赤煙突の釣りブログ。コンセプトは「堤防から船釣りを!」両軸遠投カゴ釣りで新たなジャンル「陸っぷね!」を広げていきます。

<動画>32時間釣行!in三宅島

6月の三宅島釣行の動画が完成しました。

今回は三部作構成です。
ナマダマンの登場やヨシミンがハンドンゴンだったり、
32時間釣行は愉快で過酷なオヤジ会でした。
ぜひお楽しみください。

第一部



携帯からはこちら



第二部



携帯からはこちら


第三部



携帯はこちら

人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓






次回・釣行予告<スポット第1弾!>



今回はスポット釣行!

恒例のおやじ会とは一味違う、名人とキヨーノが別行動!!!

ある日の会話

名人
「はぁ~次の釣りは何時だっけ?」

キヨーノ
「○○日だよ!」

名人
「まだまだ、先やな~」
「俺はもう行きたい!今すぐ逝きたいんや!
月一回の釣りじゃ待てないんや~!!!」

キヨーノ
「じゃー2人でも行くかい?」

名人
「なにっ!そんなプランいいね~」

って事で発足したスポット釣行!

別名「抜けがけ釣行!」

賛同者は2人だけ。。。

てな訳で行きます!

目指すは利島!
年に一度は利島へ行こう!
キヨーノお気に入りの利島。

名人を説得して行きます!

2人で行く予定だったのが・・・

ここにも利島をこよなく愛するオヤジがいました。

ジョーム!!!

俺達の師匠!

ジョーム
「お前ら今度どこ行くんだよ!」

キヨーノ
「ちょっと2人で利島へ行こうと思ってるんすよ!」

ジョーム
「オイ、オイ!利島っか!」
「俺も連れて行けよ!」

キヨーノ
「いいっすよ!」
「行きますか!」

ジョーム
「トシ子と言えば俺だろう」

キヨーノ
「えっ、あっ、あぁーそうですね!」
「じゃ行きましょうよ!」
「歓迎しますよ」

といったやり取りがあって、今回は2人の予定が
ジョームを加えたオヤジ3人衆!

目指すはトシ子。

真夏の利島は日影が無い。。。

熱中症覚悟で上陸予定。

いざ利島へGO!GO!GO!



人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓




<動画>三宅島のダイジェスト動画作りました!



携帯からはこちら

6月に行った三宅島の動画予告編をアップしました。
本編は長くて3部作となってます。

いま急ピッチで編集作業してます。
本編アップまで今しばらくお待ち下さい!!!



人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓




伊豆大島・岡田港<第23回おやじ会>1 ’10/07/11




名人!?
久し振りの巻頭!

最後の最後にドラマを起こした名人。
まだまだ下々に天下は渡さんぞ!

という訳で今回も大盛り上がりのおやじ会

参加メンバーは以下の通り
------------------------------------------
名人
キヨーノ
武士
------------------------------------------

今回はヨシミンちゃんが遂に切腹!

いままで3年間一度も断釣が無かった記録が遂に途絶えた・・・

ヨシミン
「無念です・・・」
「どうしても仕事が休めません・・・」
「バカヤロー」

名人
「あんたも遂に断釣かえ~」
「いままでよ~続いたで!!!」
「でも残念やったな・・・」

ヨシミン無念の断釣

次回の参加に期待しましょう。

季節は梅雨のど真ん中。

当然雨が心配・・・

この間の三宅島でも散々の雨。

天気図を見るといい予報は出てない。




合羽は必須なのか!?

名人
「今回も雨やろな~」
「俺は雨を遮断するで~」

キヨーノ
「雨ヤダな~」
「降るの?」

武士
「降るだろう!」
「君たちだけだよ、雨を避けてるのは」
「雨は受け入れないと」

名人
「受け入れたくね~な・・・」
「でも天気予報じゃ雨は避けられないだろうな・・・」

キヨーの
「いや、俺はね、意外と雨は降らないと思ってるよ!」

名人
「あんた、武士と一緒に釣りを始めて
まだそんな戯言を言ってるの?」
「雨は降るよ!」
「絶対振りますよ」
「それも、夜中一日中ね!」

キヨーの
「マジですか?」
「俺は降らない事を祈るよ!」

当日、早朝。

キヨーのが皆の家に迎えに行く。

名人は朝の5時からビール片手に、既に待機。

武士も朝のお勤めを終えて準備OK!

さっそくジェットへ乗船。




夏の船代は徐々に値上がりしてるね。。。

夏休みに入るとさらに値段が上がる。

超不景気の御時世にはキビしぃー!!!

ジェットに乗り込むと、まずは武士が即効寝た!

続いて名人が寝た。

キヨーのは朝から腹下りが入ってトイレに籠る。

結局大島へ着くまでの一時間半の間

三回もトイレに籠り、延べ45分はトイレに居たキヨーの・・・

名人
「あんた全然席に居なかったけど、
どしたんかえ~!?」

キヨーの
「んっ、あぁーちょっと下りが入ってね・・・」
「トイレと友達になってたの」

名人
「それにしても長かったでしょ」

キヨーの
「ま~ね。三回も入ってたから」
「都合30分くらいは閉じこもっていたかな?」
「そのあとも中々椅子にすぐは座れないのよ!」

武士
「あれっ、あなた地主さん!?」

キヨーの
「えー、えー、えー大地主ですから!」
「辛い食べ物はNGですよ!」

ツライ船旅を終えて、無事に大島へ到着。

空はまぁまぁ。

まだ雨は降っていません。



島の夏はとても静かです。




武士
「いいね、また来ちゃったねー」
「この島へ下りると、疲れも吹っ飛ぶよ!」

名人
「これやな!」
「これだから島はやめられんでしょ」

キヨーの
「いいよね、車借りるまで時間があるから
ここでゆっくりしようよ!」




名人
「そうやな、今日はトモちゃんが場所を
取ってくれてるみたいだから」
「お世話になろうえ~」

「ポイントに赤煙突御一行様って旗が立ってるらしぃで!」

武士
「熱烈な歓迎ぶりだね」

名人
「そりぁ、そうよ!」
「ほとんど毎日電話あるからね~」

キヨーの
「毎日テレホンですか?」

名人
「はい、はい、毎日連絡ありますよ!」
「釣れてるから、早く来てください!って」

武士
「いいね、いい友人だね」
「トモちゃん、愛してるぜ!」



時間が来るまで堤防宴会。

いつもの光景です。

キヨーのは運転を控えてるし、ゲリックスだからお酒は飲まず

仮眠。堤防で仮眠。

暖かい風が心を癒す。

伊豆大島、君はいつも最高!!!


ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓


伊豆大島・岡田港<第23回おやじ会>2




レンタカーの手配完了!!!

いよいよトモちゃんが待ち受ける某所へ到着。

大まかに都内某所。

伊豆大島の某所。

今回は某所とさせて頂きます。

名人
「いや~、トモちゃん!来ちゃったよ!」

トモちゃん
「遅いじゃないですか~」
「待ちくたびれましたよ~!」

名人
「まぁーまぁー先は長いからね」
「どう釣れてるの?」

トモちゃん
「いい感じっすよ!」
「クーラー見てください」
「赤煙突の分を釣っておきましたから!」

武士
「おぉーわりぃーねー!」
「えっ!もうすでにいっぱい入ってるよ!」
「いいの?」

トモちゃん
「いいっすよ!」
「全部持っててください。」
「きょうは三人のクーラーを満杯にさせますから!!!」

キヨーの
「心強いね!」
「トモちゃんの話は心強いで~」
「夢があるね~」

トモちゃん
「赤煙突の為に、朝から場所を用意しておきましたよ!」
「早く準備してください!!!」

武士
「まぁまぁ、まずはお互いをし知り合おうよ!」

トモちゃん
「ナンパじゃないんすから!」
「竿出しましょうよ!」

武士
「もう竿だしちゃうの?」

キヨーノ
「さっき宴会だったから武士はダメよ!」
「このまま酒飲んで寝るからね」

トモちゃん
「・・・」

名人
「ところで例の魚は釣れてるの?」

トモちゃん
「きょうはまだっすね~」

武士
「この人、例の魚を釣りたくて、釣りたくて
昨日から寝てないんだから・・・」

キヨーの
「そうなのよ!」
「気合入りまってるから、殺気があるのよ!」

名人
「何か?」
「自分釣りますよ!」

トモちゃん
「大丈夫です」
「マジで釣ってもらいますから!」

頼もしいトモちゃんガイド!
ナイスガイド!

名人
「ナイスガイやな!!!」

準備が整った名人。

早速、実釣開始!!!

名人
「トモちゃん、最近どうよ!」

トモちゃん
「結構釣れてますよ!」
「イサキは何本でも釣れますよ!」

名人
「マジで!」
「魚濃いね~」
「じゃお言葉に甘えて参加させてもらうよ」

トモちゃんパパ
「どうぞ!どうぞ!」
「存分に釣ってて!」




名人
「おい!」
「早速さかな!」

キヨーノ
「早いね~」
「モノはなんですか?」

名人
「コツコツと言ってるよ!」

キヨーノ
「という事は!?」
「名人とイサキ」

名人
「うっ、何か?」
「この画は飽きたとか言わせんで~」



キヨーノ
「一応、写真とっておくよ!!!」

名人
「一応って、どういうことやっ!」

キヨーノ
「え~、え~、」

名人
「はい、さかな!」
「二本目」

キヨーノ
「またまた、イサキ?」
「飛ばしてるねー」
「夜までもたないよ!」

名人
「釣れる時に釣る!」
「鉄則や!!!」

トモちゃん
「さすが名人、イサキには強いっすね~」

名人
「コラーっ!」
「真鯛でも何でも強いの!」

トモちゃん
「えへっへっ、、、」

名人
「はい、さ・か・な!!!」
「もう止まらない」
「イサキが止まらない!!!」



そこにスコールのような雨が降ってきました。

トモちゃんパパ
「誰だ?雨雲連れてきたの?」

キヨーノ
「はい、この人です!」
「ここで酒飲んで陽気になっている人です」

武士
「あっ、ホイ。ほい。」
「お酒が美味しいあっほぃ!」

名人
「武士は壊れてるな~」
「この人もう限界やな~」

武士
「雨は降れ降れ、もっと降れ!」
「オイラは車で寝るだけよ!!!」

この後、本当に雨が激しくなり釣りは一旦中止。

そして武士は車内へ。

当然「即効デスマスク状態」

雨が降っている中。

トモちゃんと名人は完全防備の雨具を着て釣り続ける。

名人
「キヨちゃん、あんた合羽着ないの?」
「雨でも釣れてるよ!」

キヨーノ
「嫌、イヤ!」
「雨は避けたい・・・」
「三宅の二の舞いはゴメンです。。。」

雨の中の釣りを極端に嫌うキヨーノ

雨雲が無くなるのをじっと待ちます。

名人
「今日は一日こんな調子やで」
「夜もきっと雨やで~」

キヨーノ
「いいや、俺は上がると信じてるで~!」

そうこう言ってる間に30分程度激しく雨が降ったあと。

パタッっと止みました。

トモちゃん
「雨あがったっすね!」

キヨーノ
「そうでしょ!」
「俺はこの瞬間を待ってたのよ!」
「そうやく竿を出せる」

名人
「もう。遅いで~」
「俺はイサキの集会所見つけたで~」
「はい、アタリ!」



キヨーノ
「トモちゃん、ここは本当に魚が濃いね~」

トモちゃん
「そうっすね。秋は岡田もいいですけど、
ここは、年中楽しめますよ!」
「キヨーノさんも仕掛けを入れたら絶対釣れますよ!」
「頑張ってください」

キヨーノ
「いや、心強いね~」

トモちゃん
「そういえばこの間マダイの7Kが釣れましたよ!」

キヨーノ
「えっ、何だって?」
「今なんて言った?」

トモちゃん
「マダイです!」

キヨーノ
「なに?マダ?」

トモちゃん
「はい、名人が釣り損なったマダイです!」

名人
「コラコラこら!」
「マダイはもういいの!」
「今日は狙いが違うでしょ!」

キヨーノ
「あれあれ、ちょっと過敏になってるね」
「全身真っ赤な格好だけど」
「狙ってるの?」
「マダイ」

名人
「はい、さかな!」
「今日は無心です」
「心守です」



名人とイサキの組み合わせ。

まだまだ続きます。

名人
「何か~!!!」
「悪いですか~」




ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓



伊豆大島・岡田港<第23回おやじ会>3




名人に遅れること2時間後。

キヨーノも雨が止むのを待って参戦。

トモちゃんが夕飯を食べに家に帰ると、
今まで雄弁に語っていた名人が急に無口に。。。

キヨーノ
「名人?」
「どうした?」
「声が無いよ~」

名人
「いや~、アブネ~」
「いま一番眠い・・・」
「ちょうど睡魔が来てる・・」

キヨーノ
「オイラが始めたのに、寝るんですか?」

名人
「ちょっと仮眠行って来るわ!」
「一時間だけ寝る・・・」

そう言い残して名人は車内へ。
武士も15時~寝っ放し。

只今時刻は19時。

釣り場にはキヨーノが1人。

イサキのアタリが続いている。

キヨーノのクーラーにもイサキが溜まる。

釣っても誰も写真取ってくれない・・・

動画も無し・・・

キヨーノ
「ここで大物来ても取り込み1人だな~」
「1人夜釣りは結構ムナシスなんだよね・・・」

それでもアタリがあるから面白い!

時刻は20時。

武士が起床!

武士
「あ~寝た!」
「ずいぶん寝たよ!」

キヨーノ
「寝ましたね~4・5時間は寝てましたよ!」

武士
「うん、ぜんぜん起きられなかった。。。」

キヨーノ
「座席の下に転がってましたよ!」
「どんだけ疲れてるんだって感じでしたよ!」

武士
「マジ、覚えてないよ!」
「記憶が完全に吹っ飛んでるっ・・・」

寝ぼけた状態でなんとか仕掛けを組もうとする武士。

なかなか手先が付いてこない。

そこに名人も起きてきて、本日初めて3人揃い踏み。

名人
「キヨちゃん、釣れてる?」

キヨーノ
「イサキはコンスタントだね」
「もう少し別のサカナも釣りたいな~」

名人
「さすが巻頭取ってる人は違うね~」
「余裕がありますね~」
「え~、エ~、エ~」

武士
「俺もようやく目が覚めてきたよ!」
「でもなかなかウキ止めが付けられないの・・・」

まだまだ寝ぼけてる武士。

21時になってキヨーノがイサキ以外のサカナを釣る。

キヨーノ
「おぉーサカナ!」
「なんか重いぞ!」

名人
「巨大イサキやろ」

キヨーノ
「う~ん、コツコツ感が無いけど」
「これイサキかな~!?」

名人
「ムービー撮るかえ~!?」

キヨーノ
「どうなんだろう?」
「それほどのサカナじゃないと思うけど」
「でもタモかな!?」

名人
「マジかえ」
「タモ使うの?」

近くまで寄せてくるとメジナだったら手前に突っ込む。
イサキだったらコンコンとすんなり上がってくる。

マダイだったらゴン、ゴン。ゴン。といった独特の引きがある。

そのどれでも無い。

手前にきたら急に走り出した!

海面がバタバタバタ・・・

名人
「サバやっ!」
「あんたサバやろ!?」

キヨーノ
「サバだね・・・」
「でも太いで~」

まん丸と太ったサバをキャッチ。

武士
「いいね~しめ鯖」
「太いな~美味そうだな~」
「しめ鯖で喰いて!!!」

ようやく目覚めた武士も釣り開始。



3人がイサキを釣りまくります。
クーラーは満タン状態。

武士
「もうクーラー入らないよ!」
「どうすんの?」
「満杯」

キヨーノ
「釣れましたね!」
「イサキ祭りだね」

武士
「おっと!これはアジだよ!」
「でっけ~アジだな!!!」



島のアジはデカイぜ!

名人
「武士もようやく乗ってきたね」
「なにせ昼間はほとんど死んでたで!」

武士
「いや、力が入らなかったよ」
「眠くて、眠くて」
「ここんところずっと体が痺れてさ~」
「俺ヤバいかもよ!」

名人
「そうやな。L始まってからの武士はいつも死と隣り合わせやな・・・」

毎月の釣りだけが唯一の息抜きの武士。

どんなに疲れていても釣りに来る。

それは海という大好きな自然に癒され

また頑張ろう!という力。

勇気・気力を貰えるからだと言う。

武士。長生きできるかな・・・

言動が既にアブナイツ・・・

名人
「あれっ、アタリじゃねーの?」
「いま喰ったはずやけど・・・」

キヨーノ
「バラシですか?」
「場を荒らすんですか?」

名人
「おっかしいな~」
「なんか付いてるで~」
「うぉー、これ見て!」

「サビが半分から下食われてるで~」



途中で何かに食われたんや~!!!

こりぁ~デケえサカナがおるで~!

あ~眼が覚めた!

あぶね~!

夜はアブネ~な!

ハリス太くするで~!

この衝撃をきっかけに名人はハリスを5号から

8号へチェンジ!!!

夜通し獲物の正体を探っていたけど。。。

結局不発。。。

そして朝マズメ。

夜明けを迎える。

本日二度目のチャンスタイムへ突入。



ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓




伊豆大島・岡田港<第23回おやじ会>4




朝マズメ。

サカナが一番活性する時間。

キヨーノがまず口火を切ります。

さかな!!!

キヨーノ
「気持ちよくウキが入ったぞ!」
「これはイサキじゃない気がする!」

名人
「なんですか~」
「ムービー撮るんすか~」

キヨーノ
「いや、それ程じゃないけど」
「あったらいいんじゃない!?」

名人
「なんかムカつくの~」
「今日のキヨーノムカ付くの~」
「ムービー回す出で~」

近くまで寄せて来るとグイグイ手前に突っ込む!

グレ独特の引き。

キヨーノ
「これはグレですよ!」

「いいサイズでしょ!」

武士
「あら~、いいね」
「立派なグレちゃん釣っちゃったよ!」
「またこの人グレ釣ったよ!」



キヨーノ
「写真撮ってもらっていいすか?」

武士
「一回だけだよ!」

お約束の写真を撮って貰い、満足のキヨーノ

いまのところ巻頭でいいすか!?

武士
「調子に乗ってるな~この男・・・」

「俺もこっちで釣るよ!」

場所移動してきた武士。

1投目。

キヨーノ
「あぁーグレポイントへ入れましたね!!!」

仕掛けを投げて置き竿にしようとセットした瞬間。

竿が海の中に引きずりこまれそうに・・・

キヨーノ
「武士、竿が!!!」

武士
「おっと!」
「また名人に怒られちゃう」

キヨーノ
「そうですよ!」
「島をナメるなっ!!!ってね!」

武士
「アブナイ、あぶない」

2号の竿が綺麗に弧を描く!

これもグレやな!

武士がグイグイ寄せてくる。

今日の武士はアグレッシブ。

タモに収まったグレはなんと大きい!!!

47センチ。

今日一番が出ました!

名人
「はい、これあんた巻頭出たね!」

「やったな武士。」
「あんたのメジナは立派よ!」

キヨーノ
「出ましたね」
「俺のグレよりぜんぜんデカイ!」
「太ってるし」



武士
「いいんですか?」
「これはやっちゃいましたよ!」」
「言っていいですか?」
「カメラに向かって言ってもいいですか?」

恒例の!

ミッション完了!です!!!



ガハハハハッ。

出たね~

いいサイズ。

このサイズのメジナはいいんじゃない!

武士が一歩リード。

初の巻頭に一歩リードです。

あとは時間が過ぎるのを待つだけ。

武士
「あの~、帰りの巻頭コメント考えててもいいですか?」

キヨーノ
「どうぞ!どうぞ!」
「今日はなんか気合入ってたもんね」
「このまま行けば間違いなく巻頭ですよ」

名人
「そうやな~」
「マズいな~」
「武士の巻頭か~」
「時代やな~」

武士のテンションが異常に上昇してきた!



今日一番を釣って休憩を決め込む武士。

一方の2人はまだ諦めない。

特に名人は時間ギリギリまで納竿する気はない!

それでも流れが悪いと感じた名人。

名人
「武士、ちょっと買い物付き合ってくれない?」
「俺、ちょっと気分転換にビール飲みたいね」

何かを察した名人

珍しく釣り場を離れること30分。

その間キヨーノが1人頑張るけど。

特に何も釣れない。

名人と武士が帰ってきた。

名人
「よーし!」
「今まではキヨーノの流れだったけど」
「俺の流れにするで~」

何かぶつぶつ横で独り言を言い出した名人。

自分に何かを言い聞かせてる。

「絶対寄せる!」
「コマセを入れれば魚は来る!」

つぶやき出した名人・・・

名人
「おりぁーーさかな!!!」
「だけど・・・」

キヨーノ
「イサキ・・・」



名人
「イサキか~」
「どこまで行ってもイサキなのかえ・・・」

そこにトモちゃん再登場。

トモちゃん
「おはようございます!」
「どうっすか?釣れました?」

「オレ今から素潜りでサカナ捕ってきますよ!」

武士
「なに?あんた海女さんまでするの?」

トモちゃん
「え~、子供の頃からの遊び場ですから!」
「ちょっと太っちゃったけど・・・」
「ジュゴンじゃないっすよ!」

キヨーノ
「いいね~」
「ジュゴン似だよ!」

気づくと海に飛び込んでいった!!!

ジュゴントモ!!!

そして、いよいよ最終章。

あの瞬間が近づいてくる。

決して諦めなかったあの男にチャンスが!!!



ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓




伊豆大島・岡田港<第23回おやじ会>5 最終章




気分転換の効果も空しく。

名人が釣るサカナはイサキが多い。。。

武士とキヨーノはいいサイズのグレを釣っている!

焦る名人。
グレる名人

名人のプランでは、
「このままだったらヤバイ・・・」
「何とかグレの50センチクラスを釣って」
「格好を付けないとマズイ・・・」

そう。

ハリスは5号にしてグレ狙いに切り替えた名人。

そして残りのコマセをラスト一時間で全て撒く!

急激にコマセへサカナを寄せる作戦に切り替えた!

キヨーノの隣にいる名人からは湯気が出ている。

名人
「あと一時間が勝負や!」
「なんとかいいサイズの魚を釣る!」
「己を信じるンや~!」

小声で自分に言い聞かせている名人。

隣にいるキヨーノが気味悪がってる。。。

キヨーノ
「名人、なんかブツブツ聞こえるけど?」
「大丈夫?」
「プレッシャーですか?」

名人
「己を信じるんや~」
「キヨーノの言葉に惑わされちゃイカン!」

キヨーノ
「名人、会話のキャッチボールが無いよ!」

名人
「・・・」

自分の世界に入り込んだ名人。

武士
「キヨちゃん、オレはそろそろ勝利のコメント考えてもいいかな?」

キヨーノ
「いいんじゃないですか?」
「もうこの時間からの逆転は厳しいですよ!」

武士
「やっとオレも巻頭を掴めそうだな!」

納竿してあとは名人の動向を見届ける武士。

ビール片手に余裕の見物。

巻頭へ限りなく近づいた武士!

ゆったりとした時間が流れる。

魚が釣れる雰囲気はゼロ・・・

名人
「サーカーナ!!!!」
「オリァー来た、来た!」
「魚!!!」

突然、名人の竿が曲がる。

ハンパ無く曲がる。

グレーダー6.3Mが見たことも無い角度で曲がる!

一気に沖に向かって走る!!!

間違いなく回遊魚のアタリ。

これは間違いない。

名人
「来たで~」
「この瞬間を待ってたんや~」
「見たか~!!!」
「これが名人の粘りや~」


キヨーノ
「ホントに掛けたよ!」

武士
「来ちゃったね~」

2人が様子を伺う。

魚を止めに掛かる名人。

沖に向かって走った魚が一瞬止まる。

名人
「おし!止めた!」
「もらった!」

と思った瞬間。

「パツン・・・」

ラインブレイク・・・

名人
「切れた・・・」
「切れた!!!!」
「マジかよ~」

無念のラインブレイク。

キヨーノ
「惜しかったね~」

名人
「あぁー逆転のチャンスが・・・」

キヨーノ
「ドン!マイケル!」

名人
「・・・」
「君とは話したくないな~・・・」

武士
「ハリス何号だったの?」

名人
「5号・・・」

武士
「あれっ、8号じゃないの?」
「あれほどみんなに8号からだよ!って忠告してたよね」

名人
「そうやった。。。」
「グレ狙いだったから、さっき8号→5号へ変えてしまった・・・」
「裏目に出た。。。」

キヨーノ
「走ったね~」
「間違いなく回遊魚だよ!」

名人、痛恨のバラシ・・・

最近バラシが多い名人。

完全に頭に血が上る!

殺気度も上昇!

タイムリミットが迫る中。

ハリスを8号に変えてもう一度狙う。

あの手ごたえが!?感触が?

手元に残っている。

名人
「神様!もう一度チャンスをくれ!!!」

時間も忘れて仕掛けを再投入。

逃した魚は大きかった。

誰もがそう思った。

もうチャンスは無いと思った。

ここからは名人本人からのコメント。

----------------------------------

題名:あの瞬間に何が起こったのか?

ここのところまともな魚を、釣り上げてない私ですが、
ついに約束の時が、来たのです!

なにせ朝から清ちゃんにメジナを出され
武士にも出されザキ男と化してたわたくし!…。

散々なじられ…

ゴミの様に言われ続けたわたくし!

特に清様から…!!

oh~神よ!

願わくば清ちゃんの数々の罪を、許したまえ~!

となじり返した所で本編スタート!!

午前11時45分約束の時が訪れた!

帰りの船の時間が迫っていたので、
かごをアンタレス小からアンタレス大にチェンジして
ひたすら約80メートル先の潮目に打ち込む!

45秒を目安に、約40分間ターゲットに集中放火!!

その時…テロは起きた…!?

それまで平穏の海の上に浮かんでいた工藤商店のウキが、
破壊的速度で波間に消えた!!

さ、さかな…魚~!

なにせミチイトは、PE3号激しく合わせると
ラインブレイクの恐れがある!…

もうバラシの屈辱は、嫌や~~!
と思い慎重かつ鋭くあわせる!

あれ?

そんなに大きくないかぁ~。

…3秒間の沈黙…

「ぶしぃ~~!!」

今まで、聴いたこと無い様なラチェット音!!

今度は取るばい!
絶対取るばい!!

と九州人の血をたぎらせる!

さっきは、止めてヤラレタから今度は、

出すばい!!

やり取りを、繰り返す事3分半、
ヤツが止まった!

やったぞ!

後は、いなせば捕れるはずや~~!

騙し騙し堤防に寄せて来る!

すると海面からギラリと光る美しい魚体が横切る!

oh~マンマミ~ヤ!

まんま食べたいんや~!

なんと!

ヤツの正体は「アレやった~!!」

と、バカな事を思っていると、トラブルに気付く。

なんと!魚が走った衝撃で浮き止めが、絡まった!?

ラインを巻こうにも、トップガイドに当たって
「巻けナイツ!」まだヤツとの距離は、竿3本(約18m強)絶体絶命!

清ちゃんhelp!

そこで作戦変更!

ヤツ十分弱らせて、堤防に寄せて、
そのすきにウキを、ズラしていく作戦だ!

ハラハラドキドキしながらこの行程を、繰り返していく!…

その間にもヤツは、したたかに竿を叩いて来る!…

時が間止まった様にゆっくりと流れる…

ヤツは今にも体を反転させ、
心もとない針を外して大海原に去って行きそうだ!

「清ちゃん!たのむで~!」

そして、4度目の行程が終わった。…!

イケる!
逝けるで~!!

と天にも登りそうな心抑えて

「タモ!たのも~!!!…」

すると天からタモさんがやってきて、



優しくヤツを包み込んだ……!?
やったー!ありがとう!!


ミンナノコトアイシテマス、
カゾクノミナサンアリガトウゴザマス!


といった訳で、大きなイワシを取りました。

----------------------------------
※名人からの本人談、終了!

タイムリミットギリギリ。

あと20分遅れていたら船に乗れなかった。

そんなギリギリの戦いに勝った名人。

まさか!?

一度目のチャンスを棒に振って、
二度目のチャンスが有るとは・・・

名人たる所以。

名人の威厳が発揮された瞬間だった。

サビキのアジを釣ってるんじゃないんだから、
普通、大物を一度魚をバラしたら、
二度目のアタリが無いのが当たり前。

「だから逃した魚は大きかった!」

と釣り人は悔しがる。

その常識を覆して、短時間で二度もチャンスを引き寄せた

この引きに感服。

名人
「どうかえ~」
「あんたら!」
「見たかっ!!!」

異常なテンションの名人
眼が逆さに釣りあがる名人。
アドレナリンが吹き出てる名人。

それもこれも全てキヨーノが挑発した事が原因。

キヨーノ
「ホントに釣っちゃったよ!」
「開眼させちゃったな~」
「本気にさせちゃったな~」



武士
「釣っちゃったね・・・」
「オレの巻頭が・・・」

名人
「あぁーまた逃したね~!」
「わりぃーね!」

武士
「いいの。俺は。」
「いつもあと一歩だから」

そうして何とかギリギリ乗船し帰宅の途へ!

ご満悦の名人



竹芝には明るいうちに到着。

待ちに待った巻頭コメント。

感無量の名人。

その前に「爆釣テロリスト・アンタレス」に改めて感謝。



赤煙突・釣り工房で絶賛発売中!

と軽く宣伝させて頂き。

軽快な動画コメント撮る。

詳細はこの後アップする動画をお楽しみに!

そして無事、お店に帰り。

やっぱりデカイぞ!って事で記念撮影。



充実感たっぷりの名人。

この後の晩酌は格別だった事でしょう!!!



ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓




黒煙突・釣果結果!!!

ウキ師&ナベちゃんから一昨日の釣り報告がありました。

----------------------------------

小真鯛1匹
ウメイロ1匹
サメ1匹
イサキ78匹

クーラー満タンです





----------------------------------

名人
「おっと!ウキ師からメール来たで~」

「ウメイロ釣ったの?」
「いいね~食べたら美味いサカナですよ」

キヨーノ
「クーラー満タンだね」

名人
「あれっ、またまたトモぞうが映ってるぞ!」
「ナンダコリァー」
「サメじゃねーか!」

キヨーノ
「おぉートモちゃん、シャークトモだな!」

名人
「相変わらずトモは日に焼けてるな~」

キヨーノ
「彼のトレードマーク」
「黄色のピコT着てるで~!」

名人
「ジュゴンやってる場合じゃねーな!」
「はよー嫁さん釣らんとよ~!!!」

「ウキ師達も、マジで釣ったな~」

ナベちゃん、ウキ師、また黒煙突の釣果結果待ってるで~!!!


ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓



名人、いい魚捕ったんだって!?



ナベちゃん(W氏)
「名人、なになに大島でいい魚釣ったんだって!?」
「現地から連絡あったよ!」

名人
「おぉーナベちゃん(W氏)情報早いね~」
「最後の最後に一本獲れたのよ!」
「いや~ラッキーだったね!」

ナベちゃん(W氏)
「名人にあやかって、おれも明日から大島に行ってくるよ!」

名人
「おぉーナベちゃん(W氏)は相変わらずフットワーク軽いね~」
「すぐ行けちゃうのね~」
「いいな~」
「ウキ氏(K氏)も一緒なの?」

ナベちゃん(W氏)
「もちろん、一緒に行きますよ!」
「彼も名人に負けられないと気合入ってますから!」

名人
「みんな熱いね~」
「梅雨も明けて釣りシーズンやな!」
「ナベちゃん(W氏)もいい魚釣れたら連絡待ってるよ!」

ナベちゃん(W氏)
「了解っすよ!」
「釣れたら写真送るんで!」
「待っててください!」

名人
「おれ以上の魚は釣れるかな?」
「待ってるよ!!!」


ナベちゃん&ウキ氏は今頃、大島で釣りをしている頃です。
おれも一緒に行きて~な!。

その前に動画や!

キヨちゃん、動画やろうえ~!
みんなが待ってるで~
オレ楽しく編集できる自信があるんやから~!!!

シマガスキダカラ~!!!



ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓
今日の赤煙突ツイッター
プロフィール

akaentotu

Author:akaentotu
赤煙突・釣り日記

コンセプトは「堤防から船釣りを!」
遠投カゴ釣りで新たなジャンル
「陸っぷね!」
を作るべく日々奮闘中!。

みなさん、どうかよろしくお願いします。
そして、釣り場のゴミは持ち帰りましょう!!!

自作のカゴも絶賛販売中!
「赤煙突・釣り工房」

電話でも注文承ります。

------------------
電話受付時間は
10:00~22:00
(休日・不定休)
TEL:050-3726-2605
MAIL:
akaentotu@gmail.com
------------------


ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓

Facebook・赤煙突
赤煙突・同志の部屋!
赤煙突・同士の部屋!
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
338位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
22位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
関東・東海海況速報/広域
ピックアップ動画








ブログの更新をメールでお知らせ☆
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
アルバム
2010/7/11
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(大)15号
を使用
伊豆大島にて
ツナ(5.8㎏・73㎝)


2010/4/25
爆釣テロリストの「タイタン」カゴ(大)12号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(4.0㎏・72cm)



2010/3/28
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(小)15号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(7.8㎏・87㎝)

爆釣テロリストシリーズ

タイタン大・15号
安定感バツグン

トラブルゼロを目指した昔ながらのカゴ。
意外と飛ぶのが新しい発見。
ヨシミン愛用


アンタレス中・15号
脅威の飛距離

名人やキヨーノが愛用中
飛距離がパンパじゃない。
仕掛けが馴染む時間も早くせっかちの人向け。


NEWカストル4号
湾岸スペシャル

武士がこよなく愛しているカゴ。
新たにモデルチェンジして最長飛距離は80Mまで
メジナ49センチと実績あり


ポルックス3号
湾岸スペシャル

軽い仕掛けで沖を狙える優れもの。
カゴは小さいけど爆発力は大きいですよ!

人気ブログランキング
現在の訪問者




Unique Visitors:




Pageviews:
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

赤煙突・ツイッター