赤煙突の釣りブログ。コンセプトは「堤防から船釣りを!」両軸遠投カゴ釣りで新たなジャンル「陸っぷね!」を広げていきます。

伊豆大島・波浮港<第4回おやじ会>1 ’08/8/25

  

今回の巻頭!!!    
↑サカナっ-つ!出た!!!

いい型のメジナGET☆      
霧雨がチラつく中。      

伊豆大島へフィッシングゥー        

この天気図を見てください。      

      

出発当日の天気図はご覧の通り。。。      
夜釣りだから次の日も気になるところ・・・      

    

----------------------------------  
24日予報  
天気:曇り一時雨  
気温:最高気温 27.0℃最低気温 21.1℃   
風 風向 南東   風速 8m/s     

25日予報  
天気:曇り一時雨  
気温:最高気温 23.8℃最低気温 22.6℃   
風 風向 東北東   
風速 8m/s  
波の高さ:2Mウネリあり  
----------------------------------    

誰だ!?      
低気圧オヤジは?!        
ここ最近8月なのに寒いし。。。      

ギリギリまで延期か!?決行か!?      
判断を迷った結果。      
今回は雨覚悟の決行となりました!          

当日の朝、アスファルトは濡れているものの      
雨は上がって曇り空。      

メンバーを乗せた車は最後にキヨーノ邸に到着。      

キヨーノ:「いやーいい天気だねー」      

ヨシミン:「まずますでしょう!」      

ゴンちゃん:「今日は頑張りまーす」      

キヨーノ:「おぉーゴンちゃん!今日は気合入ってるねー!」      
「荷物大丈夫!?忘れ物ない!?」      
「夢は詰めて来たかい!?」      
ゴンちゃん:「はい、パンパンっすよ!!!」          

キヨーノ:「あれっ、1人声出てないよ」      

大将:「昨日、飲みすぎた・・・」      
「朝4時まで、営業頑張っちゃった」        

ヨシミン:「さっきからこの調子でテンション低目なんですよー」      

キヨーノ:「あらら。嫌だなーこれから大好きな釣りに出かけるのに」      
「このテンションはいけませんねー」        

大将:「いやー胸が焼けるのよ・・・」        

キヨーノ:「焦がして頂きましょう。熱い想いを見たいねー」        
「この調子じゃサカナもどうかなー!?」        

ヨシミン:「これっいっときますか?」        

リゲイン登場。        

大将:「すでにソルマック入ってるんだよねー」        
大将:「いや、いや、活かせてもらっていいかな!?」        

リゲインを一気に飲み干して竹芝へ到着。        

      

恒例の記念撮影。(大将ムクでるよ!)          
今回はゴンちゃんをフューチャーしたい。      
さてどんな釣りを見せてくれるんでしょう!?      

ジェット船に乗り込み完了。      

夏休み期間と言う事もあって、      
大島直行便なのにすごい混雑です。      
みんなの為にも天気ガンバって欲しい。      

淡い期待をしながら船は一路、伊豆大島へ!      

竹芝で雨は降ってなかったけど、      
大島へレンタカーの予約を入れたら        

キヨーノ:「そっちの天気はどうですか!?」        
キヨーノ:「都内は降ってないんですが!?」        

レンタカー屋:「いま降り始めたよ!」        
レンタカー屋:「でも着く頃には上がると思うよー!?」        

またー、おやっさん。      

いい加減な・・・      

無事大島へ到着。        

      

なんと、      
曇っているけど、雨は降っていない。        
地面も濡れてない!!!      

ラッキー!イケダ!(古い・・・)      

早速レンタカーに乗り込んで今回の本命ポイントへ直行!!!      

      

浮波港へ到着。        

大将:「いやー出そう!雰囲気あるねー」      

いつのまにか回復している・・・      
恐るべし海パワー!!!      

      

大将:「ちょっと飲み過ぎたよ」      

お腹にキテいる様子の大将。      
でも目は死んでいない・・・      
前回無念の不参加で今日は燃えてるねー      

ゴンちゃん共々、なんかみんな熱いなー      
沸々と気合が伝わってくる

この状況!!!        

  

↑堤防先端の左側部分。  
ちょっと波っケがありますね。        

  

↑沖堤を作っている最中。見えるかな?   

伊豆大島・波浮港<第4回おやじ会>2

  
↑あれっ少し地面がウェッティかなー?        
荷物を整えて各々自分の場所へとクーラーをセット。        

大将とゴンちゃんがフライングVで仕掛けを組んでいます。        
早いねー、二人ともスゴイ熱気だぜ!        
やる気だねー!        

今日の大漁を願って乾杯ーっ!!!        

        

オヤジ達のメタボにやさしいZEROで乾杯!!!        
っと思ったらゴンちゃん、        
またサクサクとコマセ作りに専念。        

続いて大将もコマセを作ってます。        

コマセには各自ちょっとずつ工夫が施され、        
オリジナルコマセで勝負!!!        
見えない戦いが始まってますねー        

ゴンちゃんコマセ↓    
        

キヨーノコマセ↓    
        

大将コマセ↓    
        

ヨシミンコマセ↓    
        

違い!?分かるかなー        

乾杯もソコソコにゴンちゃんが仕掛けを投入。        
続いて大将も投入。        

この二人早いねー        
飛ばし過ぎると後が大変だよー。。。        

二人に遅れること20分。        
キヨーノも仕掛けを投入。        
続いてヨシミンも投入。        

ゴンちゃん、      
大将は既に雰囲気十分。        
何度も投入を繰り返しコマセを入れてます。        

あとはウキが沈んで、      
魚をGETするだけの

この状況!!!

イエィー!        

って感じ。        
どっちが先に釣り上げるか!?        

大将か!?        
ゴンちゃんか!?        

・・・        

・・・            

キヨーノ:「サカナーっ!!!」        

大将:「そっちーっ!!!」        

ゴンちゃん:「ウソっー!」        

キヨーノ2投目で本日のターゲット!        
イサキをゲット☆      

        

まだ日が高い時間帯でのイサキゲットは        

今夜が楽しみ☆        

今夜が山田☆        

さぁー!        

一気に場の雰囲気が上がってきました!        
今度こそ大将ORゴンちゃん!?        

必死の仕掛け投入。        

ヨシミン:「来ましたー!!!」        

大将:「サカナっー?」        

キヨーノ:「ヨシミン、乗ってる!?」        

ヨシミン:「手ごたえ十分です」        

あっさり釣り上げた魚は・・・        
こちらもイサキ☆        
それもイィ型ー!        

ぐぅー        

    

大将:「えーっ!信じなれないこの状況!!!」        

ゴンちゃん:「大将っ。。。来ないなー・・・」        

大将:「ゴン助、順番から行ったら今度こそどっちかだよ!」        

ゴンちゃん:「大将、日が暮れてきましたね・・・」        

大将:「ゴン助、夜釣りはこれからが勝負やでー」        

大将:「もう来るはずやー」        
「サカナーっ!!!!!!!」        

キヨーノ:「キタっー!!サカナーっ!乗ってる~!」        

大将:「またそっちっかー・・・」        

ヨシミン:「ちょっとここは撮影しておきますかっー!」        

キヨーノ:「ヨシミンいいよー悪いよー何だか!」        
キヨーノ:「1枚だけだよー!!!」        

大将:「撮るんかいっ・・・」        

ゴンちゃん:「・・・」        

伊豆大島・波浮港<第4回おやじ会>3

調子に乗ってるキヨーノ快心のショット!
イサキが黄金に輝いて見えますねー
眩しすぎるぜー



こうなると、いよいよ次は大将でしょー
ここまでアオられたら、
男・大将が黙っちゃいまい!!!

「待ってろよーこの野郎!」
決して言葉に出ない。大将、心の雄たけび↑

ゴンちゃん:「オレ分かる。その気持ち・・・」    

サカナーっ!!!

大将:「どこーっ!?」

ヨシミン:「乗りましたっー!」

大将:「マジでーっ・・・」

キヨーノ:「ヨシミン。1枚撮ろうかー?」

ヨシミン:「いや、いや、」    
ヨシミン:「じゃ遠慮なく!」

大将:「遠慮しろっー!!!」

ゴンちゃん:「いいな~」

キヨーノ:「ヨシミン、ヒザのアングル最高よーっ!」



ヨシミンの笑顔の後ろで、
背中から湯気がたち込めている大将。

いつもと違うまったく違う展開に、
オヤジ達は戸惑ってます。    

ファースト魚→キヨーノ

セカンド魚→ヨシミン

サード魚→キヨーノ

フォース魚→ヨシミン  

これは事件です。
オヤジ会始まって以来の事件です。

大将:「室井さーん」
大将:「おいらブレそうでーす!」  

そう、何を隠そう。
大将は皆とは違ったタナ(深さ)で
仕掛けを投入しています。

これには訳があり、つねに底のタナを探る事で
大型の魚をゲットする確立が高いからです。
彼、自身の経験と実績がなせる技。

しかし、こう立て続けに周りが魚を釣り上げると
疑心暗鬼に陥りかけました。    

大将の中の葛藤を振り返ります。
(このタナだと深すぎるのか!?)
(いやいや、自分を信じよう)
(でもここのポイントは浅めがいいのか?)
(いやいや、己を信じよう)
(いや、まてよ、次もキヨーノが釣ったら)
(タナがズレている可能性もあるぞ!)
(いいや、待った!)
(オレはいつもこうやってるじゃないか!)
(そうだ、最後に笑うのは俺だ!)
(ビクトリー!!!)

ダー!ビリー隊長!!!

こんな葛藤の中。

その後訪れる「大将劇場」の幕開け!



大将:「やっとキタっー!!!」

ゴンちゃん:「大将、やりましたねー」

大将:「長かったー」
大将:「ヨシミン、1枚願うよー」

ヨシミン:「了解しましたー!」

キヨーノ:「おっ要求ショット!」

大将:「いつ何時も撮影は大事よー」

ヨシミン:「行きますよー」

大将:「頼むでーヨシミン。」

キヨーノ:「魚振はどうですかー?」

大将:「うん、これや!でもイサキか?」
大将:「引きが違うぞ!」

ヨシミン:「なんか重そうですねー」

大将:「そうなのよーこれはタモかー?」

キヨーノ:「またまた、イキなりタモですかー?」

大将:「いいやー念のためよろしく!」

ゴンちゃん:「浮いてきましたねー」    

大将:「おおーメジナや!」

キヨーノ:「タモ入れるでー」
キヨーノ:「イイ型だねー、出したよ!この人!」

大将:「どうかえー!?」



いやーいいサイズのメジナ!
ジャスト40㎝綺麗なオナガをGET!!!
いい顔してるねーおやじ!

大将:「もうつかんだ。止まらんぜー!」

予言通り。

大将:「はい、サカナー!!!」



大将の釣りにキレが出てきました。

大将:「よっしゃー!サカナーっ!!!」
連続ヒットです。今度はアジ!
大将:「己を信じて良かったぜー!」 
大将:「そうだ!己を信じる」
大将:「約して、オノシンやっー!」
大将:「いいや、俺はっ!オノシンボーヤやっー」

ゴンちゃん:「大将、それって、オノデン坊やの事ですか!?

大将:「突っ込まんでええんやーっ!」

キヨーノ:「ゴンちゃんスルーよ!!!」

ヨシミン:「いつもの調子が出てきましたねー」

大将:「そう、これがオヤジ会だーっ!」

ゴンちゃん:「ラジャーっ!!!」

伊豆大島・波浮港<第4回おやじ会>4

こうなると、      

後は1人。        

ゴンちゃん。。。        

そう君だけよ!        

大将:「チャンスは必ずあるはずや」        

ゴンちゃん:「大丈夫です。メゲませんからー!」        

大将:「エライ、ゴン助。君は一皮剥けたな!」        
大将:「もうオレは心配しないぞ!お前は大丈夫だ!」        

今回ゴンちゃんは釣行前に館山の堤防で、        
投げの修行を積んできたそうです。        
執念で釣り上げたカツオによって、        

何か釣りの魅力、        

釣りに対する情熱、        

何かがゴン助の中で弾けたような気がする(大将談)        

と言うことらしぃです。        
う~ん、キヨーノとヨシミンは初めて        
ゴンちゃんと一緒に釣りをして        
真剣にやっているようにしか見えないけどねー        

そんなゴンちゃん談議に暮れていたそのとき!            

ゴンちゃん:「ウキが沈んだよー!大将!!!」        

大将:「おーぉやったなゴンちゃん、慎重に上げろよ!」        

ゴンちゃん:「わかりました!」        

待望の1尾。    

        

キヨーノ:「やったねーゴンちゃん!イイ型のアジじゃん!」        

ゴンちゃん:「いやー何でもいいから釣りたかった!!!」        

これでメンバー全員釣れました!        

やっと足並みがそろって、        
ここからは夜の魚祭り状態です。        

アジ・サバ・イサキ!        
投げれば誰かが釣り上げるこの状況!        

ゴンちゃんが特大のサバを釣り上げて、        
あまりに見事な魚体だったので、大将が捌き出しました。        

大将:「おぉーこれは脂乗ってるー」        

ヨシミン:「いやーウマそうっすねー」      

        

ここで休憩して食事タイム。        
大将自慢のズけ料理完成!!!        

お湯を沸かしてラーメンを食べながら、        
ラーメンに刺身をぶっ込んだら、        
これまた半分タタき状態でウマぃ!ウマぃ!        
心地よい時間が流れました。          

大将:「ゴンちゃんも食べなよー」        

ゴンちゃん:「いままた釣れ出したんで!」        

大将:「アイツこんなに真剣に釣りをするなんて・・・」        

キヨーノ:「いやーゴンちゃん燃えてるねー」        

ヨシミン:「うかうかしてられないなー」        

        

ゴンちゃんはアジ&サバ祭りにどっぷり浸かっています。        
よっぽど面白いんでしょう。        
まったく休む気配がありません。        

大将とヨシミンが食べ過ぎて小休憩。        

その間にキヨーノはカゴ釣りを止めて        
堤防のヘチをなんだか変な仕掛けで攻め出しました。        

キヨーノ:「おぉーサカナっ。」        

結構な引きです。        

キヨーノ:「誰かータモ用意してくれないかー?」        

大将:「またーキヨーノ。冗談だろー」        

キヨーノ:「いや、マジで上がってこねーよ!」        

ヨシミン:「イスズミですかねー」        

大将:「いやー上がってくるまでわからんでー」        

ゴンちゃん:「いいなー大物」        

キヨーノ:「浮いてこねーよ!」        

なんとか浮かせて夜の海に魚体がスーッと上がってきました!        

大将:「ライトつけるぞー」        
大将:「うわぉーマダイだよー」        

ヨシミン:「でけーっ!」        

キヨーノ:「マジで!マダイなのー」      
(なんか白っぽかったけどなー)        

大将:「マダイやー!やられたー」        

なんとか浮かせてタモにゲット!!!        

大将:「キヨーノ!イスズミだったよ…」        

キヨーノ:「やっぱり…」        

引いたぜーこの野郎。。。        
上がってきたのは重量感タップリのイスズミでした!      

        

キヨーノ:「ふぅー疲れた!!!この魚はいつ釣っても      
腰にくるなー!重かった・・・」        

大将:「残念やったねー、一瞬マジでやられたーと思ったよ!」        
大将:「アハハハ」        

キヨーノ:「なんでー!?!?」    

巨大イスズミで一瞬、場を沸騰させました。        
その後もみんなそれぞれコンスタントに        
魚をGET。        

大将は相変わらずトップ賞ペースの魚GET率。        

  
↑イサキもアジも釣る。釣る。釣る。        

ゴンちゃんはアジ&サバダバコース一直線。        

アジは一番釣り上げている。        
それも一匹すごいデカいアジを釣り上げている。        

アジレコード保持者です。        

        

このサイズのアジは中々釣れないぞー        
と思っていた矢先。        

ヨシミンの究極な釣法「置き竿釣法」が        
2年ぶりにヒットしました!        

キヨーノがヨシミンに道具を借りようと声を掛けたら        
ちょうど仕掛けの投入直後で、心よく竿を置いて        
キヨーノに道具を貸してくれました。        

その間、仕掛けは海の上を漂っていました。        

用事がすんで、自分のウキを眺めると、        
そこにはあろうはずのウキの姿がありません。        

ここにヨシミン「置き竿釣法」の真骨頂。        

ヨシミン:「なんか付いてますよー大きいのが!」        

大将:「あんた、置きっぱなしだったやんかー」        

ヨシミン:「出ました置き竿」        

キヨーノ:「ヨシミン調子いいねー」        

釣り上げた魚はなんと、特大のアジ。        
ゴンちゃんのサイズをわずかにオーバー!!!        

キヨーノ:「こんなマアジ見たことないよ!!!」        

        

大将:「でたー!この人。」        
「置き竿でこれ出すかーフツー!!!」        

ゴンちゃん:「すごいなー何という引き」        

ヨシミン:「無欲です。。。」        

時刻はAM2:00        

さぁーいよいよキツくなって来る時間帯に突入。
        
いままではハイテンションで来たけど、        
ここからは気合と執念の釣りになります。        
この時間帯を制した者が本当の勝者となるでしょう!!!        

雨がポツリ・ポツリ。        

キヨーノ:「ちょっと休憩してくるわ」        

ヨシミン:「オイラも休もうかな」        

二人で車に消えました。        
ここで寝るのかー!?        

大将は何やらバケツを片手に堤防の付け根へ        
消えていきました。        

キヨーノ:「大将はどこ行ったの?」        

ヨシミン:「なんか腹がイタイと言ってましたよ」        

ヨシミン:「軽量化でも行ったんじゃないですか?!」        

キヨーノ:「あぁー軽量化!?巻き巻きねー」          

車のライトを当ててみたところ、        
しゃがみ込んだ人影がずーっと先に見え隠れしています。        

大将が帰って来ました!        

大将:「アンタらー見たいの!?茶色いよー!」        

キヨーノ:「NO-っ!!!」        

大将:「でもスッキリしたなー        
これでまた戦える!!!」        

デンジャラスタイムに突入だけど、        
今日の大将は燃えてるなー        
いや一番燃えているのは、あの男!!!        

ゴンちゃんはまったく休むことなく投入。        

投入。        

大将:「ゴン助がんばってるな~」        

ヨシミン:「ゴンちゃん、動いてないけど…」        

キヨーノ:「仕掛け持ったまま寝てるよ」      

        

そっとしておいてやろう!        
さんざん投げたもんなー        
今日のゴンちゃんは敢闘賞だ!!!        

いやーオヤジ会に交じってよく頑張ったよ。        

オヤジ3人、ゴンちゃんの健闘を称えます!        

オヤジ達は濃いーウーロンハイを回し飲みしながら        
ダジャレを言い合って笑ってます。        

写真撮っとくか!?        

        

おっ!朝青龍がいるよー        

あぁーなんだ、大将か?! 
     

伊豆大島・波浮港<第4回おやじ会>5

時刻はAM2:30.        

いよいよ、クライマックスへ向けて始動開始。        
今回は珍しく全員参加。        

いつもだったら、ヨシミンが        
ゴールデンタイムの休憩へ突入している時間。        
今日は珍しく起きてるよ!!!          

ヨシミン:「いやーゴンちゃんが頑張っちゃってるから      
オレも実力出さないとー」          

大将:「安眠。ヨシミン。ヨシミンミン・・・」        

キヨーノ:「ゴンちゃん!!!声無いよー」        

ゴンちゃん:「うーっす!生きてます!!!」          

大将:「さ・か・なー!タカナー!タカナー!」      

いや~危ない時間帯だねー      

         
大将:「ちっちゃいけど。本命やっー!!!」        

ヨシミン:「おおーマダイですね。」        

キヨーノ:「出た!マダイ!」          

いるねー、タナさえ合えば居るんだねー      

大将:「またーサカナーっ!サカナー!サカナー!魚!」      
サンバのリズムでサカナー!サカナー!     

        

大将:「今日一番のイサキじゃない!?」        

キヨーノ:「イイ型だねー」        

ヨシミン:「今のところ今日イチですね!!!」          

キヨーノ:「ゴンちゃん、声無いよー」        

あれっ!        
ゴンちゃん。。。    

        

そっとしておこう!        
海は逃げないし!        
釣りは自由だ!          

キヨーノ:「いいなーマダイ!!!オイラも釣りたいなー」        
「やっぱタナだよねー!オイラ浅いからなー」        
「ん、。。。さなかー!」        
「これはサカナーだけど、あまり引かないぞ!!!」          

出た!オイラも出したぞ!!!      

            
ヨシミン:「ちっちゃー・・・」        

キヨーノ:「これマダイ!?」        

大将のが子供だったらオイラのは赤ん坊サイズだ・・・      
手のひらより小さいぞ!!!        

大将:「距離感が違うのよー。
オノシン坊やじゃないとダメでしょー」        

キヨーノ:「う~ん、距離感かー!!!」        
「いやーまだまだ諦めないぞー」        

大将:「サカナー!!!」        

乗ってるねー大将!!!        

        

大将:「これこそ、今日一番じゃない!?」        

ヨシミン:「ですねー!」        

キヨーノ:「出したねーイイ型のイサキ」        

大将の独壇場なのかーっ!!!      
このまま独走を許してはイカーん!!!        

キヨーノ:「サカナー!!!まだまだ勝負はこれから!!!」        
「サカナだぞー、アジか!?イサキかー!?」        

何だ?!このサカナ!?       

        

大将:「キヨーノ、これは深海系のサカナだぞ!」        
「バラクーダの仲間かな!?カマスか!?」        
「どっちにしても深い場所の魚だなー」        

キヨーノ:「リリースかな!?」        

大将:「いやー持って帰って食べてみなよ!!!」        
「それが釣り師たるのもよ!!!」        

キヨーノ:「そっか、じゃ一丁食べてみるか」        
それにしてもこの魚、ヌルヌルしてキモ悪るー」        

帰って図鑑を見たら珍しい魚の正体が分かりました。        

魚名:「クロシビカマス」        

大将の言った通り、普段は深海に潜んでて        
夜になると海面まで上がってくる魚だそうです。        

それにしても、なんでこんな魚がー!?        

      

後日談として。        
この魚を塩焼きで食べてみました。        
小骨が多くて食べにくかったけど食味は最高!!!        
塩焼きで絶品。        

ちょっとびっくり!!!        

魚は見かけによらないんだなー        
と感心の一尾。        

オイラが外道と戯れ中にも、        
大将がコンスタントに釣ってる。        
今日は元気だなー大将!!!        

大将:「朝マズメにメジナの40オーバー出すよ!!!」        
「予感がする。今日は出る。俺のハートがそう言ってる!!!」            
キヨーノ:「ほんとに!?朝マズメ出すの!?」        

大将:「出す。出す。出す。三回言う。気合で出す!!!」          

ヨシミン:「長島さんですかー?!」      

ヨシミンも釣ってます。        
キヨーノがカゴ釣りを休憩して、        
また堤防のキワを狙い始めました!!!        

すると、途端に! 
       
キヨーノ:「サカナー!!!」        
「なんだー叩くぞ!この魚!!!」        
「うわーっ!引く引く!こりぁタモだ!!!」        
「絶対、タモー!!!倶楽部!!!」        
「プツン・・・」        
「切れたー!!!」            

幻の魚はハリスを切って行きました!      

キヨーノの作戦失敗・・・        
ハリスが細すぎた。。。        

大将:「ハリス細すぎだよ!!!」        
「島をナメんなー!!!」        
「5号から勝負だ!!!」        

幻はマダイだったかも!?        

段々と夜が明けて来ました。        
いよいよ勝負の朝マズメの時間。          

ゴンちゃん:「寝たー!!!どうですかー大将!!!」        

大将:「おぉーゴンちゃん。あれからコンスタントに
釣れてるぞ!!!これからいい時間だからまた投げなよ!!!」        

ゴンちゃん:「そうっすねーやりますよ!!!」        

ヨシミン:「いやーすっかり明るくなって来ましたねー」

伊豆大島・波浮港<第4回おやじ会>6

        

時刻はAM5:30。        

空が薄っすら明るくなって来た。          

キヨーノ:「ゴンちゃん!日の出やー!!!」      
「記念撮影するぞー!!!」      
「ビックアイランド万歳ーっ!!!」      

さぁー後は大将の予言。        
超大型メジナを期待しよう!!!        

大将:「あんたらもやらんかい!?」        

ゴンちゃん:「もうひと粘り頑張ります」        

キヨーノ:「いやー俺もまだ諦めたわけじゃ無いぜー!!!」        

  

↑ヨシミンいい写真撮るねーサンキュー!!!        

そして、写真も撮るけど、        
仕掛けもしっかりヨシミン投げ続けています。        
そんなとき。        

「パチンっ!!!」        

ヨシミンの仕掛けがー!?        
海の藻屑と化してしまった。        

この時間の仕掛けロストはキツぃ。。。      

もう。        

モチベーションが残ってないんじゃないかー!?        

今日のヨシミンは違っていた!        

このあと仕掛けを変えて。        

キワを狙い始めたヨシミン。        

仕掛けが馴染んだその瞬間。        

「切られたー!!!」        

ヨシミン:「切られました!!!」      

キヨーノ:「ウキ入ったの!?」      

ヨシミン:「ずっぽしです・・・」        

大将:「どこから切れたのー!?」        

ヨシミン:「ハリスの上からです。。。」        

もったいない・・・        
デカかったようです。        
それも、かなり・・・        

大将:「いるんだなーでっかいのが」        
「この時間は危ないのよー」        

このキワ作戦を見てしまったキヨーノも        
スケベ根性でキワを狙い始めました。        

キヨーノ:「おっ、喰った。喰ったよー!!!」        

大将:「デカイのかー!?」        

キヨーノ:「いやーそこそこ、でもタモいるかも!?」        

大将:「おぉーブダイやーっ!!!」        
「この時期ブダイ。珍しいねー」        

        

キヨーノ:「また変な魚釣っちゃった。。。」        
「なんでー!?やっちゃったよ!!!」        

大将:「これウメーぞ!        
湯引き&ポン酢で食ってみー!        
最高よー!!!」        

へーそうなんだ!        
ほんじゃ是非、食べてみよう。        

大将:「そうだよー白身でうまいぞー」          

さすが、魚だったら何でも食べてる大将だ!        
どうやったら美味しく食べられるか知ってるねー!!!        

大将:「さて、日も完全に明けたなー」        

勝負。勝負。        
おのおの釣ること30分。        

大将:「出ないなー」        
「この時間なんだけどなー」        

大将の粘りも通じず、エサが無くなって。        
まずは大将が納竿。        
もうTOPの巻頭候補として揺るぎない釣りっぷり。        
今日は十分でしょう!!!        

大将:「ちょっと見てみる!?」        
「これ!?どうー!?」       

    

参った!!!        

大将:「それじゃーお魚さんを並べて見ようかなー!」        
「いるねー、いるねー、ゴンちゃんのアジも入ってるけど」        
「これだけ釣ったら十分だろー」        
「写真撮ってくれんかねーヨシミン」        
「釣れた!フォー!!!」       

        

大将:「ゴンちゃん、お前も頑張った!」        
「一緒に撮ろう!これ半分ゴン助の釣果だよ!!!」        
「今日のお前は輝いてた!」        

ヨシミン:「撮りますよ!!!」        

大将&ゴンちゃん:「イエーィ、やったぜ!大島!」        

        

この後。        

ヨシミン&キヨーノもエサが終わり。        

納竿。        

残るはゴンちゃん。        
彼は頑張るねー        
おやじ3人はもう着替えて車で休憩。        

ゴンちゃんは小雨が降る中。        

まだまだ投げてます。        

キヨーノ:「すごいねゴンちゃん」        

大将:「開眼したなーあのオトコは!」        

ヨシミン:「粘りますよねー」        

待つこと30分。        

ゴンちゃん:「もう上がりまーす!!!」        
おやじ3人:「おぉーよくやった!」        

「思い出は持ったかー!?ゴンちゃん!」        

ゴンちゃん:「最高に楽しかったっす!!!」        
「またすぐ来たいっす!!!」        

この後、波浮港を後して。        
船が来るまでラーメンを作って食べたら。        
あとは誰も記憶がありません。。。。        

爆睡。        

気づくと、もう船が向かってきてる。        

「さぁー行こうかー!!!」        

無事、船に乗り込んで。        
荷物もビシッと整列。        

        

ここから4人は芝浦までの4時間。        
ほとんど記憶がありません。。。        
みな寝ました。        

最後に皆でお疲れさんの記念撮影。        

        

いやーゴンちゃん!!!        
いい顔してるねー!!!        

充実した、いい顔。        

笑顔はいいですねー        

またこのメンバーで行こう!!!        

海へ!        

魚が待ってるぜー!        

次回も更なる        

参加者&ドラマを待ってまーす!!!
今日の赤煙突ツイッター
プロフィール

akaentotu

Author:akaentotu
赤煙突・釣り日記

コンセプトは「堤防から船釣りを!」
遠投カゴ釣りで新たなジャンル
「陸っぷね!」
を作るべく日々奮闘中!。

みなさん、どうかよろしくお願いします。
そして、釣り場のゴミは持ち帰りましょう!!!

自作のカゴも絶賛販売中!
「赤煙突・釣り工房」

電話でも注文承ります。

------------------
電話受付時間は
10:00~22:00
(休日・不定休)
TEL:050-3726-2605
MAIL:
akaentotu@gmail.com
------------------


ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓

Facebook・赤煙突
赤煙突・同志の部屋!
赤煙突・同士の部屋!
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
327位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
20位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
関東・東海海況速報/広域
ピックアップ動画








ブログの更新をメールでお知らせ☆
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
アルバム
2010/7/11
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(大)15号
を使用
伊豆大島にて
ツナ(5.8㎏・73㎝)


2010/4/25
爆釣テロリストの「タイタン」カゴ(大)12号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(4.0㎏・72cm)



2010/3/28
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(小)15号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(7.8㎏・87㎝)

爆釣テロリストシリーズ

タイタン大・15号
安定感バツグン

トラブルゼロを目指した昔ながらのカゴ。
意外と飛ぶのが新しい発見。
ヨシミン愛用


アンタレス中・15号
脅威の飛距離

名人やキヨーノが愛用中
飛距離がパンパじゃない。
仕掛けが馴染む時間も早くせっかちの人向け。


NEWカストル4号
湾岸スペシャル

武士がこよなく愛しているカゴ。
新たにモデルチェンジして最長飛距離は80Mまで
メジナ49センチと実績あり


ポルックス3号
湾岸スペシャル

軽い仕掛けで沖を狙える優れもの。
カゴは小さいけど爆発力は大きいですよ!

人気ブログランキング
現在の訪問者




Unique Visitors:




Pageviews:
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

赤煙突・ツイッター