赤煙突の釣りブログ。コンセプトは「堤防から船釣りを!」両軸遠投カゴ釣りで新たなジャンル「陸っぷね!」を広げていきます。

次回・釣行予告<何度でも利島へ!>



この間は全く不可解な状況で利島に接岸する事が出来なかった。

満を持しての7月。

去年は上陸している7月。

何度でも目指しますよ~!

大人の夏休みを前倒して堪能しよう!!!

と言う訳で、今回は赤煙突の釣り仲間達が大集結。

メンバーは当日まで流動的ですが、

盛り上がる事は間違いないメンバーが揃ってます!

連チャン巻頭を狙うヨシミン。

メンバーが多いだけに、連覇は厳しか!?

いやいや本人からのコメントを紹介

ヨシミン
「前回が偶然では無いことを証明しますよ!!!」

ついに開眼したっ!

余所見釣法を名人の域まで持っていけるか?

それとも熟練のオヤジ達の一発勝負に

大物がヒットするか?

すでにゴングは鳴っている。

ステージは「利島」。

行けるのか「利島」。

無情の条件が付くか?

まだまだ参加メンバーが増えそうな次回の釣行!!!

乞うご期待。

伊豆大島<第13回おやじ会>1 ’09/6/07




ついに名人の巻頭を飾り続けた記録がっ!!!

塗り替えられました!!!

今回の巻頭はナントこの人「ヨシミン

ダークホース、ヨシミンが巻頭勝利を飾りました!

物語は利島の条件付出航から始まります。



携帯電話の方はこちらをどうぞ!






上記の天気図をご覧頂いてもお判りのように、

天気は上々です!!!

ミスター低気圧のマスターが参加しない事が

決まった途端に、天気予報に晴れマークが点灯しました!




当然、誰もが今回も利島へ行けるぞ!!!

と予測していました。

当日の朝。

ネットから東海汽船の

インフォメーション(出航状況)を見てみると・・・

利島だけ「条件付き

はて!?

オイラの見間違えか?

昨日は確かに低気圧が通過していたから

条件付いたらしぃけど、今日は問題ないでしょ!!!

更新ボタンを何度押しても「利島→条件付き」

はっ、!?マジで!?

行けないの?

そこに名人から電話

名人
「おーい!キヨちゃん、

今日はコマセ何キロ持っていけばいいかな?」

「もちろん利島行くでしょ!」

キヨーノ
「それが・・・」

「利島は条件付きになってるよ・・・」

名人
「マジかえ~」

「天気いいで~」

「これで条件かえ~」

キヨーノ
「俺も見間違いかと思ったけど、

間違いないみたいよ!条件だよ!!!」

朝から虚しい会話になってしまいました。

と言うのも、今回のメンバーにはモロコ(大物)狙いの

慎ちゃんも参加予定。

それは当然、利島を目指しての参戦。

朝から一抹の不安を抱えてとりあえず竹芝へ到着。

名人
「ちょっと俺、確認してくるわ!」

数分後。

マジで利島だけ条件付いとるでっ・・・




ヨシミン
「どうします?」

名人
「いや、ここは条件付きでも行くしかないだろ」

慎ちゃん
「大丈夫だ、なんとか着けるべ!」

キヨーノ
「なんかヤル気が無いね、

力が抜けるよ・・・」

名人
「そういや、今日は誰かタモ網持ってきてる?」

・・・


柄はあるけど、網が無い・・・

キヨーノ
「網が無いか・・・」

ヨシミン
「なんか流れが悪いですね・・・」

タモ網も無い。

利島は条件。

一抹の不安を抱えながら

条件付きでもわずかな期待を込めて、

ジョット便に乗り込みました!!!

目指すぞ!利島!!!

「オォー!!!」








前回に比べて若干高いか?

燃料代は常に変動しています。

そんな事より、はたして出航したものの。

無事に利島へ付けるのか?



気分が乗らないまま。

食事。

船は大島まであと30分という位置。

船内アナウンスが流れます。

「え~只今、利島桟橋から連絡がありまして~

本日、桟橋の状況が悪天候の為、

接岸は難しいと連絡がありました。」

「よって本日の利島ジョット便は欠航となります」

「ご了承くださいませ」


名人
「え~!!!」

「マジかえ~」

慎ちゃん
「やる気ネェな~」

別の座席に座っていたキヨーノの所に名人が、

名人
「キヨちゃん、聞いた?」

キヨーノ
「聞いたよ!」

「どうする、このまま神津島まで行って、

往復の帰りにもう一度、利島を目指すか?」

名人
「それなんや!」

「どうする?
もうワンチャンスに掛けるか?」

キヨーノ
「大物師も控えてる事だし、

ここは復路に期待するしかないでしょ!!!」

名人
「そうやな、神津まで行ってみるか!?」


それにしても、利島に着かないとは?

誰かの陰謀としか思えない・・・

大島を過ぎて、新島へ向かう途中の海の状況です。




この凪で着かないって、

あとはどんな天気を待てばいいのやら・・・

不思議な島。

利島。

長旅が決定的となってしまい。

睡眠と取る人。

携帯をイジる人。

島々を眺めて退屈をしのぐ人。

それぞれが神津島へ早く着いてくれ!!!

と願いながら時間を過ごしました。




新島と式根島の途中に亀のような島を見つけました!

無人島だそうです。

凪?

いいよね!!!

大島から2時間。

やっと神津島に到着。




着いたけど。


見渡す限り、な~んも無い・・・





伊豆大島<第13回おやじ会>2




さすがに海の色が違う!


慎ちゃん
「なんかメシでも喰おうよ!」

名人
「ちょっと誰かに聞いてくるで~」

港を見渡す。





誰も、何もない!?

乗船所に行ってみると、

「すみませ~ん」

「誰かいませんか~」

奥のほうから、女性が一人。

「はい、あっ、利島の条件で乗ってこられたお客さんですね!」

名人
「はい、そうですけど」

キヨーノ
「知られてるね!?名人」

名人
「なんかメジャーになってきたか?」

「違うヤロー」

「帰りの船は何時に出るんですか?」

「帰りは利島への接岸はいつ分かりますか?」

係りの人
「はい、帰りの船は14時に出ます。」

「これから2時間近く待つことになります。」

「こっちの堤防は街の反対側なので食堂も何も無いんです・・・」

「帰りの利島への接岸状況はあと30分もすれば分かります」

ひと通り説明を受けて、

ショックを受けて・・・

この表情




名人
「なんも無いってよ!!!」

いったい帰りは利島へ着けるのか?

待合所で情報確認。

「すみませ~ん」

「利島着きますか~?」

係りの人
「はい、いま連絡がありました。
すみません、帰りも利島は欠航です・・・」


名人
「マジかよ・・・」

一同しばらく呆然・・・

そのまま竹芝へ帰るか?

大島へ寄って釣りをするか?

究極の選択。

慎ちゃん
「もう竹芝帰るべ~」

「大島で何するの?」

名人
「そうやな~」

相談すること10分。

係りの人
「すみません、帰りのジェット便なんですが、

神津島から大島までの席は確保できるんですが、

大島-竹芝間が満席なんですよ~」

キヨーノ
「ここは大島で降りて、釣りするしかないじゃん」

名人
「そうや!これは天の声やっ!」

「大島で降りよう!!!」

そんな訳で大島へ到着。

時間は16:40。

ヨシミン
「夜釣りに最高の時間で到着しましたね!!!」

キヨーノ
「ジェット便に8時間は結構辛いものがあったな~」

名人
「ま~またここ大島で釣りが出来る」

「幸せ感じようえ~」




今回は堤防じゃなく磯でスタート!!!

スタートした途端に夜釣り突入!!!

辺りはすぐに暗闇に包まれました。

名人
「エィーさかな!!!」

イサキをゲット!

おぉー

ここも出るな~


慎ちゃん
「おっと、いい引きする!」

何かがヒット!!!

強烈に竿を絞られる慎ちゃん。

名人
「いいね~、これは大きいぞ!」

「頑張れ!慎ちゃん!!!」

竿を操作しながら何とか寄せる。

しかし、寄ってこない。

絞り込まれた途端。

「あっ!切れた!!!」

名人
「残念やったな~」
「結構なサイズだったで~」

キヨーノ
「マダイかも知らないね!」

逃がした魚は大きかったかっ!!!


その後、慎ちゃんにアタリは止まり。

キヨーノは最初から全くノーアタリ・・・

ヨシミン
「うん、サカナかな?」

「付いてる」

名人
「おぉーメバルやんか!!!」
「それもいい型!」

ヨシミン
「海草に引っ掛ったと思いましたよ」

「メバルゲット!!!」




名人
「いやいや、ヨシミン!」
「らしくないジャン!?」
「どうしたの?」

ヨシミン
「偶然?!」

「たまたまですよ~」

程なくして名人
「エィーイサキ!」

「お先にイサキー!」

「何っつって~!!!」

キヨーノ
「オヤジギャグも全開ですか~」

「ちょっとオイラも名人ポイントお邪魔していいっすか?」

名人
「どうぞ、どうぞ!」

「気の済むまでやっていいよ!」

キヨーノ
「名人は懐がデカイね~」
「その余裕が羨ましい・・・」
「ほんじゃ遠慮なく!」

名人ポイントで遠投を繰り返す。

キヨーノ、アタリなし・・・

ヨシミン
「あれっ、サカナかな?」

ヨシミン、魚ゲット!

名人
「キヨーノさん?ポイント関係無いみたいよ!」

キヨーノ
「マジっすか?、オイラの移動は意味無いの?」
「さっきまでヨシミンの隣でやってたのに・・・」
「ってことはアームの問題?」

名人
「いや~そこまでは言わんけど・・・」

ヨシミンの魚を見て、キヨーノ落ち込む・・・

名人
「えぃーサカナ!!!」
「ザッキー・ゲット!!!」

キヨーノ
「分かったよ。オイラ今日はカメラマンになるよ!」

はいポーズ!






伊豆大島<第13回おやじ会>3




今回の巻頭も勿論この人!
名人、苦しみながらの巻頭をゲット!!!

獲物をゲットした動画を数々アップしています。
伊豆利島・新堤防<第12回おやじ会>4の最後を見てください。!





今回はなんと言っても天気の話からじゃないと
始まらないでしょう!!!

↑出発5日前の予報を見てください!
5/24の天気は「くもり」
次の日は「晴れ時々曇り」

このYAHOO情報を元に利島へいけるぞ!!!
という空気が流れ、おやじ達は仕事も手がつかない状態だった・・・

前日には「赤煙突」に出発を待ちきれない
おやじどものが集いました。

マスター
「おぃー、キヨちゃん!」
「君も我慢の限界だね~」

キヨーノ
「そういうマスターこそ!!!」
「盛り上がってるじゃないですか~」

マスター
「いや、それほどでも無いよ!
バッテリーびんびんな人がここにいるよ!」

名人
「今日、予約していた新品の竿が手に入ったぞ~」




「これで巻頭はモラッタゼ~!!!」





マスター
「ちょっと名人、
これは手が出ない額だよ!!!」

キヨーノ
「あらっすごい!」
「儲かってるね~社長!!!」

名人
「道具に糸目は付けない主義ですから~」
「3年越しの想いですよ!」
「釣りの為なら清水の舞台から、ロープ無しバンジーですよ!!!」

完全に舞い上がっている名人。

名人
「この天気のいいこと!」
「明日は快晴で利島へGO~じゃ!!!」

明日の豊漁を誓い3人とも気分よく帰りました。


夕方ヨシミンから一本の電話が・・・

ヨシミン
「お疲れ様です~」
「なんか天気怪しいですけど?」
「明日って大島になりますよね!?」

キヨーノ
「えっ、あしたは利島に行ける天気でしょ!」

ヨシミン
「あれ、まだ見てません?」
「夕方の予報で天気変わりましたよ・・・」

キヨーノ
「マジっで!!!」

YAHOO天気を調べてみると、更新前は晴れマークも出ていた天気が・・・

なんと!!!


17時の予報で全てを覆すような予報が出ました。





24日は「曇りのち雨」降水確率70%
25日は「雨のち曇り」降水確率50%

変わってる!?

なんで・・・

低気圧が張り付いてるじゃん・・・

名人に電話
「天気変わったで・・・」
「見た?」

名人
「うそだろ!?」
「どうなった?」

キヨーノ
「曇りのち雨」70%

名人
「さっきまで晴天やったで・・・」

キヨーノ
「変わった」
「雨降るよ!」

名人
「雨ふるんかえ~!?」
「もう、なんでや~!!!」

最悪の天気を想定しながらの釣りになるんかえ~・・・・




不安な一夜が開け、いざ芝浦へ!!!

名人
「朝から嫌な天気やけど、
小雨は許容範囲やろ!!!」

「凪はいいはずや!
利島に行きたい!!!」

名人の想いが伝わったのか、奇跡が起こった。

場内アナウンスで「利島出航します。」

みんな聞いたか!?

利島行けるで~

ジェット船に乗り込んで、奇跡の利島へいざ出航。

お祝いに「乾杯~ぃ!!!」





往復のチケットを見て、本当に利島へ行ける
実感が沸いてきました!








船代安いな~



ヨシミン
「名人、今日の吉野家ビックサイズですね~」

名人
「ご飯がウマイのよ!」
「ヘイマスター、特盛いっちょう!!!」

「そういうヨシミンも大盛りやろ」

メタボまっしぐらの名人&ヨシミン




一休みして目が覚めると、そこには夢の利島が!

無事接岸。




初めて利島に降りた名人&マスター

マスター
「な~にも無いね!」
「海しか無いね。」




名人
「いいじゃないの~」
「夢があるじゃない!!!!!」

キヨーノ
「あるね、この島は夢があるよ」

ヨシミン
「ありますね」





荷物をコロコロ転がしながら、旧桟橋から新堤防へ移動。


マスター
「近いようで、遠いね~」
「アラフォーにはキツぃよ!」

名人
「なに言っちゃってんの?」
「メタボにもキツィよ~」

歩くこと20分。

反対側の新堤防に到着すると、釣り人が若干名。

盛り上がっている様子。

海を見ると!!!

次回・釣行予告<もう一度利島へ!>



もう一度、利島へ!!!

あの感触が忘れられない!

魚信が忘れられない!

消しこむウキが脳裏から消えない!

誘い出すと喰らい付くブルブルが堪らない。

そんな訳で、爆釣テロリスト軍団・赤煙突は

もう一度利島を目指します!

すぐ行きます。

梅雨に入る前に行きます。

だって世界が違うんだもん!!!

今回のメンバーは

今回の参加メンバー
----------------------------------
・名人
・キヨーの
・ヨシミン
・慎ちゃん(スペシャルゲスト)
----------------------------------
スペシャルゲストに慎ちゃんを加え

平均年齢をぐっと上げて挑みます。

あれっ、いつものメンバーが1人足りないよ!

無念の断釣を決めたのは「マスター」

今回は一身上の都合により不参加。

その代わりに熱い想いはヨシミンへと受け継がれ、

きっとロッドを手放すことなく

マスターの分まで仕掛けを流し続ける事でしょう!!!

予報天気は上々。

誰がレジェンドを演出するか?

乞うご期待あれっ!!!
今日の赤煙突ツイッター
プロフィール

akaentotu

Author:akaentotu
赤煙突・釣り日記

コンセプトは「堤防から船釣りを!」
遠投カゴ釣りで新たなジャンル
「陸っぷね!」
を作るべく日々奮闘中!。

みなさん、どうかよろしくお願いします。
そして、釣り場のゴミは持ち帰りましょう!!!

自作のカゴも絶賛販売中!
「赤煙突・釣り工房」

電話でも注文承ります。

------------------
電話受付時間は
10:00~22:00
(休日・不定休)
TEL:050-3726-2605
MAIL:
akaentotu@gmail.com
------------------


ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓

Facebook・赤煙突
赤煙突・同志の部屋!
赤煙突・同士の部屋!
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
476位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
33位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
関東・東海海況速報/広域
ピックアップ動画








ブログの更新をメールでお知らせ☆
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
アルバム
2010/7/11
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(大)15号
を使用
伊豆大島にて
ツナ(5.8㎏・73㎝)


2010/4/25
爆釣テロリストの「タイタン」カゴ(大)12号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(4.0㎏・72cm)



2010/3/28
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(小)15号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(7.8㎏・87㎝)

爆釣テロリストシリーズ

タイタン大・15号
安定感バツグン

トラブルゼロを目指した昔ながらのカゴ。
意外と飛ぶのが新しい発見。
ヨシミン愛用


アンタレス中・15号
脅威の飛距離

名人やキヨーノが愛用中
飛距離がパンパじゃない。
仕掛けが馴染む時間も早くせっかちの人向け。


NEWカストル4号
湾岸スペシャル

武士がこよなく愛しているカゴ。
新たにモデルチェンジして最長飛距離は80Mまで
メジナ49センチと実績あり


ポルックス3号
湾岸スペシャル

軽い仕掛けで沖を狙える優れもの。
カゴは小さいけど爆発力は大きいですよ!

人気ブログランキング
現在の訪問者




Unique Visitors:




Pageviews:
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

赤煙突・ツイッター