赤煙突の釣りブログ。コンセプトは「堤防から船釣りを!」両軸遠投カゴ釣りで新たなジャンル「陸っぷね!」を広げていきます。

夏休みの若洲海釣り公園<赤合宿090723>




マスターの子供達(カイト&アツト)を連れて

赤煙突釣り合宿を実施しました!

場所は超東京湾「若洲海釣り施設

子供達の思い出作りに一役買った大将&キヨーノ

朝6:00にマスター邸に集合!!!

集合したのはいいけど、朝から豪雨。。。

さすがマスターのDNAを受け継いでるね。

大将
「おはよう!!!

迎えに来たぞー!!!」

カイ&アツが大将に飛びつきます。

キヨーノ
「完全に手名づけてるな!?」

大将
「俺はもう家族同然だからさー」

「寝るところが無くなったら、
ここにお世話になる予定よ!!!」

マスターの奥さん
「それはちょっと・・・」

昨日はほどんと寝ていないという
カイ&アツが直ぐにでも出発したい様子。

でも外は雨が・・・

それでも前向きに。

カイ&アツ
「キヨちゃんが居るから晴れると思うよ!」

キヨーの
「良い事言うね~」

「じゃー行くだけ行ってみようぜ!」

という訳で江戸川を出発。

環七を海に向かって走ると、途中は前が見えなくなるほどの雨。

豪雨。




大将
「う~ん、なかなかの天気やね・・・」

走る事20分。

若洲に近づくにつれ徐々に雨が止んでくるじゃないですか?

カイ&アツ
「大将!雨なくなったよ!」

大将
「そうだなーお前らの気持ちが通じたんだよ!」

「良かったな!親父に似なくてよ~」

「マスターだったらこのままズブズブだったぞ!」

という訳で

若洲に着いたら雨も上がり、

早速釣り開始。

今回はサビキでどんだけ魚を釣れるか?

と思って仕掛けを渡した途端から

釣る。

釣る。

釣る。

なんだこの子達は?





サビキには針が4・5本付いているので

必ず複数匹の魚を釣り上げてきます。


大将
「こりぁすぐクーラーが一杯になりそうやな~」

キヨーノ
「2人ともセンスいいね~」

「将来プロも夢じゃないぞ!」

魚はサビキで釣れまくり。

サッパにシコイワシがメイン。

大将
「おぉーまたシコったな!?」

キヨーの
「危ないね~シコは危ない・・・」

この言葉に大うけの大人を、子供は見逃さない。




直ぐに反応を見せる。

学習するな~

大将&キヨーのも寝てないから

テンション高い。

ガンガン盛り上がって行こう!

釣れるだけ釣ろう!!!

もしかしたら大物も来るかもしれないぞ!

シコでもいいぞ!

サッパでもいいぞ!

釣れれば何でもいいぞ!

とにかく釣りまくれ!!!

魚は小さくても、

喰わせるプロセスは一緒だからな~


アツ
「大将~!!!

シコったよ!」


カイ
「俺もシコった!!!」




大将
「いいね~

シコりまくりだな!!!」


キヨーの
「完全に危ないな・・・」


それからシコイワシが連れると爆笑。

しまいには大将が

大将
「お前達、ママに今日どうだった?って聞かれたら」

「今日はシコって楽しかったって言えばいいぞ!!!」


キヨーの
「あぶない教育だね~」

「まっいいか、マスターの子供だから」

大将
「そうそう、いいのよ!

教育は早いほうがいいんだから!」

「明るい○○教育よ!」


気付くと天気は晴天に変わり、

昨晩飲みすぎた大将は睡魔に負けて

横になる・・・

子供がほっておくわけがない!

アツト
「大将の顔に魚乗せてみようかな?」

キヨーの
「そうだね、大将は魚好きだから喜ぶかもよ?」





真っ赤になった大将の顔が昨日深さを物語っていますね。


昼ごろには太陽が燦々と照りつけるようになりました。


大人たちは朝が早かったからちょっと疲れ気味。

子供達は全く関係なし!

大将
「そりやーそうだよな!」

「俺が子供だったら同じことになるな~」

子供達。

パワー全開です。

大将
「もうそろそろ帰ろうか?」

キヨーの
「そうだね、昼ごはんを大将のお店で食べよう!」


カイ&アツ
「え~もう帰るの?」

大将
「海は逃げないぞ!」

と言いつつも、もう少し付き合う羽目に・・・

結局昼過ぎまで釣りをして

クーラーにはサッパとシコイワシとサバ

もう目一杯釣りました!!!




大将
「ふが~これを帰ってから捌くのか・・・」

「お前達、俺をノックアウトする気だな!」



お店に帰っておいしいラーメンをゴチになり、

さぁて、そろそろ家に送って行くよ!!!




カイ&アツ
「えっ、このあと江戸川でルアー釣りするんだよ!」


一瞬耳を疑りながら、

キヨーの
「なに?江戸川でルアー?」


カイ&アツ
「そうだよ!大将と約束したから」


キヨーの
「あっ、そうなんだ・・・」


まだ続くのね。。。

このあと釣り仲間の「コウイチ」を加え、

更に夕方までルアーを投げ続け日が暮れて行きました。

子供達の夏休み。

江戸川には夕焼けトンボが飛んでいました。

伊豆利島<第14回おやじ会>1 ’09/7/05



ついにヨシミンの時代到来か?
今回も連続巻頭!!!

黄金時代に突入!?

もうダークホースとは呼ばせない。

開眼したヨシミン。

他のメンバーはどうしちゃったの?

波乱の<第14回おやじ会>

始まりです!






梅雨の真っ最中。

ミスター低気圧・マスターも参加とあって雨が心配。

前日まで雨の完全に雨予報だったのが

少し回復?

雨を覚悟しながら竹芝に到着。

東海汽船の掲示板を見ると!

利島もちゃんと接岸する!!!

今日は利島に行けるじゃん。




ウキウキでジェットに乗り込み、

ビールを飲みながら、うたた寝をしながら

無事、利島に到着。

ヨシミン
「あれっ!
雨ですか?」

名人
「気のせいやろ!」

キヨーノ
「気のせいか?」

マスター
「歓迎の雨だよ!」

名人
「そうなんだ・・・」

利島に着いた途端にポツリポツリと雨が降ってきました。

結局、今回の釣りはこの雨にやられました・・・

新堤防まで歩いて移動し、早速雨具に着替えて

仕掛けの準備を整えます。

本気の雨が降ってきたので撮影も出来ない。

海の状態はいい感じ。

コンスタントにアジ・イサキなど釣れる!!!

ヨシミン
「やっぱりここは魚影が濃いですね~」

キヨーノ
「遠投がいらないかラクだよね!」

一方名人は、

名人
「今日は泳がせに燃えるで~
萌えるで~!アジ釣れたら俺に提供してください!!!」

という訳で名人は堤防の先端一人。

泳がせ釣りを開始。

キヨーノ&ヨシミンは順調にサカナをゲット!

マスターは!?

マスター
「昨日仕事頑張っちゃって、一睡もしてないから
全然元気でない・・・」

「眠い・・・」

「調子わるい・・・」

名人
「珍しいね~どうしたんかえ?」

マスター
「寝不足で調子が出ないだよ~!!!」

キヨーノ
「顔色悪いですよマスタ-」


マスター
「そう?でも酒は入るんだよ」
「不思議だね~」
「ま~ゆっくりやるよ!!!」

午後に入りふ降り続いた雨が止みました!

このまま晴れが続いてくれれば。




日が暮れてきて、またポツリポツリと雨が落ちてきました!


名人は二度目の着替え
「いやー変な天気やな?」
「腹が冷えない様に着込むで~」







マスターもようやく始動!




↑名人は何をしているんだろう?

日が暮れてきたいい時間帯に!


名人
「オォー、来た来た!」
「重いで~」

キヨーノ
「竿を叩くね~」
「こりぁ大物だ!!!」

名人
「重い、重い」
「なんやろうか?」

・・・

・・・
「サメやっ!」
「なんだよサメかよっ・・・」





てっきり底モノのデカイ魚だと思ったのに・・・


記念にもう一枚撮っておくか!






名人が夕暮れにサメを釣っていた時、


後ろから声がっ!!!

ヨシミン
「サカナです」

「それも中々デカイかも?!」

キヨーノ
「何っ、デカイの?」
「タモ入れするから慎重に行きましょう」

ヨシミン
「アジじゃないですよ」

浮かんできた!




キヨーノ
「おぉーカンパチやっ!!!」
「またオキアミにカンパっ」
「この島は不思議だな~」

ヨシミン
「これって巻頭候補ですか?」

キヨーノ
「来てるね~」

名人
「何っ?ヨシミンどうしたの?」
「もう寝る時間でしょ!!!」

マスター
「まだ早いだろっ!」
「でもイイサイズだね」




夕マヅメの会心の一尾

前回の大島からいい流れに乗ってるヨシミン。

他の3人も必死のバッチ。

このあとカンパチは音沙汰無しでした。




夕暮れ、夜釣りに突入。

そうしたらまた雨がポツリポツリ、

ポツポツ。

降ったり止んだり、はっきりしない天気。

カメラも出せない、

今回は写真も少ない。

でもサカナはコンスタントに釣れているんですよ!!!



伊豆利島<第14回おやじ会>2




深夜1時。

おっと驚くような大物は出ないけど、
サカナは釣れてます。

とくにキヨーノは粘りに粘ってイサキを釣り上げてます。

マスターは気がつくと、「たしか36時間起きてるよ!!!」

といった言葉を残し風裏で熟睡。

ヨシミンも余裕の爆睡。

キヨーノ
「いいな~巻頭候補は・・・」

「オイラは必死だぜ!」

名人
「小腹が空いたな、ちょっと屋台始めるか?」

夜中に雨が止んで、この瞬間しかないっ!!!

という時間帯に夜食会を開催。

お湯を沸かしてラーメンをすすって。

雨で冷えた体に暖かい食べ物が沁みてきます。

7月なのに・・・

マスターも起きてきてラーメンを食べたと思ったら

また直ぐ就寝。

こんなマスターを見るのは初めてです。

よほど疲れているんでしょう!!!





食後のビールを堪能するヨシミン&名人。

二人はメタボまっしぐら!!!




まったく気にする気配のない二人。

10年後はどうなっているんだろう!?

夜も更けて食後にみんな就寝。

午前3:30に雨で起こされました。。。

この雨がまた本気も本気。

まさに本降りの様相です。

年季の入ったウェアを着込んでる

キヨーノ&ヨシミン。

雨対策は不十分。。。

本気の雨だと染みてくる。



余裕のヨシミンを除いた3人は
朝マヅメの勝負をかけてます!!!

4:30から真剣モード突入。

のはずが、沖合いから何やら豆腐のような

四角くて巨大な物体が船に引かれて

堤防に近づいてくるではないですか?

名人
「あれっ!」
「こっちくるぞ!」

キヨーノ
「なんだろう?」

名人
「まいったな~」
「釣りにならんぞ!!!」

あとで分かったことですが、ジェット便の接岸率が余りにも低い為

波を影響を受けにくくする為の護岸工事をしているそうです。

ドンドンその物体が近づいてくる。




凄い迫力です。

箱の上では雨がガンガン降る中、

斜めになりながら普通に仕事をしています。

名人
「すげーな!」
「海の仕事人やな~」

キヨーノ
「迫力あるね~」

マスター
「たしかに!」
「でもそんな事言ってる場合じゃない」
「荷を釣らないとヤバぃ・・・」






思わず見とれながら写真を撮りました。

そして目の前を通過してもさらに船のスクリューによって

人工的な波が作られ潮の流れが変わり、ちょっとサカナ達もパニックのようです。

さっきまでアジの入れ食いだったのが、

ピタッと止まってしまいました。。。

作業が終わるのを待つこと1時間。

ようやく沖に出て行った。

さぁこれからもう一勝負。

と思ったら今度はスコールのような激しい雨。

雨。

雨。

激しい雨。

アジの入れ食いが復活したけど、

雨に打たれて逃げ場が無い利島。

キツィ・・・

油断した瞬間に強烈なアタリ!!!

キヨーノ
「来たー!!!」

「叩くよ~」

「これは白いサカナ臭い・・・」

案の定、強烈な引きをもった喰えないサカナ。

イスズミを釣り上げご機嫌斜めのキヨーノ




このあとは雨に負けて、
そそくさと仕掛けを片付けました。。。

名人&マスターはガンガンの雨の中。

乗船ギリギリまで釣りをして粘りましたが、

巻頭候補のサカナは釣り上げることが出来ず

納竿!!!

今回は雨にヤラれた・・・

魚影は濃いけど、

逃げ場が無いのもキツィと感じた利島でした。

また行くぞ!!!

今日の赤煙突ツイッター
プロフィール

akaentotu

Author:akaentotu
赤煙突・釣り日記

コンセプトは「堤防から船釣りを!」
遠投カゴ釣りで新たなジャンル
「陸っぷね!」
を作るべく日々奮闘中!。

みなさん、どうかよろしくお願いします。
そして、釣り場のゴミは持ち帰りましょう!!!

自作のカゴも絶賛販売中!
「赤煙突・釣り工房」

電話でも注文承ります。

------------------
電話受付時間は
10:00~22:00
(休日・不定休)
TEL:050-3726-2605
MAIL:
akaentotu@gmail.com
------------------


ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓

Facebook・赤煙突
赤煙突・同志の部屋!
赤煙突・同士の部屋!
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
18位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
関東・東海海況速報/広域
ピックアップ動画








ブログの更新をメールでお知らせ☆
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
アルバム
2010/7/11
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(大)15号
を使用
伊豆大島にて
ツナ(5.8㎏・73㎝)


2010/4/25
爆釣テロリストの「タイタン」カゴ(大)12号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(4.0㎏・72cm)



2010/3/28
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(小)15号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(7.8㎏・87㎝)

爆釣テロリストシリーズ

タイタン大・15号
安定感バツグン

トラブルゼロを目指した昔ながらのカゴ。
意外と飛ぶのが新しい発見。
ヨシミン愛用


アンタレス中・15号
脅威の飛距離

名人やキヨーノが愛用中
飛距離がパンパじゃない。
仕掛けが馴染む時間も早くせっかちの人向け。


NEWカストル4号
湾岸スペシャル

武士がこよなく愛しているカゴ。
新たにモデルチェンジして最長飛距離は80Mまで
メジナ49センチと実績あり


ポルックス3号
湾岸スペシャル

軽い仕掛けで沖を狙える優れもの。
カゴは小さいけど爆発力は大きいですよ!

人気ブログランキング
現在の訪問者




Unique Visitors:




Pageviews:
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

赤煙突・ツイッター