虐める。
さらにキヨーノも結果を出してシコちゃんをさらにいたぶる
この修羅場が必要な事に気付いた次第でございます。

ましてや新婚間もない新妻と二匹の大型犬がお腹を空かせて待っている。
九州男児としては大漁を願う美人妻の為にも釣らなければいけないんです!
だから私は変わったんです!

結婚を機に私はもっともっと、
真剣と書いてマジ、いや本気と書いてマジに
釣りに取り組もうと誓った次第でございます!」


キヨーノ
「おお~なんか言葉の意味は分からないけど
熱い物を感じたよ。
とにかく一層釣りに邁進するって事でいいかしら?」

名人
「みなまでいわんでええで!」

キヨーノ
「自分が言ったんじゃん!」

そんな熱いトークが午前1時まで続き
ようやく就寝。

翌朝、7:30起床
炭水化物ダイエットを遂行中のキヨーノ。
昨夜はすきっ腹に酒をドカドカ入れたもんだから
なんか二日酔いの気配。。。

名人
「あら、キヨちゃん
あんた青いで、どしたんかえ?
さてはすきっ腹に入れた酒が効いてるな
分かるで俺も昔はよくすきっ腹に酒を入れて
次の日グロッキーになっていたからね
もうそんな事は卒業したよ
だって白米がウマいから」

キヨーノ
「うん、分かったからちょっと静かにしてもらえる・・・
港に着くまで少し安静にさせて」

名人
「そんなバカな!今回は俺たち2人しか居ないのに
黙っていろってそれは無理な相談ですよ!
私はガンガン攻めますよ!」

なんとか名人のおやじギャグ攻撃を回避して式根島へ到着。




桟橋では数名が釣りをしていました。
私達は今回レンタカーを手配しているんです。

早速、車を借りてメインの野伏港を後にする。

キヨーノ
「なんか地図を見ると、島の反対側にも堤防があるらしいよ」

名人
「いいね~、時間もあるから今日はじっくりポイントをさがぞうえ~」

二人は島内をぐるぐる回り
反対側の堤防

式根港に到着。

名人
「いいんやねんかえ~!




あの小岩に向かって投げたらメジナおりそうやで~
ここにしようえ~
ここがええで~」

キヨーノ
「そうだね、なぜかこっちは釣り人が居ない
貸切状態だね。一抹の不安もあるけど
あの障害物はいい岩礁地帯だよね」

と言うわけで他のポイントも見て回ったけど
どこも地磯ばかり。
我々の装備で磯には入れない。

選択肢は「野伏港」か「式根港」の二つ。
普通に考えて常に釣り人が絶えない「野伏港」を選ぶのが常道ですが、
へそ曲がりなこの2人は敢えてこのポイントを選びました。

時刻は午前10時
釣りスタート!!!

「はい、どーも!
ここは式根島、来ちゃったね~
シコちゃんを置いて。
ま~彼も今頃仕事に精を出している頃でしょう!
我々、自営隊(自営業のこと)は
この平日谷間に攻めて見ましょうって事で
皆さんと釣りに行きましょう!!!!」




名人が慎重にタナを測る。
目印となるちょんぽり目がけて仕掛けを投げ
水深を測ってみると。

名人
「意外に浅いな~
竿2本(約10m)は無いで。」

そして名人が丹念にタナを測って出た結果が
マックス竿1.5本。水深約8~12mという計測値が出ました。
あとは投げる場所によって微調整。
この報告を待って目ざとくキヨーノが釣りを開始した。

名人
「相変わらず人のふんどしで釣りをするね~
どうなんですか実際の話」

キヨーノ
「私は自分の感覚でタナを決めてますから
決して名人の測定結果を聴いて決めた訳じゃないですよ」

名人
「なるほどね~キヨスタイルですか!
その浮止めの位置をみると、しっかり竿1本で止まってますな~
その竿は5.7mだから約6mからスタートだね。
しっかりしてるね~
あ~怖い怖い小岩のシコちゃんっと!」

2人で仕掛けを流し漫才をしながら
30分が経過。

付けエサは無くなるけど、一向に当たりが無い。
名人も小魚の反応が無い。

キヨーノが少しタナを深くして仕掛けを入れたポイントから
何度か誘いを入れて見た。
その刹那。

「あら、これサカナかな?
んっ、サカナっぽいぞ。
そこそこ暴れてる」

名人
「まじかえ!サカナ~かえ?
なんだよファーストフィッシュはキヨーノかえ~」

寄せて来たらなんと。
ブダイだった。

キヨーノ
「ああ、ブダイか~
結構深い所を攻めてたのかな~
まっ、いいでしょう!
とりあえずカンボウ回避と言う事で」




ミッション完了です!!!

さぁー!一匹釣れた事で勢いが付くかと思いきや。
この後は一向に釣れない。

タナをあげたり、下げたり。
投げるポイントを変えて見たり
いろいろやってみても全く反応無し。。。

時刻は14時

キヨーノ
「ちょっとここは浅すぎるから
あまりサカナ居ないんじゃなかろうか?
野伏港に変えて見たらどうだろう?
夜にまた来てもいいし」

名人
「そうやな、良さそうな場所なんやけど
水深のせいかイマイチ反応が無いな~
一旦、野伏港にいってみるか」

意見が決まれば早い。
即効移動して式根島メインの野伏港に到着。
我々が好きな堤防左角の丘向きが偶然にも空いていて早速釣行開始。

先端にも地元の釣り人が数人。
う~ん、反応無し。

名人がスズメダイを二匹釣っただけ。

「いちおうカンボウ回避だけど
まったく気配ないやん・・・
困ったで~」

困り果ててしまった2人。
時刻は17時。
もう夕マズメに入っている。
このままこの場所に留まってナイツに勝負を掛けるか
それとも野伏港の右側先端へ移動して
ナイツタイムを狙うか・・・

時間が迫る
判断が求められた。

名人
「どうする?」

キヨーノ
「思い切ってまた先の式根港に行ってみない?」

名人
「いいで、そうしよう!
今日はこっちじゃなさそうな感じするで」

キヨーノ
「また、夜になってダメだったら戻って来てもいいし」

時刻は18時
もう電気ウキに明かりが入る時間に、
また朝の式根港へ帰って来た。

ポイントも同じ場所。

力なく
「赤煙突はナイツに進化する!!!」

と叫んで見たものの、昼間の釣果があんまりだったので
二人とも自信は無い。だけど一晩丹念に攻めて見ようと意見は一致。
ここで勝負する事を決めた名人&キヨーノ

後半のナイツへ続く・・・



人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓両軸遠投カゴ釣り☆






2013 赤煙突・釣り大会 2




時刻は午後15:30

釣り大会、初日が始まって2時間が経過、
未だ大物は誰も釣れていない。

メイチにザキがポツリポツリ。

ここでキヨーノが魅せる。

「サカナ~!!!」
「いいよ、デカイよ・・・」

名人
「おおーマジか!
お前か~」

慎重に寄せて来てヨシミンタモに収めて貰い獲得。

口太メジナ 48cm!

ミッション完了です!!!

名人
「またキヨーノかよ・・・」

シコちゃん
「あんたなのね・・・」

キヨーノ
「イイじゃない、今日はアンタレス(中)15号ですよ!
やっぱりカゴは小さいけど、爆発力は大きいですよ~」

名人
「参りました。。。」




ここで一気にキヨーノが初日の優勝候補に躍り出た!
場が沸騰する。

キヨーノ
「いえーい。やっぱ持ってる男は違うのかな~
シコちゃん???」

「・・・」
「死ね!」

心の叫びが聞こえたよ
シコちゃん。
無心の境地ですよ。

海の状況が良くなって来たのか
今後はウキ師にデカイ当たり!

ウキ師
「デカイ、デカイ」

キヨーノ
「ウキ師、他に何か言う事ないの?」

ウキ師
「今無理」

真剣にやり取りして出て来た魚は
何と本イシ!!!

支部長
「本イシじゃん
なんだーいいね」




イガちゃん
「おお本イシはポイント高いよ
キヨちゃんのメジナといい勝負だね」

目方は2キロ弱の本イシを釣り上げた!

いいね~
場が盛り上がって来たよ~

名人
「なんかいいね~
俺もなんかないかね~
これやっ!ってサカナ欲しいな~」

あれっ!
竿を曲げてるぞ!

ボハさん
「サカナっぽいです。
結構いいかも・・」

キヨーノ
「ボバさん、
結構いいかもってどんな感じなの?
デカイの?小さいの?」

ボバさん
「デカイと思います
でも当てにしないで」

真剣なボバさん
全く余裕ゼロ!
それもそのはず、竿が完全に曲がってる。
誰が見てもデカイと分かる引き。

段々と岸に寄って来た。
上がって来るよ~

さぁーなんだ!
何だ!

「うわーデカイ
これも本イシじゃん!!!」




なんとビックリ
カゴ釣りに本イシ3キロクラスが喰ってきた。

「なんだこの島、すげーな」
「式根島アブね~」
「サカナ濃い~」

誰もが目を疑った
見事な本イシ。

ボバさん
「信じられません。
マグレ当たりです」

ウキ師
「マグレじゃ釣れないよ
上がって来ないよこの魚」

名人
「いや~ボバさん凄いね
いいもの持ってますね~
俺に譲ってもらえません???」

シコちゃん
「ダメだよ!」

その後もボバさんに強烈なアタリが来た。

ボバさん
「デカイと思います。
これはさっきよりいいです」

名人
「なに~
また来たの~」

その魚は根に潜り仕掛けごと潜ってしまった。
どうにもならない状態に見かねた支部長が手助け。




どうにか根から出そうとしたけど
結局出て来なかった。。。

支部長
「う~どうにもダメだね。
完全に根に付いてる。
仕掛けを諦めるしか無いっすね~」

このアタリは残念ながらロスト。
しかしボバさん持ってるね~

ウキ師も健闘した




巨大なオッサンを釣る。
おっさんがおじさんを釣る。
要らないギャグも入り

日が暮れて初日の大会は終了
時刻は17:30

終了~!!!!

結局、この日はボバさんの本イシがトップ。



明日の2日目でこの魚を超える大物が出るのか?
こうご期待です!!!

そして楽しみな夜のBBQ
どこまでも赤煙突はBBQに執着します。
宿を手配して食堂でのご飯を断り。
オプションのBBQをお願いしました。

全員、宿に戻って風呂に入り
さっぱりした所でBBQ開催。

名人
「ちょっとまった!
赤煙突スタイルを忘れて貰っちゃこまるで~!
キヨーノ!シコちゃん!あんたらだけは許さんで~」

なんとびっくり。
今日はみんなで宿を予約して寝床も手配されてます。
しかし、

「お前たち赤煙突スタイルを忘れたのか!?
まだまだそんな身分じゃないだろ~」

この一言ですよ。
風呂にも入らせて貰えず。

まずはお疲れ様の「乾杯~」

今日は面白かったね~盛り上がったね~
え~、え~、え~、
夕飯のBBQは楽しみましたよ。

昼間に釣り上げたマダムのスマガツオ
通称「トロガツオ」に舌鼓を打ち




ウキ師のヤキソバに悪態を付き




初日トップのボバさんが狂い始め




宴は続くと思われました。
BBQ開催が午後18:30
なんだかんだ2時間は飲み食いしたかな?

時刻は20:30
そろそろ明日の為にお開きと。

支部長
「今日はお疲れ様でした!
みんな明日もあるので今日はこの辺でお開き~」

「ご馳走様でした~」

各々部屋に戻り仕上げの一杯をする人も居て
風呂に入ってゆっくり睡眠をとる人も居て
良いですよね~
宿の泊まるこの感じ。

私も感じてみたい。
(名人談)

「こら~そこの~!!!
なに寝てんだよ~
さぁー行くよ!
俺たちには海が待ってる
ナイツも釣りをしてこその赤煙突でしょ!
起きた起きた!
わかったヨシミンはいいよ。
あんたは休んでいいけど、チミ達二人は道連れだよ!」

時刻は21時
気付けば名人、キヨーノ、シコちゃんの3人は堤防の上に居た。

式根島、今度は赤灯の下に陣取って
ナイツにもう一勝負かけようってんだから
気が狂ってるとしか言いようが無い。

明日の為に風呂に入って熟睡ですよ!
しかし、煙突スタイルを貫いた男たち
宿を予約しているにも関わらず。
部屋を取っているにも関わらず。

「俺たちの寝床は畳の上じゃないだろ
堤防が温かく迎えてくれるでしょ!
または軽自動車の豪華なソファが待ってるだろ!」

そうです。
皆が熟睡している最中。
赤煙突の狂った3人は堤防の上に居ました。

そして結果を出しました!

キヨーノ
「サカナ~
切り身を付けて一発だね~
結構デカイよ!
いいよ!」

名人
「まじか?デカイ?
いいね~そうこなくちゃ
タモいる?」

キヨーノ
「準備願います」

シコちゃん
「また俺の出番なの?」

タモ網を組んで無い時に魚が掛かった。
もう岸に寄せて口を上に向けている状態。
待つこと2分。

やっとタモが出来上がり
掬った魚がやりました!

「タマン太郎」




キヨーノが結果を出しました!
久しぶりにナイツに進化出来ました!

満足なキヨーノはこの後、
軽自動車の硬く冷たい豪華なソファーで安眠。

「出来るか~!!!背中が痛いわ!」

名人は仕掛けが切れたり、
結び直したりこの人はナイツ全く釣りをしていません。。。
恐らく道連れにした罰でしょうね。

シコちゃんは軽い仕掛けしか用意していなかったから
距離が必要なポイントに仕掛けを入れる事が出来ず。。。
サバとハタンポ、キタマクラと戯れてナイツ終了。

やっぱり持って無いのかな~
この2人。。。

ナイツにもっといい魚を見たかった!
そんな全国の声が聞こえませんか?

キヨーノは堪えましたよ!
眠い身体に鞭を打って結果を出しましたよ。
そして迎えた午前3:30

ゆっくり布団で休んでいたメンバーが揃いだした。




名人
「さぁー今日も張り切って!
2日目の大会、開始~!!!」

時刻は4:30
全員そろった所で2日目の釣行開始。




さすがに2日目はみなテンション低めです。
年には勝てないか?
1人仮眠を取って魚を釣って酒を飲んでいる陽気な男が居た。

キヨーノ
「シコちゃん!
早く釣らないと、あなた本選何も釣ってないよ
大丈夫?腕が腐ってるんじゃないの?」

名人
「はぁーこいつに釣らせると後がうるさいな~」

シコちゃん
「困ったもんですよ~」




キヨーノはもう2日目
ナイツも釣ってるから釣りする気ゼロ。
殆ど投げません。。。

喋ってばかり。

一方、温かい布団で寝てきたヨシミン。
調子がいいようで、
「さかなでーす!」




名人も粘りを見せる。
「はい、さかな~
これはサカナですよ~
大きくは無いですが、最後まで全力投球の私を見てください!」




ナンヨウカイワリ

ウキ師は捲き食いさせたカンパチ




それでも初日の本イシに及ばない。。。
今日1日中釣りが出来れば分からないが、
もう台風が迫っている。

帰らないと当分帰れない。

時刻は午前9:30

ここで秋の釣り大会は終了!!!

優勝はボバさん!
石鯛3キロ
カゴ釣りはお見事!




無事に終わった今回の釣り大会。
式根島というフィールドも最高でした!

いや~赤煙突。
式根島にハマりそうな予感。。。
アブないな~
通っちゃうかな~






人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓両軸遠投カゴ釣り☆






2013 赤煙突・釣り大会 1



今回の優勝者はボバさん!
カゴ釣りで本イシ 3キロ



その後はキヨーノのメジナ48cm



番外編ではマダムのスマガツオ3キロ


赤煙突・秋の釣り大会!

やってきました、釣りの季節。

「狙え秋の回遊魚!!!」

って事でついでに釣り大会もやっちゃおうって
先月の夏祭りに勢いで決まってしまった。

今回のフィールドは式根島!

8月におやじ達が初上陸し感激した島です。

雰囲気はいい、釣り場もいい、魚種も多彩、
そして一番は人がいい!

ジョー(八丈島)に負けない人柄に
感じ入ってしまったおやじ達。
と言うわけで場所は「式根島」赤煙突釣り大会!

参加メンバーは
-------------------------------------
名人
キヨーノ
ヨシミン
四子武士
支部長
イガちゃん
ウキ師
ボバさん
マダム
-------------------------------------

総勢9名で開催されました!

それぞれが前日、当日で続々と式根島に到着




竹芝からの前ノリ組は
名人、キヨーノ、ヨシミン、ボバさん、ウキ師、マダムの6人
もう船中から呑みっぱなし。
連休とあって船内は満席状態。

最初は外で呑んで居たけど、以外に寒い。
こりぁイカンと移動。
運よく食堂で一杯が始まったら止まらない。
なにしろマダムが止まらない。

気付けば空になったコップにどんどんビールが注がれていく
どうなっちゃってるの!?
時刻は2:30ですよ!

ようやく就寝午前3:00
でっ、大島に到着したのが朝の5:30




「おい、おい、3時間しか寝てないよ・・・」
完全に昨日の酒が残ってる名人、直ぐには何も発せない。

まさに腹回りはご臨終。

なんとか上陸した式根島



気持ちは有るけど体が付いて来ない。

ウキ師、ボバさん、マダムは早速堤防に移動して
仕掛けを組んで釣りを始めている。

メンバー全員が揃わないと始められない釣り大会!
その前は自由にリハーサル(練習)OKなので、
もう早速止まらない人たちは釣りを始めました。

一方のおやじ達。
まずは待合所の日陰で一休み。
トイレ休憩にいったり煙草休憩。
堤防を端から端まで観察したり。
まったく釣りをする気配ゼロ。

名人は完全にグロッキーから回復せず
再起不能のデブです。

小一時間の休憩を取って、ようやく始動。
その頃既に現場ではウキ師達が釣りを始めていた。

キヨーノ
「どう!?ウキ師?何か釣れてる?」

ウキ師
「潮が速くてどうにもならねーんだよ」

そうです。
沖向きのポイントは左から右に流れる急流で
仕掛けが全く止まらない状態。
風向きも真正面の風で釣りづらい。
それでも角の先端から必死にカゴを投げるウキ師。

名人、キヨーノ、ヨシミンもようやくポイントを決めて
仕掛けを作り始め釣りを開始。って言ってもキヨーノだけ。
名人はグロッキー、ヨシミンは仕掛けを作っただけ。

ウキ師
「ヨシミン、なんで釣りしないの?
もう仕掛け出来てるんでしょ?」

ヨシミン
「いいの、体力温存しないと夜寝れないから」

名人
「君は何を言ってるんだい?
釣しに来たんだよ!寝に来たんじゃないよ」

ヨシミン
「だって今日は珍しく宿を予約してるじゃないですか?
ゆっくり寝れると思ったら釣りなんて適当でいいですよ」

名人
「なるほど!って違うでしょ
やっぱり投げないね~この人は
とことーん投げない男。ヨシミ塾待ってます!!!」

キヨーノ
「誰にも分からないよ、その替え歌
GSスタジオをで待ってます!」

これですか?
古いな~
GS「スタジオで待ってます」

そんな事はどうでもいいから
ヨシミンも投げないと。

「俺はいんですよ、誰が釣ってからでいいんです」

キヨーノ
「相変わらずブレてないね~
ヨシミ塾、待ってます!」

そんな戯言を言っていたら潮がようやく
トロくなって来た。そうしたらウキ師!

「さかな~
なんだーこれはなんだ?
あーメイチだ!」




この魚
メイチダイ。地元の人が言うには絶対に目を傷付けちゃダメみたい。
目を傷つけると匂いが身体に染み込んで食べれ無くなるって。
だけど普通に調理して刺身は絶品と言ってたな~
やさしいな地元の方。

時刻は午前11時
ようやく魚がポツポツ釣れ始めた。

ボバさん
「ああ、これはサカナですよ~」

ボバさん何気にザキを釣りました!
島ザキ、いいサイズ。
やった~!!!

名人
「なに?もうザキ?
ザキが釣れったって?
これは聞き捨てならねーな」

ザキの声を聞いて急に仕掛けを投げ始めた名人
ザキには目が無い名人
1投目からキタマクラを釣る!

キヨーノ
「まだ釣り大会は始まって無いからね
適当に腕ナラシしていこうよ」

リラックスした雰囲気の中、急にリールが泣き始めた
「ジーーーーー」

ラインアラームが止まらない。
マダムの竿にそいつがいきなり来た!

マダム
「えーどうするの?これ?」

「大丈夫、ドラグが効いてるから
捲けるときに捲けばいいよ。
根に入る魚じゃないから大丈夫」

外野が賑やかになった。
完全に回遊魚です。
沖に、沖に、魚は走る。
海面をひたすら走ります。

5分間走ってようやく止まった。
さぁーここからは捲き、捲き!
ハリスは6号だ。
切れないから捲け捲け。

亭主のボバさんがタモに入れた!!!
歓喜の瞬間




やりました!
リハーサルながら見事なスマガツオ
3キロクラスを釣り上げた!

マダム!
凄い。

これが本選だったらほぼ優勝確定!

マダム
「もういい、大会前でもこんなイイ魚を釣る事が出来て
ミッション終了です!!!」

名人
「いやいや、終わらしちゃったよ!
ダメダメ、まだこれからよ」

マダム
「いいの、もう満足。
この一本で十分疲れた」

だろうね。
相当やり取りしたからね。。。

歓喜に沸く堤防にようやくそろったメンツ。
ジェットでシコちゃんが合流。
その後、下田からは神新汽船で支部長とイガちゃんが合流

今までの状況を一通り説明しようやく釣り大会開始

時刻は13:30スタート!
初日の終了時刻は18:00を予定しています。

各自ポイントを決めて。
想い想いの仕掛けを作る。
各々一言コメントを収録。

はたして誰が優勝するのか?
この時点では全く分からない。
リハーサルでスマガツオが釣れているから
皆、回遊魚狙い、真鯛狙い、グレ狙い、
虎視眈眈と釣り師のバトルが始まった。



支部長
「今日はタイタンで頑張りまーす!」

イガちゃん
「なんとか一匹、良い魚を釣りたいですね!」

ウキ師
「優勝目指して頑張ります!」

マダム
「もう満足~」

ボバさん
「初参加お招き頂きありがとうございます」

キヨーノ
「今日は寝ないよ!絶対寝ない~!」

シコちゃん
「久しぶりですが、キヨだけには負けねーぜ」

よしみん
「マイペースで頑張りまーす」

名人
「楽しく釣りしましょう!優勝しか狙ってません」

熱いバトルが始まって、早速のサカナコールは?

イガちゃん
「なんだなんか釣れたよ。
おおーおじさん・・・」

挨拶代りのおじさんスタート



ウキ師
「俺もサカナ~
またメイチか~
やっぱり・・・」

本選に入ってもメイチ



大会が始まってようやく仕掛けを投入したヨシミン
「サカナでーす!」

なに?まったく釣りしてなかったのにサカナ?



名人
「それもいいザキ!
なんでや!?」

メンバーも揃って始まった釣り大会
序盤からサカナが釣れて海の状況はいい感じ。

さぁーここから!ここから!



人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓両軸遠投カゴ釣り☆







式根島で釣り大会!



赤煙突と愉快な仲間達で釣り大会をやっちゃいます!!!

場所は式根島

メンバーは
-------------------------------------
名人
キヨーノ
ヨシミン
四子武士
支部長
イガちゃん
ウキ師
志村さん
マダム
-------------------------------------

他:ゲストあり

総勢10数人で釣り大会。

もちろんツイッターで情報を更新します。
お楽しみに!!!


人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓両軸遠投カゴ釣り☆





初上陸・式根島!!!<第47回・おやじ会>2




キヨーノが調子いい。
それと言うのも全て、午前中に頂いたアドバイスのお蔭です。

潮の動きも言った通りに推移して
この時間はメジナ良いですよ!!!

その言葉通り。
メジナの時間が来ました。

キヨーノ
「さかな~!!!
んっ、結構いい引きだよ!
いいよ。これはいいよ・・・」

すっぽ抜け。
あれ~
バレた・・・
抜けたよ・・・

下手糞キヨーノ。
最近多いよバラシが・・・

キヨーノ
「まじか!
まあまあ大きかったよ。
すっぽ抜け、、、
正体はロッシか?」

そのあとすぐにまたアタリ。

「さかな~
今度こそ獲りますよ。
あれ~さっきより弱いな~
さぁーなんだ物はなんだ!」

グレや!
やっぱり夕暮れの時間にグレが来ました!

35cm

まだまだ納得できるサイズじゃないよ。
でもやっとサカナらしいサカナが来た。
場が盛り上がって来たよ。

続いて名人

「さりげなくアタリです
小さいな~でもグレや!グレ!
カンボウ回避と言う事で」

ミッション完了です!!!




良い時間になって来たよ。
さぁー地合いかっ!

と思いきや。
その後が続かない。

結局、ヨシミンがザキを釣って夕マズメは終了。




しかし、ドラマはナイツに待っていた。
日が暮れて、地元の人と思われる釣り師が
私たちの近くに釣り座を構えた。

ほとんどポイントは変わらないが、
ザキの入れ食い状態を作り出した。
名人、キヨーノはあっけにとられ
近くに仕掛けを入れて見るが微妙にポイントがずれているようで
ハタンポしか釣れない。

ただ時間だけが過ぎていく。
時刻は22時。

ひと潮釣り切った釣り人がザキを
クーラー満タンにして帰って行った。

名人
「ここ入ってもいいですか?」

「いいよーもう帰るから」

名人、すかさずザキポイントを奪取。
続いてキヨーノも目ざとく奪取。

そのころヨシミンは睡魔との戦いに明け暮れていた。

「サカナ~!」

「ザキだね、やっぱりザキだね」
「今日はザキを死ぬほど釣って帰ろうか!」

名人、ザキには目が無い。
ザキらしたら止まらない

「サカナ~お友達!」
「さかな~はいお友達!」

これを寝ずに一晩繰り返した名人。
キヨーノは途中で疲れてダウン。
ヨシミンナイツは最初からダウン。

気付けば時刻は5:30
アタリが明るい。

これは朝のモーニングレに照準を合わせるしかないでしょう!
と思って、名人はカドのベストポイントに釣り座を陣取る。

キヨーノもヨシミンも起きたけど、まだ寝ぼけてる。
完全に名人ペースと思われた。
っが、仕掛けを入れるが潮が速い。

急流です。
どうにもならない速さ。

見かねたキヨーノは潮だまりを探して
裏手の小磯風なポイントに仕掛けを投げ出した。
ここだと確かに急流を避けられる。

けど、ここで魚が喰ってくるのか?
雰囲気は微妙。

だからキヨーノ油断しました。

ウキが忽然と消え
「さかな~!!!」
とおもった瞬間に秒殺でハリスが切られた。

「あら、サカナだよね。
一瞬で切られたよ・・・」

ハリスを少し上げてもう一度

30分後に当たり!!!

「サカナ~!
今度は乗った、デカイ、デカイよ!」

ラインが出て行く。。。
信頼していないABUのドラグ。
ブレーキを切って親指で自ドラグ。

奴には関係ない、アチチ火傷しながらラインを出して行く
一度目、二度目の強い引きはなんとか脱した。
そして三度目の引きで急に軽くなった。。。

なんとスリーブからハリスが切られた。。。
痛恨のバラシ。

「デカかったのに。。。
バラシが多いよ俺。。。」

キヨーノ完全に島をナメていた。

昔はよくシコちゃんが名人に
「島をナメるな!そんな細いハリスを使って
取れる訳がない」

この名言をキヨーノも忘れてしまった。
細ハリスが命運を分けた。
獲れる獲物を逃した。

逃した魚はデカいね~
正体はなんだったんだ。。。

式根島に忘れ物をしたキヨーノ
それを横で見ていた名人も武者震い。
マジかよ。ばらしたの?獲ってくれよ~

結局その後はアタリ来ず。
日も出てきて熱くなったので納竿

しかし、式根島。
良い島ですね~
また直ぐに行きたいと思いました。
ここはカゴ釣り初心者の方にもいい釣り場だと思います。

これから楽しみな季節ですね~

サ・カ・ナ~










人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓両軸遠投カゴ釣り☆





初上陸・式根島!!!<第47回・おやじ会>




いや~
行って来ました。

初・式根島!!!

ハッキリ言います。
最高の島です。

雰囲気がGOOD!
釣り場もGOOD!
そして島の人が温かい!

三拍子揃った式根島。
久しぶりにいい釣りが出来ました。

今回は
名人
キヨーノ
ヨシミン
のおなじみ三人組。

もはや、シコ武士は切腹過ぎて
皺腹切る場所が無いくらい。


いざ東海汽船に乗りまして、いつも通りの宴会です。
この日は深夜1時頃までの宴会。
まぁ普通に飲んで喋ってそして寝て







起きたらもう周りは海だらけ。
大島へ到着しその後、利島、新島とあっと言う間に
見えてきました今回のフィールド式根島。

三人揃って初めての島なので少し緊張しながら上陸。
堤防は左右に伸びた一本堤防。
大型船サルビアを横付けしてもまだ余るくらいの長い堤防。
海向きは北東を向いている。

南は島がガードしてくれるので余程の事が無いと
欠航は無いだろうと思える作りになってました。




この日はまだ夏真っ盛り。
クーラーにしこたま氷と水分を持って行ったけど
最後は全て空になるほど暑かった。
午前8時に島へ到着。

さっそく釣り場へ行ったけど。
既に暑い。
そして名人がなぜか日陰を探している。




キヨーノ
「名人、どうした?具合でも悪い?」

名人
「酔った。。。船に酔って、酒に酔って
暑さに酔って。。。おれちょっと寝て来るわ・・・」

始めは小さな日陰で蹲っていましたが
嗚咽が止まらず、挙句の果てには、上下で止まらない。
船着き場の中にある日陰の休憩所で死人のように寝ていた。




そんな名人を尻目にキヨーノとヨシミンはさっそく仕掛けを作り。
釣りを開始。




するけどアタリは無し。
段々日が高くなってきて午前10時。
2人も熱さにギブアップ。
これは一旦、日が落ちるまで休憩しようって事になり、
東海汽船のクーラーが効いた楽園の休憩所で一休み。







ここでちょうど3時間くらい仮眠を取って
時刻は14時。




ようやく日差しも落ち着いて来たので堤防に戻って釣り開始。
このころ名人はまだグロッキー・・・
堤防で釣りをしていたキヨーノのよしみんに

「あの~いつもブログ見てますよ!」

と声を掛けて頂いた式根島の方。

「1人足りないような気がしますが・・・」

キヨーノ
「え~、え~、ちょっとデスっておりまして
あちらの日陰で涼を取ってます。
午前中から式根島のトイレは彼が独占しております。。。」

「あーそうなんですか」

と言う事で式根島の釣り事情を事詳しく
惜しげも無く教えて頂きました。
まったくアドバイス通りの展開になって情報の正確さに驚きました。
ありがとうございました。

この方、あとから名人が復活して三人で釣りをしていた時に
わざわざ挨拶に来て頂き&ドリンクの差し入れまで頂いて
思わず感激してしまいました!

名人
「う~ん、式根島の人も暖かいね~
ありがたい。俺たち幸せやな~感謝やで~」

としきりに感心しておりました。
本当にありがとうございます。

さて、釣りの話に戻すとキヨーノ、ヨシミンは
14時から本格的に釣りを始めました。
でもまだ日が高くアタリも無し。
そしてなしにろ潮が速い。。。。
朝方は左に流れる潮がほぼ川状態。

昼からは反対に右に流れる潮に変わり
それでもまだ速い。仕掛けが落ち着く前に捲かなければの状態。




名人
「どうかえ?お二方?」

ようやく釣り場に帰って来た名人
時刻は15時。

キヨーノ
「潮が速くてね~
まだ釣りにならないよ」

よしみん
「名人、顔色悪いけどまだダメ?」

名人
「いや~なんやろ、
トイレが近いんよ。。。
それも上下で出してるから・・・
釣りの仕掛けを作りたくない
こんな気分は初めてやで・・・」

かなりのデス振り名人
それでも夕方16時になりようやく仕掛けを作り
なんとかマズメに間に合った名人。

キヨーノ
「さっきからエサが無いし
ウキが入るんだけど乗らないよ」

何かが喰ってる。




仕掛けを4号竿のカゴ仕掛け
BBアンタレス15号(中)からルアーロッドで
カストル4号に切り替え投入。

すると正体が判明した。
手のひらを少し上回った程度のシマアジが釣れた。




キヨーノ
「こいつか!だから口が切れたりして乗らないんだ・・」

この辺りを3本くらい取って
シマアジのフライ定食をまずは確保。

そして完坊長官からも脱出。




続いてヨシミンも
「さかな~」

と言う事でカンボウ回避。
残るは名人。

名人
「この時期にカンボウは無いでしょ。
夜になればサバだっているでしょ」

と言いながらようやく仕掛けを投入する。
しかし思うように事が運ばず目まいが続く名人
釣りになるのか?


人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓両軸遠投カゴ釣り☆













今日の赤煙突ツイッター
プロフィール

akaentotu

Author:akaentotu
赤煙突・釣り日記

コンセプトは「堤防から船釣りを!」
遠投カゴ釣りで新たなジャンル
「陸っぷね!」
を作るべく日々奮闘中!。

みなさん、どうかよろしくお願いします。
そして、釣り場のゴミは持ち帰りましょう!!!

自作のカゴも絶賛販売中!
「赤煙突・釣り工房」

電話でも注文承ります。

------------------
電話受付時間は
10:00~22:00
(休日・不定休)
TEL:050-3726-2605
MAIL:
akaentotu@gmail.com
------------------


ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓

Facebook・赤煙突
赤煙突・同志の部屋!
赤煙突・同士の部屋!
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
575位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
48位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
関東・東海海況速報/広域
ピックアップ動画








ブログの更新をメールでお知らせ☆
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
アルバム
2010/7/11
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(大)15号
を使用
伊豆大島にて
ツナ(5.8㎏・73㎝)


2010/4/25
爆釣テロリストの「タイタン」カゴ(大)12号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(4.0㎏・72cm)



2010/3/28
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(小)15号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(7.8㎏・87㎝)

爆釣テロリストシリーズ

タイタン大・15号
安定感バツグン

トラブルゼロを目指した昔ながらのカゴ。
意外と飛ぶのが新しい発見。
ヨシミン愛用


アンタレス中・15号
脅威の飛距離

名人やキヨーノが愛用中
飛距離がパンパじゃない。
仕掛けが馴染む時間も早くせっかちの人向け。


NEWカストル4号
湾岸スペシャル

武士がこよなく愛しているカゴ。
新たにモデルチェンジして最長飛距離は80Mまで
メジナ49センチと実績あり


ポルックス3号
湾岸スペシャル

軽い仕掛けで沖を狙える優れもの。
カゴは小さいけど爆発力は大きいですよ!

人気ブログランキング
現在の訪問者




Unique Visitors:




Pageviews:
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

赤煙突・ツイッター