FC2ブログ

赤煙突の釣りブログ。コンセプトは「堤防から船釣りを!」両軸遠投カゴ釣りで新たなジャンル「陸っぷね!」を広げていきます。

黒鼻の磯へ行ってみた!<第38回おやじ会>2



愛し合う中年負債

メタボの俺たちには地獄度☆☆☆☆☆
だった黒鼻の磯。

ようやくポイントに着いて仕掛けを組みだしたのが夕方の17時。
あっと言う間に夕暮れが始まる。
その前に仕掛けだけは作っておきたい。

名人
「ぷはー
やっと人心地着いたでー
さっきは胃から全部出て来そうな雰囲気やったー
やっぱ地磯はシビれるねー」

シコちゃん
「名人だけがかなりヤラれてるよ。
キヨちゃんなんかもう投げ始めてるよ!」

名人
「あらー
キヨーノさんはやっぱり早いねー
いつでもどこでも早漏スタート!
あっちがったロケットスタートやな~
それで結果が付いて来ればいいけどね。
俺はタナ取りからゆっくりやらせてもらいますよ」

キヨーノ
「名人、早くしないと夜になるで。
もう3投したけど、エサが無くなってるから
魚は居るみたい」

名人が慎重にタナを取り、
最大で15メートル程ある事がわかった。
それで各々は自分の決めたタナで勝負する。

先に釣り始めていたキヨーノはさっきから海藻ばっかりひっかけて
タモ~!無理!この海藻上げたら竿折れる・・・
助けて~!!!

と海藻釣りに専念中。

一方、タナ取りが終わった名人は
「さぁーいくでー!
房総の海はどんな感じかえ~?
俺を優しく包んでくれるんかえ~?
投げるでー!」

サカナ~!!!
これはアタリでしょ!

名人、1投目からサカナ。

引かねーな。
これは本命。
本日の本命。

アジエンス!
釣りました!




仕掛けを流せばアジが釣れる。
ウレシイけれど。
型が上がらない。

南蛮漬けサイズが多い。
たまに叩けるサイズが来るが
5匹に1匹しかない。。。

夜に入り全員が仕掛けを流しアジアン選手権が開催された。
あっちこっちでアジ!

はい、アジ-!

またアジー!
どこまでもアジ-!

アジ以外の魚はおらんのか?
と思っていた矢先に名人の竿がちょっとだけ曲がった。

名人
「これはアジやないぞ!
なんだー
横に走るなー
サバかっ?」

釣り上げたのは見事に太ったサバ。
ウマそうなサバだった。

あとはアジ・アジ・アジ。
アジアン選手権だからしょうが無いけど
黒鼻の磯はメジナも混ざるという触れ込みで来たのに
アジとサバじゃ巻頭は出せないぞ!!!

夜通しやって結局アジが多数。
サバが一匹。




途中で疲れてみんな寝た。
そうしたら寒くて起きた!

名人は寒くて寒くて朝方はガタガタ震えていた。
ようやく日が出て来たらまた寝た。




それも本気寝。

朝の7時~9時まで2時間びっしり寝た。
その間、幸せ満載のシコ負債は朝から元気に刺激し合ってる。


「あーまたアジ釣れた!」

シコ
「おぉー君はプロだね!
俺より釣ってるよー!」

キヨーノ
「朝から元気っすねー!?
さっき陰に隠れて何してたの?
アブないな~この2人は!」

シコ
「まだまだ若い証拠ですよ!
キヨも俺を見習わないと
いつまでも不発弾で終わるよー」

キヨーノ
「キビしいー!!!
あさから厳しいお言葉あざーす!」

名人がようやく起きてきた。




名人
「どうかねー
その後は?」

キヨーノ
「アジ祭りです」

名人
「そうかー
アジが強いか!
だれかグレ釣ったら巻頭なんやけどな~」

キヨーノ
「グレいるかね~?」

名人
「おると思うんやけどな~
おらんのかな~
千葉はイマイチわからんな~
確かなことはアジが目一杯釣れるってことやな~!」

時刻も9時
そろそろアップの時刻。
今日は巻頭なしか?
と思われたその瞬間。

一番先端でアンタレスライトを付けた釣り夫人が
「さかなー!!!」
「アジじゃなーい」

なに?
アジじゃねーえ?
まさか?

そう、そのまさか?



終了間際にメジナを釣り上げた!
この状況でサイズは関係ない。
もはやアジの中からメジナを引きづり出したその根性に乾杯!

おやじ達は早々に諦めて片づけをしていたところに
最後まで執念を燃やしていたシコ嫁。
密かに巻頭を狙っていたシコ嫁が見事に勝利!

とぼけて一緒にカメラに入るシコ武士。



シコちゃん
「よくやった!
嫁!よくやった!
次回は俺たちが場所を決められるぜ!」


「そこー?
もっと稼いでよ!」

シコちゃん
「人生お金じゃないよって言いたいよ
言いたいけど、いまはお金の時代だよ。」

名人
「まぁまぁお二人さん
目出度くメジナも釣れた事だし帰るとしますか」

キヨーノ
「だね。
今日はシコ嫁の執念に負けたよ」




帰りの道は崖登りが待っている。

名人
「あのーみなさん。
オイラはまず息を整えて、心の準備を施してから
登りますから。私に構わず先に行ってください。」

キヨーノ
「あれ名人大丈夫?
先に行っていいの?」

名人
「いいんです。
俺は精神統一してから上るから
さっさと上がりなさい。」

キヨーノ
「あっそう!
じゃお先に行くでー」

ロープを頼りに地獄の崖を登り
頂上からゆっくりけもの道を下りようやく駐車場へ着いた時には
汗が止まらない・・

キヨーノ、シコちゃん、嫁の3人が先に着いた。

シコちゃん
「名人来ないね~
大丈夫かな?
ちょっと様子見に行こう!」

シコちゃんとキヨーノでけもの道のスタート地点まで
名人を迎えに行った。

上のほうで人のうなり声が聞こえる。

キヨーノ
「だれだ?
念仏唱えてるおやじが下りて来るぞ!」

名人だっ!
それも念仏じゃなく嗚咽だった。
オエオエ言いながら下って来た名人。

「ふぁーもうダメや・・・
一歩もあるけんわ・・・
誰が地磯行こうなんて。」

ようやく降りてきた名人。
すでにこと切れてます。

着替えを済ませ荷物を積んで
ようやく帰り支度が出来た頃には
すっかり日が高くランチタイム。

勝浦では担担麺がおススメ!と至る所にのぼりが立っていたから
これは一度試してみなければ。
と言う事で最後に勝浦担担麺を食して帰りました!




房総はやっぱりアジが濃い。
メタボには上り下りはキツイ。
それがはっきりした今回の地磯釣行でした。


人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓両軸遠投カゴ釣り☆




房総の黒鼻の磯へ行ってみた!<第38回おやじ会>1




今回の巻頭はこの人!

シコ嫁!

自称釣りガール。

あくまで自称。

自称だったらおいらの身長170cm

周りは釣り夫人と呼んでいる。

とにかく巻頭はシコ嫁が奪取!!!
おめでとうシコ嫁!

初巻頭おめでとう!
早いね~!
足かけ半年て巻頭を獲っちゃった。

シコ武士は三年半掛かったよ。。。

というわけで今回の参加メンバーは
名人
キヨーノ
シコ武士
シコ嫁
の四人。

ヨシミンちゃんは切腹!

場所は房総の地磯では有名な「黒鼻の磯」
なぜ今回は房総だったのか?
アジが食べたかったから?
アジを釣りたかったから?
アジを狙いたかったから?
お金が無かったから?

はい正解!
現在どん底の生活を送っているシコ夫婦が
島に渡る予算が無い!
でも釣りには出掛けたい!
場所を選ぶ権利はない!
巻頭はキヨーノだから。

シコ夫婦
「俺たち今回はいいよ!
切腹でいから!
いっといでー
いいんだよ。
週末はタンスの整理をしなくちゃならないから
切腹でいいのよ!
気にしないで。」

キヨーノ
「そんな寂しい事を言わないの!
シコちゃん!
じゃ知恵を絞ればいいでしょ!
名人とも相談して場所を決めるよ。

シコちゃん
「いや、本当にいいんだよ・・・
今回おれたちは切腹する覚悟は出来てるんだから」

名人
「なに?シコちゃんが切腹を申し出てるって?
どうしたん?
なに?庭先を拝借したいだって?
タンスの整理をするだって?
いよいよアブないね~
キヨちゃん、あんた巻頭だけど島は諦めてくれないか?」

キヨーノ
「島は行けナイツ?」

名人
「無理だろう!
いまのシコ夫妻には負債しかないんだから
だから近場で行ける場所を考えないとなー
知恵を絞れば答えが見えてくるでー」

キヨーノ
「島行きたかったな~
でもシコ夫婦が居ないと寂しいしねー
知恵を絞りますか。。。」

初島は?
⇒予算オーバーよ!

東伊豆は?
⇒伊豆方面は移動費が・・・

えーじゃどこ?
もしかして房総?
⇒知恵を絞れば出てくるじゃない!
いいぞキヨーノ

房総のどこに?
⇒ブラックノーズしかないだろ!

あぁー勝浦の磯ね!
⇒そうだよ!いま君は勝浦の磯って言ったね!

うっ、うん。
今回は黒鼻の磯に行きたいな。。。
⇒よく言ってくれた!
巻頭からそう言われちゃ勝浦行くしかねーな!
あそこだったらシコ夫妻も来れるだろ。

釣行直前にこんなやり取りがあって
場所は島じゃなく急遽、
勝浦の「黒鼻の磯」という場所を目指しました!

当日、天気は最高!
目指していたトシコにジェット船が接岸出来るほど
海の状況は良かった。

そんな情報をしり目にひたすら勝浦を目指す!
今回のドライバーはシコちゃん。
行き返りシコちゃんに頑張ってもらった。
シコちゃん齢43歳。
まだまだ元気。

行き返りの運転をして尚且つ地磯の上り下りを二回もこなした
鉄人シコちゃん。

一方のメダボ名人は行きの背負子からヒーヒー言ってる状態




名人
「おい、こりぁー
二十代の感覚じゃ終わってるな。
昔はこんなの余裕で往復してたのに・・・」

まずは行きの上りで既に血圧が200近く上がる名人
やっと登り切った所でコト切れた!

名人
「ちょっと休ませてー
俺を置いて行っていいからー
ちょっとここで間を取らせてもらうよ。
ほっといて先を急いでくれ」




僅か5分の登りで撃沈寸前の名人
顔は真っ赤に。
下半身はガクガク。

まだまだこれからロープ下りがあるのに大丈夫か?

そして場面は「黒鼻の磯」名物
ロープ下り。
先人達がロープを張ってくれて、そのロープを頼りに
がけ下20Mほど下る。

荷物が無ければ楽勝の下りだけど
背負子に餌やクーラーを背負って
さらに竿を持ってと地磯渡りを完全に忘れているおやじ達。

地磯は遠ければ遠いほど荷物は最小限にして
クーラーなんかはグループで一個にしないと、
とてもじゃないが荷物が多くなって大変って事に気付いた時は既に遅し。。。

もうロープを伝って下るしかナイツ・・・
キヨーノとシコちゃんはまだ元気。
嫁の荷物を担いで下る。

無事に下へ到着。

一方の名人




名人
「おぉーこれや・・・
これが名物ロープ下り
思い出した!!!
もっと荷物を軽くすればよかった。。。」

名人もなんとか下った。
途端に座り込み。
20分程息を整えた。

名人
「もう今は何もでけん・・・
話しかけんでくれるか!
今の俺は無理」

シコちゃん
「名人、まだまだ運動が足りないよ」

名人
「・・・」

ようやく磯場に到着。
先客がいらっしゃったが、もう時刻は16:30
まもなく夕方。

先に来ていた釣り人は、朝から居たのでもう帰るとのこと。
僕らはナイツを狙って来たので、
ちょうど入れ替わりでポイントに入る事が出来た!

名人
「ありがとうございます。
自分たちもアジ狙いで一晩頑張ってみたいと思います」

挨拶を交わし先客の方々はロープを登り
帰って行った。
そして独壇場となり準備開始。

まだ息が荒い名人は休憩中。
はたしてこの先どうなるのか?


今日の赤煙突ツイッター
プロフィール

akaentotu

Author:akaentotu
赤煙突・釣り日記

コンセプトは「堤防から船釣りを!」
遠投カゴ釣りで新たなジャンル
「陸っぷね!」
を作るべく日々奮闘中!。

みなさん、どうかよろしくお願いします。
そして、釣り場のゴミは持ち帰りましょう!!!

自作のカゴも絶賛販売中!
「赤煙突・釣り工房」

電話でも注文承ります。

------------------
電話受付時間は
10:00~22:00
(休日・不定休)
TEL:050-3726-2605
MAIL:
akaentotu@gmail.com
------------------


ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓

Facebook・赤煙突
赤煙突・同志の部屋!
赤煙突・同士の部屋!
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
273位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
27位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
関東・東海海況速報/広域
ピックアップ動画








ブログの更新をメールでお知らせ☆
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
アルバム
2010/7/11
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(大)15号
を使用
伊豆大島にて
ツナ(5.8㎏・73㎝)


2010/4/25
爆釣テロリストの「タイタン」カゴ(大)12号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(4.0㎏・72cm)



2010/3/28
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(小)15号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(7.8㎏・87㎝)

爆釣テロリストシリーズ

タイタン大・15号
安定感バツグン

トラブルゼロを目指した昔ながらのカゴ。
意外と飛ぶのが新しい発見。
ヨシミン愛用


アンタレス中・15号
脅威の飛距離

名人やキヨーノが愛用中
飛距離がパンパじゃない。
仕掛けが馴染む時間も早くせっかちの人向け。


NEWカストル4号
湾岸スペシャル

武士がこよなく愛しているカゴ。
新たにモデルチェンジして最長飛距離は80Mまで
メジナ49センチと実績あり


ポルックス3号
湾岸スペシャル

軽い仕掛けで沖を狙える優れもの。
カゴは小さいけど爆発力は大きいですよ!

人気ブログランキング
現在の訪問者




Unique Visitors:




Pageviews:
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

赤煙突・ツイッター