赤煙突の釣りブログ。コンセプトは「堤防から船釣りを!」両軸遠投カゴ釣りで新たなジャンル「陸っぷね!」を広げていきます。

秋の回遊、久しぶりの大島へ!<第42回おやじ会> 2




さてさてようやくレンタカーを手に入れたおやじ達。
やっと自由に動けるようになった。

食料を買い込んで支部長の待つ泉津へ移動。
こんどはこっちがびっくりさせてやろう!と意気込んで

港の見える裏の丘に陣取った!

名人
「ここからサカナ掛けた時に電話入れて
ビックリさせてやろうえ~」

キヨーノ
「いいね今度は俺たちがサプライズする番だね!」

車を止めて堤防の上にいる支部長やジュゴン達を眺める。
すると、ちらっとコチラを見て手を振る青いシャツの男。




ジュゴン。
野生の感で気付きやがった!

支部長もこっちを向いて手を振る!

名人
「支部長~!見つかっちゃった!
釣れてる~?」

堤防に移動して釣果を聞いてみる。
するとイサキはまずます。
デカい魚が掛かっては切られるとの事。

しばらく様子を見ていたら、
支部長の竿に強烈な当たりが!?

キヨーノ
「支部長、サカナですか?
真剣だけど、大丈夫?
ムービー撮るよ!サカナ取ってね!」

支部長
「がんばりやす!」

4号の竿がリールシートから曲がっている。
ラインが出っ放しで止まらない。
ハリスは5号。

なんとか取って欲しい。

名人
「支部長~!
これ相当デカいねー
真剣な支部長初めて見るよ」

ラインが止まらない。
なんにも出来ずに切られた・・・

モンスターが居る。
島はやっぱりスケールがデカいね~
この後、ジュゴンにもパパジュゴンにも大きいアタリがあったが
ハリスが切られて姿見ず。

デカいのが居る。
この現場を目撃したおやじ達は




もう我慢できない。

俺たちの目指す釣り場へ急ごう!

名人
「支部長~頑張ってね!
俺たち、いまから地磯に行ってくるから」

支部長
「磯行くの?
今から?元気ですね~
健闘を祈りますよ!」

泉津を後にして急いで野田浜へ移動。
車から約10分程度でポイントに到着。
メタボにはギリギリのポイントです。




時刻は16:30
もう直ぐ夕方から夜になる。
早くポイントに入りある程度場所を把握していたい。

名人
「俺ここに入っていいかな?」

キヨーノ
「どうぞ!どうぞ!入って下さい!
いいですよ~」

ヨシミンも名人に右側に陣取って。
キヨーノは少し離れた左側に釣り座を構えた。
急いで仕掛けを投入する。

名人
「おっ、サカナでしょ!
あれっ、反応無いか?乗ってない?」

小さい魚が付いていた。




エソ。

名人
「完全に底取ってるな~
下は砂地かえ~」

初めて入ったポイントだから勝手が分からない。
タナも竿2本くらい。
沖に投げると砂地らしい。

夕マズメが終わり、ナイツに突入する。
誰にもアタリが無い。。。

名人
「あの~キヨーノさんって方は今日何か魚は釣ったのかしら?
もしかしたら完坊ってことかな?」

キヨーノ
「えっ、俺まだ何も釣ってないか?
あらら、ほんとだねーこれはヤバいね~
って大丈夫に決まってるでしょ!
何か釣れるでしょ」

そういって余裕を見せたキヨーノ
でも内心は何か釣れてくれないと困る・・・

完全にナイツに突入。
誰にもアタリ無し。。。
わざわざ磯まで歩いて何も無しかよ!!!

そんな時にウキが沈んだ!

キヨーノ
「サカナ~!!!
間違いない、ウキが入ったよー!
サカナですよ~」

釣り上げた魚はザキ。
型は小さいがザキの姿を確認した。
ここからキヨーノ劇場が始まる。

「サカナ~!!!」
「はい、サカナ~!」

「またサカナ~!」

立て続けに3連チャン。
カメラを回す名人があきれる程
入れたら釣れるの繰り返し。

名人
「まいったな~ザキマンション見つけたな~
こりや一時あんたの時代なのか~
まいったな~嫌だな~」

キヨーノ
「すみませんが完坊は完膚なきまでに脱しました!
いまもしかしたら巻頭候補ですよ!」

名人
「嫌なこと言うね~
性格悪いね~
口悪いね~」

キヨーノがこの後も2本イサキを追加する。
名人とヨシミンの釣り座からはキヨーノポイントに入れない。
悔しがる二人組。

なんとか自分たちもポイントを見つけようとあの手この手で
攻め続ける。沖に投げたり、手前に投げたり。
ようやくここで努力が実る。

ヨシミン
「サカナ~っ!
結構デカイです。
磯だから立てない。
暗くてバランスが取れません・・」

それでもなんとか釣り上げた!
サカナはなんとロッシ。
立派なイスズミだった。。。

憮然とするヨシミン



名人もなんとは小ザキとサバを釣る。
っが、その後は潮が変わり全く辺りが止まる。

ヨシミン
「あの~夜の磯は体に堪えるんすけど~
いつごろ移動の予定ですか?」

キヨーノ
「えっ、もう移動希望なの?
早いね~。いま何時?
えっ、19時?まだここに来て3時間も経ってないじゃん。
移動したいの?」

名人
「したいっす!巻頭さん、移動したいっす!」

キヨーノ
「えっ、名人までそんな事言うの?
しょうがねーな!分かったよ。
あと30分したら撤収しよう」

名人
「あざーす!撤収しようえ~」

意気込んで磯に入った割には残念な釣果に終わり
セカンドステージ終了!!!

さぁー今度は明るくて勝手知ったる元町港へ移動!
ナイツに進化出来るのか?


人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓両軸遠投カゴ釣り☆






秋の回遊、久しぶりの大島へ!<第42回おやじ会> 3




地磯を後にして元町港に戻って来たおやじ達。

時刻は22:00

キヨーノ
「いや~誰も居ないね・・・
ナイツの元町は全然人気ないね~
今度はオイラから場所を確保してもいいですか?
俺は元町はここがいいな!」

名人
「どうぞ!どうぞ!好きにやって下さい。
俺はもうぴったくキヨーノをマークしますから」

キヨーノ
「近いね~
ずいぶん近くに来るね~」

誰も居ない貸切の堤防なのに何故か名人はキヨーノの釣り座から
2メートルしか離れない。完全密着マーク!!

キヨーノ
「ずいぶんニアだね~」

名人
「もう、ここからはピッタリマークして
潰しに掛かりますよー!
巻頭だけは取らせませんよ・・・」

ヨシミン
「あの~俺はここにしますよ」

また一番に仕掛けを作って投げるキヨーノ。
でも風が左から吹いていてなかなか飛距離が出ない。

キヨーノ
「マジかよ~
あの距離じゃ全然勝負にならないな~」

名人
「キヨーノさん、あそこじゃサカナは釣れないよ。
私は元町知ってますから!開拓したのは自分ですから!」

キヨーノ
「あら~またずいぶん上から目線でくるね~
なんですかー 元町は俺の庭だからそこじゃ釣れないよって?
感じ悪いね~
名人、本気だね~
巻頭取りたいんだね~」

名人
「え~
え~、私は本気ですよ!
元町に関しては誰にも負けないですよ!
なにしろここは100Mラインからサカナのポイントですから。
あなたの距離感では釣れませんよ!」

ヨシミン
「あの~自分は全く勝負にならないってことですか?」

名人
「え~
え~
厳しいですよこのポイントは!
でも最近、開花したよしみさんが出てくれば勝負になるかもな~」

名人は一人、100M先のポイントに仕掛けを投入しアタリを待つ。
全く距離が出ない事でキヨーノは3号竿に見切りを付け
グレーダー4号5.7Mの竿にチェンジする事にした!

30分後ロッドを組み替えてようやく釣り開始。

キヨーノ
「さて、仕掛けも重い15号を投げるから
さっきよりは距離が出るでしょう!」

力いっぱい投げた!

せいや~!!!

ポシャン。

名人
「80M~!
さっきと同じやん!!!」

竿を変えても距離が全く変わらなかった・・・
愕然とするキヨーノ。。。

キヨーノ
「これはイカン・・・
まったく変わっていない。。。
もうこうなったら仕方ない。
一番回るリールに変えるしかない・・・」

3号竿に付けていたリールを4号竿に付け替えると言う
また気の遠くなる作業を始めた。

30分後、ようやく万全のタックルに仕上げた。
これで飛ばなきゃ今日は惨敗覚悟です。

その間、1時間。
名人に当たりはゼロ。
キヨーノもまだチャンスがある!

再度投げる!
せいや~!!!

さっきより10M伸びた。
でもまだ遠い。。。




名人
「さっきよりはいいけど、どうやろか・・・
ギリギリアウトやっ~!!!」

キヨーノ
「マジかよ~・・・
もう限界!!
昼間っから動いてさっき磯に行って帰って
もう体力も限界。
フルキャストする体力もギリギリ・・・」

はい、サカナ~!!!

名人の仕掛けに魚が掛かった!
「はい、サカナですよ~
これはお友達でしょ!
コツコツと言ってますよ!
いや~この感触久しぶりやな~
ここのザキはデカいからな~
一匹一匹が釣りごたえがあるんよ~」

キヨーノ
「まじで?ザキなの?ザキだったら俺も真剣に釣りするよ」

ゆっくり口を切らないよう巻き上げる名人。
「ザキでしょ~間違いなく。
これはザキですよ!!!
んっ、んっ、、、んん。。。
あれっ、あれれ?横に走ったぞ!」

近づいて来たら魚が横に走り出した。
ザキの挙動ではない。
これはもしや?サバ?
そうです。
サバが釣れたんです・・・

キヨーノ
「あの~名人さん?ザキじゃないですよ!
あぁーそうか!今日からお友達はサバにしたんだっけね~!!!」

名人
「・・・」
「・・・」
「何も言えね~」

ヨシミン
「私も届きません。。。
まずは腹ごしらえしませんか?
いま湯を沸かしますよ!サバじゃ釣ってもね~」

キヨーノ
「そうね、ラーメンでも食べようか!
サバだしね。ザキだったら頑張るけど、
ここは名人にザキが釣れ始めたら
俺たちも始動すればいいよね。
もうここは名人任せにしよう!」

名人
「あんたらも釣りしなさいよ!
俺ばっかり任せないで!」

ヨシミン&キヨーノは暖かいラーメンを食べて
体も温まったら猛烈な睡魔がやってきた。。。

キヨーノ
「あの~ちょっと横になるわ!
体力の回復させないとダメだから」

名人
「また~俺だけに釣りさせる気かえ~
どうせヨシミンも寝るんやろー!」

ヨシミン
「もちろんです。もう自分は寝ますよー」

そうしてキヨーノとヨシミンは車に潜り込み
さっさと寝てしまった。

時刻は0:30

ここから名人の一人旅が始まりる。
いままでアタリが全く無かった。
もうここは元町っく天国じゃ無くなったのか?
さっきキヨーノが不吉な事を言ってたけど
俺は信じたい!まだまだ魚が居る事を!!

信じ続けて2時間半。
コマセを撒き続けて2時間半。
耕し続けて2時間半。

その時がやってきた!
ちょうど風向きが変わった午前1:50
ようやく背中から風が吹くナライ(北東)の風が吹いた。
仕掛けがさっき以上に飛び、思い通りのポイントに仕掛けが入った。
さらに早かった潮がトロトロに変わった。

「サカナ~!!!
今のはサカナでしょ!
完全にウキが入ったでー!」

心の中で1人つぶやく名人。
ラインの先では魚がゴンゴンと言ってる。

お友達や!絶対ザキや!
思った通り、体格のいいイサキ釣れた!

「やっぱりおったでー
ザキはおるでー
あの二人が寝てるうちに釣りまくってやるで!」

その15分後。
同じ場所でまたウキが入った!

「またサカナ~
さっきと一緒!ザキやっ!
さっきより型が上がってきたで~
やっぱり元町は天国やっ!」

さらに20分後。
とんでもない事が起こる。
キヨーノとよしみんは完全に爆睡。
この間の出来事は全く知らない。

名人の流していたウキが入った!
条件反射的に合わせる!
一瞬魚が乗った!

「強いアタリが手元に来た!
ゴツン!!!おっーデケ~っ!
プツン・・・」

ハリス5号が秒殺で切られた・・・

「えっ、何いまの?
サカナだよな~?
まさか根がかり?
いやいや、間違いなく一瞬乗った気がした・・・」

半信半疑。
でも魚だと思う。
手が震える。

念のため針を交換し再度仕掛けを流した。
30分後。

強烈なアタリが名人の仕掛けに掛かった。
ウキがすとん!と入る。
名人が合わせる。

竿をアオル。
乗った?
軽くなった・・・
「えっ?また?
どしたん?何がおこってるん?」

仕掛けを撒き上げると今度は針が曲がっていた。
「え~っ!これはタマンやっ!絶対タマンの仕業や!!!
おるんや、ここにはおる。でつけえタマンがおるでー
これは釣らなーダメや!あの二人が寝てる間に釣らないと
そして勝負を決めないとダメや!!!」

針をもう一度結び直し。
完璧な状態で仕掛けを投入。

誰一人居ない堤防に1人。
車の中では二人ともデスってる。
1人気合が入った名人
30分後に同じようなアタリが来た!!!

「来た~!!!
間違いない、来た~
乗ったで~!!!
これは絶対取るで~!!!」

100M沖からゆっくり撒いてくる。
ゴンゴンと叩く&重い引き。

「タモ~!!!
キヨちゃん~!!!
タモたのもう~!!!
タモたのもう~!!!」

キヨーノは夢の中で名人の叫び声を聞いた。
こちらも釣り師の条件反射で起きる。
車の窓から名人の竿が思いっきり曲がる後ろ姿が見えた!

キヨーノ
「サカナ~!!!
タモ?
デカイの?」

名人
「デカイ!
タモが必要。
頼むからタモ持って来て!!!」

キヨーノ
「わかったでー!」

まだ寝ぼけている頭をフリフリしながら
タモを片手に近づいてみる。
よしみんはまだ熟睡。

名人の竿が曲がる、曲がる。

「タマンやと思うんよ!
さっき二回切られたんよ!」

「まじで?
タマンなの?」

「だと思うんよー」

あと30M。
ようやくウキが見えてきた。
「なんや重て~
これなんだろう?サカナか?」

撒いてくる道中で異変を感じた名人
サカナっぽくない。
あれ?もしかして?

ライトに照らされて浮かんできた獲物は。
ヒラヒラと空飛ぶタコのように海に浮かんで寄って来た。
思いっきり残念なサカナ。

「エイ~!!!
エイやっ!!!」

マジかよエイかよ・・・
絶対タマンと思ったのに・・・
マジか~・・・

キヨーノ
「タマンじゃないじゃん!」

名人
「いやいや、この前に二回切られてるんよ!
一回はプツン、二度目は針が曲がってよー」

キヨーノ
「ほんとに?」

ヨシミンもこの騒ぎに目を覚まして起きてきた。
「サカナですか?元気っすね~
あらエイじゃないすか・・・」

なんだよ~エイかよ~
タマンやねんかえ~

キヨーノ
「タマン居るの?それより他のサカナ釣れたの?
クーラー見ていい?あら!!!
アララ!!!釣れてるじゃん
それも島サイズのザキが3匹も!!!!
あらら~元町はまだ天国だったんだ~
なんだよ起こしてよ!ズルいね~」

名人
「ズルくないでしょ寝てるあんた等が悪いんよ
俺一人に釣りさせて耕したのは俺やからねー
ザキが釣れて強烈な当たりがあったら起こすはずねーやん
俺が釣るまで起こさないよ!」

キヨーノ
「いや~お蔭で目が覚めて来たよ!
なにタマンっぽいアタリがあったって?
よし分かった!俺も釣る。今から釣るよ!」

時刻は3:00

三時間近く仮眠を取ってしまったキヨーノとヨシミン
着実にザキを釣っている名人にこの時点で負けている。

キヨーノ
「俺はタマンが釣りたい!
以前にタマン釣った場所ってどこだっけ?」

ヨシミン
「もっとこっちでしたよ!
前に釣った時は!」

キヨーノ
「えっほんと?ここじゃないの?
もっと向こう?そうなんだ!
わかったじゃー移動するよ!もうここで勝負やっ!」

名人
「寝てていいよ!起きて来なくて
俺がしっかり釣るから寝てていいでー
もう夜明けも近いし、夜が明ける前に岡田港へ移動するんやろー」

キヨーノ
「何を言ってるんですか!
元町で結果出さなきゃ岡田なんか行かないよ!
今日は俺が巻頭なんだから元町で納得するまで動かんで!」

なんだよ~
マジで寝てていいのに。
エイ如きで起こさなきゃよかったな~
キヨーノが釣り始めると場が乱されるな~
(名人、心の声)

キヨーノも目が覚めて釣り開始!
ヨシミンはもう一度車中に戻り寝始めた!

キヨーノ
「なに?本当に切られたの?
ハリス何号?5号が切られた?
じゃ4号の俺はダメだな~
5号に変えるよ!」

キヨーノもハリスを5号に変えて釣り始めた!
完全に昔のタマンポイントに仕掛けを投入。
名人に飛距離では及ばないが、なんとなく以前釣ったポイントに仕掛けを入れる。

ウキが入った!

キヨーノ
「サカナ~!
やっぱり居るね~
なんだろう!あんまり引かないな~」

名人
「さかな?マジかよ!
またカメラ回さないとだよ!」

釣れた魚はオジサン。。。



キヨーノ
「まぁ~いいよ!
まずアタリを感じる事が出来たから
居るんだねやっぱりここに魚が!」

名人
「おるでー元町は裏切らんかったでー
はい、サカナ~!!!」

なに?名人さかな?
あらゴンゴン言ってるね~

キヨーノ
「なに?ゴンゴン?例のサカナですか?」

名人
「俺はもう言わないよ。
姿見るまでは慎重に行きますよ!
軽口は叩きません!もうあれだけ言われたら言いませんから!」

名人、しっかり島サイズのザキを釣った!
「はい、ザキですよ!
これが元町のザキですよ!
ミッション完了です!!!




う~ん、
やっぱりザキはあの距離まで飛ばないと喰わないか~
ちょっと不利だな~
(キヨーノの心の声)

キヨーノ仕掛けを投げて置きっぱなしにする。
名人の仕掛けを眺めていた。
その時、
「ジージージーーーーー」

サカナ!
キヨーノの置き竿にサカナらしきアタリが!
急いで竿をあおり合わせを入れる。

名人
「マジかよ!やっぱりキヨーノなの?」

キヨーノ
「サカナだ!!!あれっ
乗ってない?乗ってないよ・・・
なんだ?切られたか?
乗ったと思った瞬間にゴツンで終わったよ」

名人
「俺と一緒や!タマンやで!ハリス何号?
5号?一緒。一瞬で切られたやろー」

キヨーノも名人と同じ体験をした!
「まじかよー一発で切られたよ!
5号もダメ?分かった。じゃ俺は6号まで上げるよ
もうこうなったら博打だよ!喰って来たら儲けもん
イサキは捨てて完全にタマン狙いよ」

名人
「ハリス上げるか?俺はザキも追いたい
5号のままでなんとかするでー」

この判断が後々、運命を分ける。
ようやく深い眠りから覚めがヨシミンも釣りに参加。

よしみん
「みなさん切られたんですか?
えっキヨーノさんも?5号一発?そうですか!
私は4号のままで行きますよ!
どうせ飛ばないし、ザキが掛かったらいいですよね」

そんな無欲なヨシミンに神様は微笑んだ!
ヨシミン釣りを開始して二投目。
「あれっ!魚です!
結構引きますよー!」

「まじで~?よしみんなの?
あら~タマンやん!いいサイズのタマンやん!
アンタに喰ったか?マジかよ~巻頭サイズやん!!!」

ザキより若干大きいタマンを釣ったのはなんとヨシミンだった。

ヨシミン
「ミッション完了でーす!」

時刻は5:00。

もう夜が明ける。
明けたらタマンは喰ってこない。

名人
「なんだよーよしみさんが巻頭なの?
このまま行ったらヨシミンかえ~
ダークホースが出て来たな~」

ヨシミン
「私は無欲ですから!殺気が無いんですよ!」

名人
「う~ん、殺気か~
ま~でもキヨーノに巻頭取られるよりはいいか!
ヨシミンの方がいいか!」

キヨーノ
「なんですか?私はまだ諦めないよ!
夜が明けるギリギリまで粘りますよ!
そして夜が明けたら泉津に移動します!」

名人
「えっ、岡田じゃないの?
泉津に行くの?」

「はい、岡田はもうこの時間で行かないと場所が無いので
泉津港に行きます。そして朝から支部長と合流して最後の釣りをする
それまで、ギリギリまでここで粘ります!」

刻々と時間が過ぎる。
名人にもキヨーノにもアタリが無い。
ヨシミンはもう移動の用意をしてすっかり片づけ終わった。
余裕のヨシミン。

名人
「さて、俺も片づけるか!
もうこんなに明るくなってきたらタマンは終わりやでー」

キヨーノ
「あ~、来ないか?最後に一投だけ投げていい?
置き竿で片づけるから」

名人
「もちろんいいですよ!巻頭さんのおっしゃることですから」

キヨーノ最後の一投。
思い通りのポイントに仕掛けが入った。
それで置き竿にしながら片づけ始める。

その五分後。
事件が起こった!

「ジーーーーーーーっ!」

「えっ、サカナやっ!アタリだよ!」
思いっきり後ろに下がりながら合わせを入れる。
「乗った!!!」
「サカナ~っ!最後の最後にサカナ~!!!」

マジかよ!ここでサカナ掛けるか?
急いでカメラを回す名人
「何?マジでサカナなの?タマンか?」
「引く、引くね~タマンでしょう!
おそらくタマンでしょう!タマン臭がします」

疲れ切った体に対して相手は元気一杯。
ガンガン引く。
リールからラインが撒けない。
疲れてるから思い通りにやり取り出来ない。
それでもなんとか寄せてきた!

ヨシミン
「タモ準備OKです!
あっ、タマンっすねー」

タマンが釣れた!
最後の最後にタマンが釣れた!

「ミッション完了です!!!」



名人
「え~、こんな事あるんかえ~
ヨシミン巻頭でいいやん!
どしたん?またキヨーノが美味しい所もっていきやがった!!!」

悔しい~(名人、心の叫び)

はい、もう一度ミッション完了です!!!




夜が完全に明けた。
元町のサードラウンドが終了!
ここもキヨーノが最後に逆転勝利!

そして朝方から昼までの最終ラストラウンドの釣り場
泉津へ移動する。昨日はデカいアタリを目の前で見ている。
最後の最後にまたドラマが有るのだろうか?



人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓両軸遠投カゴ釣り☆



秋の回遊、久しぶりの大島へ!<第42回おやじ会> 最終



時刻は6:30

元町から移動して来た。
場所は泉津港。

先端には先客が一人。
邪魔しては行けないと言う事で我々は
一段高い場所に釣り座を構えた!

昨日の支部長達と同じ場所だ。
海の感じは全く違う。
風が正面から吹いて来て波も立っている。
雰囲気としてはあまり良くない。
それでも、もう後が無い。。。

途中で岡田港を覗いて来たけど
やはり先端はびっしりと釣り人が入っていた。
今、岡田は旬らしい。

名人
「もうここしかねーな~
泉津で最後にミラクル起こすしかねーで!
このまますんなりキヨーノに巻頭を渡すわけにはいかん!
絶対阻止やっ!」

気合が入る名人。
昨夜から一睡もしていない。
気力はあるけど体力はどうか?

一方のキヨーノ。
元町で全てのエネルギーを消費した。
もうほぼ抜け殻状態。
いちおう道具は出して見たけど投げる元気は無い。
様子見です。

仮眠十分のヨシミンは珍しく仕掛けを投入している。
前回の網代から何かが変わったヨシミン。
明らかに投げる回数が増えた!
通称「よしみさんですよね~」俺たちの知ってるヨシミンじゃない!
泉津でも最初のサカナコールを叫ぶ。

「はい、サカナ~!
と思いますよー」

おっとよしみさんですよね~

釣り上げた魚はムロアジ。




ムロですか!
水温は高いのね~

名人を見て見ると真剣に沖目を狙って遠投する。
投げる!捲く、投げる。撒く!
アタリなし。

しばらくすると支部長がやってきた!

「おはようございまーす!
名人、こっち入っていい?」

「どうぞ!どうぞ!もしデカイ魚が釣れたら
タモお願いするからねーよろしく!」

支部長が一段下の場所を釣り座に構えた。
支部長の仕掛けは上段に居る俺たちより飛んでいる!
反則だよってくらい沖に飛んでいく。
まさに「陸っぷね!」
いいね~支部長~!
飛び過ぎで違反切符切られるよ!

「まだ、まだ!追い風だったらもっと飛ぶよー」
怖ろしい。。。




キヨーノも仮眠を取っ少し体力を回復した
仕掛けを投げる。

魚~という元気も無い。
何か付いてるよ。




小さいザキが付いていた。
しかし、おやじ達は全員疲れている。
昨日からずっと釣りっぱなし。
仮眠は3・4時間。

名人に至っては30分くらいしか寝ていない。
もうほとんど体力を使い果たしたおやじ達。
時刻は10:00

誰も何も言わずに終焉が近い事を感じていた。
楽しみは乗船前の食事に気持ちが傾いている。
今日は出帆港が「元町」だから、いつものイカ丼が食べれない。
となると元町で一杯やるしかないか?

ヨシミンが道具を片づけ始めた。
それに続いて無意識にキヨーノも。
名人もついに諦めた。

「ふあーもうダメや~
集中力が続かんー
もうアカン~
終わりやな~メシ食べにいこうえ~」

終わった!
ラストステージはおやじ達の体力の限界でほとんど釣りに成らず。
仕掛けを出しただけの展開。

名人
「支部長~俺たち上がるよ!
えっ、そう!やめます。」

支部長
「了解ーす!おれっちもそろそろ上がりますよ!」

支部長に別れを告げて車は元町へ!
生ビール&ラーメンをやっつけて、今日の釣りの健闘を称えあった!

名人
「しっかしあのタイミングでよう出したな~
まさかタマンが喰ってくるとは思わなかったでー
執念やな~」

キヨーノ
「いえいえ、実力なんか無いですよ
道具が良いだけです!!!」

名人
「そりぁろうよ!道具はいいよ!
道具はいいけど俺にはタマン釣れなかったよ・・」

キヨーノ
「すみませんね~美味しい所を頂いて。
なんだろう?これって?
もしかして持ってるとか持って無いとか?
そんなお話しかな?」

名人
「あぁー悔しいな~よしみちゃんどうなん?」

ヨシミン
「そうですね~
俺の巻頭で良かったですよね~
あそこで釣らなくてもね~」

キヨーノが釣らなければヨシミン巻頭だったのに。。。




帰りの船が迎えに来て最後もやっぱり
お疲れ様の乾杯!

名人
「巻頭はキヨーノ!あんたに決定やっ!
これで二連勝か?
次回は全力で止めにいくで!」

キヨーノ
「まだ二回じゃない!
名人の称号まではあと三連続が必要でしょ!
厳しいよー
でもちょっとお知らせいいですか?
おれ来月切腹決定なんですよ!」

名人
「えっ、どしたん?
なんで切腹?」

キヨーノ
「大変申し訳ないんだけど仕事でオーストラリアに
半月行ってくるんです。だから釣りに行く暇が無いの・・・」

名人
「あら~、出たよ!
このブルジョア的な感じ・・・
何がオーストですか!仕事?いいね~景気がいいね~!
海外出張ですか?
はぁーだよな~!よしみん!どう思うかえ~」

ヨシミン
「ずいぶん景気がいい話ですね!
このご時世に海外出張ですか?」

キヨーノ
「仕方がないでしょ!仕事なんだから!
俺だって行きたいよ。でも二週間もオースト行って
帰って来たらまた別の仕事に追われるから
行けないの!無念の切腹なのよ!
シコちゃんとは理由が違うのよ!
マネーじゃないの、時間が無いの・・・」

そうですか!おやじ会より仕事優先ですか!?
寂しいな~
俺は寂しい。20年間付き合って来て・・・
って嘘だよ!
でもキヨーノが居ないとなるとこりや困ったな~

「何を言ってるんですか?
俺が行かなければ必然的に巻頭は名人に!?
絶好のチャンスやっ!と思ってるでしょ!」

名人
「そんなバカな!
ヨシミンだって、シコちゃんだって次回はチャンスあるでしょ!
みんな釣り師なんだから。俺だけ有利って事はないでしょ・・・」

含み笑いの名人
キヨーノが来ない事でチャンス大。
巻頭になって12月は巻頭対決と行こうじゃないか!
目論みが見える名人。

そう、次回はキヨーノが切腹です。
その代り刺客を用意してますから次回もこうご期待あれ!
それでは今回も応援頂いた皆さんありがとうございました!!!

釣果結果

キヨーノ




名人




ヨシミン





人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓両軸遠投カゴ釣り☆





今度こそ!島へ…



おやじ達が釣りに出掛けようと予定すると
台風って奴が邪魔をする。

今年は本当に島遠征が行けてない。
赤煙突の愛する離島が恋しい。
次回ももちろん島を目指します!

台風は何とか通り抜けてくれそう。
ウネリという残り香を残して・・・

今回の参加メンバーは精鋭3人
-------------------------------------
名人
キヨーノ
ヨシミン
-------------------------------------
ナマダマンや四子武士が参加予定でしたが
悉く切腹。

良いんです!
少ない方は集中して釣りが出来るんです!

さぁーどこの島に行こうかな?
八丈あたりじゃシマアジが乱舞してるらしい。
回遊の季節だし楽しみです。



人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓両軸遠投カゴ釣り☆




またっ?台風のコノヤロ!<第41回おやじ会>1




巻頭は久しぶりにキヨーノ!?
イナダ?ワカシ?風な魚を釣ってホッとしたご様子。

今回も台風直撃の影響で島遠征をキャンセル(船が出ない・・)して
東伊豆へ向かったおやじ会。
はたして伊東のイガちゃんをビックリさせる事が出来たんでしょうか?

釣行3日前から既に仕込みは始まっていた。

名人
「キヨちゃん、天気どうなんかえ?
どうして利島に行こうと思うと天気が悪くなるんや・・・」

キヨーノ
「なんか沖縄の下にある台風が進路変更したらしいじゃん。
参ったよねーこのままじゃ島はアブないよね」

名人
「多分、トシコは絶対無理。行けたとしても大島やん。
もう島は無理な感じで考えておかんとダメやなー」

キヨーノ
「そうなると行先は?」

名人
「伊豆になるだろう。
伊豆と言えばイガちゃんだろう!
イガちゃんサプライズ第二弾って事にしないと
全国のみなさんは納得せんやろー」

キヨーノ
「やっぱそうなるよねー
ここはイガちゃんとの遭遇リターンで盛り上がるか!」

名人
「そうやで。今日からイガちゃんにバレないよう
仕込まんとダメやで、電話も出ちゃダメ。
あくまで島へ行く体にしないとやで」

イガちゃんサプライズ企画がスタートした。
釣行前日にイガちゃんから着信があった。
みんな揃って電話に出ない。

不思議に思ったイガちゃんは切腹の無事と連絡と取った。
武士は僕らのサプライズを知っているから、
「島へ行くって言ってたけどね~
いま準備で忙しいから電話に出れないんじゃない」

なんて適当に答えて煙に巻いた。
イガちゃん的には一抹の不安を抱えるっが、
まさかまた来るとは思っていない。

そうして釣行当日。
案の定天気は最悪。
台風17号が本当直撃する進路



どう考えても島は無理。
いや釣りなんかもってのほか。。。

それでも釣りがしたいおやじ達は網代の部長に連絡を取った。
すると部長さん

「いまはソーダが出てますよ!朝方はイナダも回ってるし
台風前だから釣り人も少ないから狙い目ですよ!
来るなら夜中から来て貰えれば十分釣りできますよ!」

と台風なんかあまり気にしないで大丈夫です的な軽い感じで返答があった。

名人
「これは行くしかないでしょ!午前中だけでもイナダ釣って
あとはイガちゃん家で宴会すればいいやん!もうシナリオ決まったでー!」

キヨーノ
「いいね、イガちゃんサプライズをして釣りして
宴会して翌朝また釣りが出来ちゃうの?」

名人
「あなたも貪欲だね~
もちろんですよ!今回はナマダマンも参加するから
思いっきり釣りさせてやりてーんや!」

と言う訳で台本が決まればあとは実行あるのみ。

「敵を欺くにはまず味方から」ミッション発令!

伊豆へ行く前にわざわざ東海汽船の待合所(竹芝桟橋)へ寄って
あたかも島へ行く風な写真を撮る。

そしてツイッターで「いまから島へ行って来まーす!」とつぶやく。
それをみたイガちゃんはホッと胸をなでおろす。
「今日は来ないな!」と思っている所を叩き起こす!
この小芝居を見破る事ができるか?




竹芝桟橋を後にして、今回の参加者は以下の通り
-------------------------------------
名人
キヨーノ
よしみん
ナマダマン
-------------------------------------

の四人。

シコ負債はやっぱり切腹。
訳は聞かないで。

夏祭りの死相を見たらわかるでしょ!
シコちゃんは今、大変なのよ。




シコちゃん無念の切腹!
もはや今年は見納めか?

そんな不景気をぶっ飛ばすように、
おやじ達4人は首都高をぶっ飛ばし東名に入り海老名で休憩。

時刻は午前0:30
よしみん
「いいペースですね。
この調子で行けば2時には伊東に着きますよ」

ナマダマン
「イガちゃん、大丈夫ですかね?
ちゃんとツイッターみてるかな?
怒らないっすかねー」

名人
「大丈夫、イガちゃんは怒らんよ!
たとえムッとしても怒りはせんよ!
だって赤煙突を愛してるから」

キヨーノ
「そうねーイガちゃんは受け入れてくれるよ。
その前にツイッターをちゃんと見てて欲しいねー
俺たちの陽動作戦に掛かって欲しい」

名人
「大丈夫やろ、間違いなく不意を衝くよ
俺は確信している。
そして俺は今話題の3,500円のカツカレーを食べるでー」




キヨーノ
「なんのこと?」

ヨシミン
「政治関連の話ですよ!」

キヨーノ
「ダメダメ、政治はダメよ!
政治の話だけは勘弁して
全然面白くないんだよ!」

ナマダマン
「分かります。名人は気付くと政治トークになって
俺も実際つまんないんすよ!言えないけど・・・」

名人
「なに~!政治は楽しいでー
あんたら日本の事を真剣に考えてるんかえ~」

キヨーノ
「ダメダメ、政治はダメよ!
俺たちは釣り!釣りの話に集中してください。」

名人
「それはそうや・・・
カツカレーが冷めるから食べちゃうよ・・」

よしみん
「そうしてください。
自分は夜中のブタキムチ定食やっつけますよ!」




ハイチーズ!

名人
「よしみちゃん!あんたカメみたいやで
もう首と頭の区別がつかんほどメタボやでー
人の事を言えんけど・・」

海老名で休憩が終わり、一向は東伊豆へ向けて走る。
時刻は1:30

熱海を過ぎ、網代も過ぎて宇佐美に入った。
するとヨシミンが気付く。

「あれ?なんか山が燃えてるよ!」
「えっ、あっほんとや?」
「火事やん!火事だよ!」
「ストップ、ストップ。これは事件ですよ!」

周りには誰も居ない。
山の中の家らしき所から激しく火が出てる。
車も走っていない。

おやじ達は車を停車させ、急いで119番へ電話した。
「今、火事を見つけました。場所は・・・」

地元の人も車を止めて場所を説明してくれた。
なんと赤煙突が第一発見者&通報者になった。

程なくして消防車やパトカーが数台駆けつけ
対応していたのを見届けてその場を去った。



名人
「火事はこえーなー
あっと言う間に燃えたでー
明日、サミーちゃんに
その後の状況を詳しく聞いてみようえ」

さぁーいよいよ。
伊東の街が近づいて来た!

時刻は2:20
「まだはえーかな?_
今日は土曜だし起きてるかもよ?
いや、大丈夫やで疲れて寝てるよ」

イガ邸に到着。
イガ号はしっかり駐車されている。
「おるで!
絶対おる!」

いよいよサプライズの瞬間。
家のチャイムを押すキヨーノ!

いくよー!

「ピンポーン」

・・・

「ピンポーン」

・・・

あれ?
寝てる?
チャイムを6回鳴らしても反応無し。

「いねーのか?」
「よしみんイガちゃんに電話してみてよ!」

すると本人が電話に出た!
「あのーイガちゃん何やってるの?
こっち?こっちはね船の上かな・・・
えっ近くの居酒屋さんで呑んでる?
なに家から2分の場所にあるの?
へー右。左どっち?
えっ、船の上だよ伊東に居る訳ないじゃん・・・」

既に感づかれている。。。
そして夜中の住宅街に明かりが付いた看板
「居酒屋 花紋」のネオンを見つけた!

「あそこやねんかえ~!
あそこしかねーで!
ほらイガちゃんの声が聞こえる!
ここや!突撃やっ!!!」

こんばんわ~
お邪魔しまーす!

イガちゃん
「やっぱり来たんだー!!!!
この人たち悪いね~
もう電話で気付いたよ
ヨシミンが電話口で息切らしてるらー
あっ近くに居るっておもったね。
しっかし悪いね~この人たち。
昨日は誰も電話に出てくんねーし。
最悪だよ!
ツイッター?今日は忙しくて見てないよー
そんな暇無くて、いまこうしてようやく落ち着いて
お酒を頂いてるとこよ!
ツイッター?全然見てない、見てない!」

おやじ達一同。ズッコケまくりました。。。
わざわざイガちゃんの為だけに小芝居を打ったのに。。。
見ていない。

虚しい=ムナシス・・・

こんな夜中まで営業している「居酒屋 花紋」さん
先日の夏祭りにも来て頂いた妖艶なママさん。

「じゃー、一杯頂こうかしら!
ママ、ビール貰えます?
もう呑んじゃうよ!」

イガちゃん
「呑みな、呑みな、今日は台風で釣りなんか出来ないよ!」

キヨーノ
「それがさー!網代でもう場所を抑えたのよ。
部長さんがアテンドしてくれて。
あとはもう行くだけなの!」

イガちゃん
「えー!行くの?
いつ?今から?
マジで・・・」

名人
「あぁーそうですよ!
ここで一杯頂いて頃合いみて釣りでしょ!
イガちゃんも無理やり連れてくよ。
大丈夫、運転手は酒呑んで無いから
その分我慢して貰ってるから」

イガちゃん
「赤煙突恐るべしだらー」

花紋さんを後にシテ
イガ邸に到着。




時刻は4:00
「釣りに行くの?マジだよ?
行くのね。わかった。それじゃグリスアップするから
ちょっとまってて!
いまから?そうだよ釣りの直前グリスが一番効果的なんだから
時間が無い?誘っといて時間が無いなんて言わせないよ
おれはゆっくりペースでチューンするらー」

そういってグリスアップを終えてようやく網代へ到着。
部長さんと合流してまだ暗い堤防に場所をセットする。
僕らが一番と思ったけど先端には既に3人程の釣り人が居ました。




「部長~!ご無沙汰です。
この間はお世話になりました!
今日のお騒がせしますよー!
しっかりサポートお願いします」

「任せてくださーい
ウルさいのは知ってますから!
それと今日は哲籠さんも一緒に参加させてください」

どーぞ!どーぞ!
ぼくら騒がしいけど心乱されないよーに。

さぁーさっそく仕掛けを組もう!
あれっイガちゃんが寝てるでー




そっとしといてあげよーえ!
この人も朝から働いて寝てねーんやろ。
俺たちに付き合ってくれて優しい男だよ。
キヨーノだったら絶対来てねーよ!

キヨーノ
「おい、おい。私を出さないの!
だって眠いもん。堤防なんか行かないよ」

ほらな!
この男は薄情なもんよ。
さぁーみんなでキヨーノ包囲網を作るで。
釣らせないぜー!




夜が明けてきた。
そして部長の釣り開始のGOサインが出た。
「もう出来ますよー
ウキ?あぁー見えなくても大丈夫です。
イナダだったら手元に当たりが来るから」

そんな事を聞いたら黙っては居られない。
せっかちなキヨーノがもう仕掛けを投入している。

部長からタナを聞いてセットしてウキを流す。
確かに暗くて何も見えないけど、あたりを待つ。
アタリなし。。。仕掛けを巻き上げる。
他のメンバーもようやく準備が整った。




さっきまで爆睡だったイガチャンも夜明けとともに起きて仕掛けを作る。
流石釣師だね!

籠哲さんと挨拶を交わし
「今日はお邪魔させて頂きます。
1日よろしくお願いします。」
「いえいえ、こちらこそウルさいですけど
気にしないで自分の釣りをしてください!」

みんな一斉に仕掛けを投げ入れる。
っとそこで2投目のキヨーノに当たりがあった。

キヨーノ
「サカナ~っ!
サカナですよ~!
さかな、サカナ、魚~っ!!!!」

名人
「朝からウルさいね~
いいよそのテンション!
さっそく撮影ですか?って俺しかカメラ居ないね。
回しますよ~」

キヨーノ
「え~サカナです!
これは間違いなくサカナですよ!
ものは?そうだねおそらくイナダ君でしょう!」

名人
「マジかよー朝一発目からこいつのミッションみるの?
やだな~、やだな~、なーんかやだな~
増税反対~っ!!!」

ナマダマン
「政治はダメですって!」

名人
「あっそうか?失礼。
さぁー物はなんだ!なんだ!なんだ!
物はなんだ?」

部長
「タモ入れる?」

キヨーノ
「お願いしますー!
一発目は慎重に獲りたいです!」

お見事キヨーノ
しっかり本日の本命。
ワカシ>イナダ?釣りました!!!

ミッション完了です!



名人
「いや~釣りやがったな~!
こいつが一番最初に釣りと厄介なのよー
部長!釣らせちゃだめよー!」

部長
「こればっかりはねー
運もあるし、一番に仕掛け入れてたし
馴染むのが早かったんじゃないですか」

キヨーノ
「部長さんの言う通り。
ほらチミ達も僕の習ってしっかり釣るんだよ!」

よしみん
「出ましたね、おやじいびり。」

キヨーノ
「よしみんも海を眺めて無いで
釣らないとサカナ言えないよ!
俺はこれで完坊を抜けたよ」

ナマダマン
「えー今日は完坊ルールあるんすか?」

名人
「残念ながらあるんよ!
今日はスポットじゃないから
オフィシャル=公式戦だからさ
みんなしっかり釣らないとダメだよ。
もちろんイガちゃんあんたもやで!」

イガちゃん
「えーっ俺も参加しないとダメなの?
さっきまで寝てたよ!おれ部外者じゃないの?」

名人・キヨーノ
「何を言ってるんですか?
ここに来たって事はしっかりエントリーして貰いますよ!」

イガちゃん
「まじで!
じゃ真剣にやらなきゃダメじゃん!」

名人
「当たりマエダのクラッカーだよ
みんな真剣だからね!」

ナマダマン
「クラッカーってなんすか?」

名人
「細かい事はいいんだよ!
政治の話しに戻すぞ!」

キヨーノ
「ダメ、ダメ、政治はダメよ!
場がシラケるから。籠鉄さんにも言っておきますよ。
名人に政治を連想させるキーワードは絶対NGですから!」

籠鉄さん
「わかりました、何が悪いかわかりませんが
取りあえず了解しました。気を付けます」

イナダが釣れて周りの釣り人も堤防が一気に熱くなった。
さぁー2匹目は誰が釣るのか?

「さかな~っ!!!
魚ですよ~っ!!}

ナマダマン
「え~またキヨさん?
ツイてるな~
なんでキヨさんばっかり?」

サカナ~!
これもさっきと一緒かな~
サカナだよ~
カメラまだかな~

名人
「わかってるよ!コノヤロー!
なんでキヨばっかり釣るんや?
2投連続やん。」

キヨーノ
「どうもすみません。
道具がいいもんでー!」

今日のカゴはBBアンタレスライト(8号・中)を使用
腕じゃないよ。
釣りは道具ですよ。

BBシステムがしっかり作動してるよ。
いいね~名人。
いい仕事してますよ~

名人
「ムカつくな~
俺がカゴ作者なのに、カメラを持っているなんて・・・」

さぁーものはなんだ?
やっぱり同じイナダちゃん。

はい、ミッション完了です!


キヨーノ
「なんかわりーねー俺ばっかり釣っちゃって。
いいのよ!遠慮なく!うん、俺は休憩してるから
みんな釣って。」

名人
「悔しいー、絶対釣りてー!
キヨが最初に釣るといびりがキツイのよ・・」

籠鉄さん
「赤煙突って熾烈なんですねー
この状況で釣らないとですか?」

キヨーノ
「はい、てっちゃんは大丈夫。
自分のペースでやってください。
これはメンバーに課せられた十字架ですから。
このパワハラの中で結果を出す!
これが赤煙突です。
ねー名人!?」

名人
「分かったよ!釣ればいいんだろ!
釣りますよ、ちょっとまってろコノヤロー!」

サカナ~っ!
誰~っ?

えーイガちゃんかえ~

キヨーノ
「おぉーイガちゃんも続いたね!
おれがカメラ回すよー
余裕だから。はいサカナ~!」

イガちゃんも見事にイナダを釣ってほっとしたご様子。

イガちゃん
「いや~完坊ルールアブねー!
一匹釣るまで気が抜けないねー
良かった!イナダ君が来てくれて。」

はい、ミッション完了です!



おまけにバックからもミッション完了です!



だんだんと場が暖まって来ました。

ナマダマン
「俺もサカナですー!!!」

名人
「えっーそっちかえ~?
マジだよ?ナマダ?」

ナマダマン
「マジです。サカナです。
ものは分かりませんが、引きますよー!」

マジかよ~
ナマダも釣っちゃうの~?
シビれるな~。

ナマダマン
「あぁーなんだ?
イナダかな~?
いや違う。
ソーダだ?
ソーダかつおです」

名人
「なに~!もうソーダの時間なの?
イナダは何処へ行っちゃった?」

ミッション完了です!



時刻は7:00

朝5:30からスタートしたイナダタイムが終了した。
その後はイナダのイの字も出てこない。

ソーダ&サバのオンパレード。

名人
「おぉー俺もサカナだよ!
でもソーダやっ!」

キヨーノ
「あれっ、名人!
ソーダを侮辱するような発言は良くないよー
回遊の代名詞!前回ソーダ大好きって言ってたよ」

名人
「好きですよ!
好きやけどー
今日はソーダじゃダメなんやー!」

もうヤケクソ!
ミッション完了です!!!(ハガッ)



一通りのメンバーが完坊から脱がれることが出来た。
回遊が回っていれば当然リスクは低くなる。
っが一人存在感を消している男が居た!

彼の名を「ヨシミン」と呼ぶ。
相変わらずスタートで仕掛けを作るものの。
一向にウキを投入しない。

海を眺め周りを眺め。
運転手から開放されたビールを飲んで
のんびりゆったり海を楽しんでいる。

名人
「あの~よしみちゃん?
あんた釣りやらんのかえ?」

ヨシミン
「だいぶ場があったまって来たので
そろそろとは思ってますよ!」

名人
「そろそろってもうイナダの時間は終わったでー
あんたも今日は完坊ルールに強制参加やからね」

ヨシミン
「え~まだ1投もしてないから
参加してませんよ!」

キヨーノ
「そう言われれば、釣りしてないね。
でも投げたら参加したことになるよ!」

ヨシミン
「それはマズイですね~
もうちょっと検討してからスタートしますよ」

余裕なのか?
疲れてるのか?
ヨシミンスタイルにイガちゃん呆然。

「ヨシミンって釣りしないよね~
周りが釣ってても己を貫くよね~
ある意味強いよね~」

時刻は9:30
台風が刻一刻と近づいて居ています。
釣りが出来る時間もあとわずか?
さぁーヨシミンは釣り開始するのか?
そのまま撤収で帰るのか?

続く!



人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓両軸遠投カゴ釣り☆




またっ?台風のコノヤロ!<第41回おやじ会>最終


 

本当に台風なんか来てるの?
そんな天気&凪。

誰もが天気予報をにらんで、
「いま四国あたりに来てるよ、
あと一時間で三重に上陸らしいよ」
などなど言ってるけど。

ここ網代にはまったく気配が無いです。
穏やか過ぎるくらいべた凪。

ソーダの時間からサバの時間にも入り
投げればどっちか釣れる展開に入ってきた。




だけど本命のイナダはもう居ない。
棚を深くしてもサバが喰ってくる。
さびしい状況

それでも朝のラッシュに乗り遅れた方々が
次々にミッションを完了していく!

名人
「えーえー、わたくし乗り遅れましたよ。
すっかり乗り遅れました。
サバやソーダで楽しませてもらってます。
何か?悪いですか?」

キヨーノ
「いえいえ、名人にとってソーダは第二の親友だから
私は何も意見はありません。滅相もございませんよ。
自分は外道のイナダを釣りましたんで。
二匹も!
もう十分でございます!!!!」

名人
「あームカつく。なんかムカつくな~
部長!この人に釣りさせないで。」

籠哲さん
「あっ、僕にもサカナですー!」

おぉー来た~!
はい、サカナ~
サカナ、サカナ、サカナ~!

周りがうるさくて集中できません。。。

それでもしっかりソーダを釣り上げた。
てっちゃんおめでとう!

ミッション?
言わせたい!
部長も一緒に?

「ミッション完了です!!!」



いいね~
これでほとんどのメンバーは釣ったね。

あれっ、忘れてませんか?
もう一人。

海を眺めて既に2時間が経過。
いまだ仕掛けを投入しない男。
その名もヨシミン。

ヨシミン
「僕にはペースがありますから。
そろそろとは思ってますよ!」

既にビールを4.5本やっつけたヨシミン。
もう撤収しても?そんな馬鹿な。
一回も投げずに撤収するの?

っと思っていたら時刻は10:00
ようやくヨシミンが仕掛けを投げた。

名人
「おぉーあんたも参加したってことね!
ゴングがなったでーもう逃げられんでー」

ヨシミン
「大丈夫ですよー
なにかしら釣って見せますよ」

この一言があとあとプレッシャーになる。
周りではコンスタントに釣れる。

サカナ~
はい、ミッション完了です!



イガちゃんはサカナ釣りに飽きて
もう気分は遠投大会!
「どこまで飛ぶかな~?」
「イガちゃんそんなに飛ばしたら場が荒れるから」
「だって負けたくねーんだもん」
「いいんだよ、負けるが勝ちよ!」
「いや、俺は何も言えねー」

余裕のキヨーノは記念撮影なんかしちゃったり。



もう気分は宴会へ移ってる。

キヨーノ
「もし雨が降ってきたら撤収だよ
政治もダメだけど雨はもっどダメ。
早々に帰るよ」

名人
「いいでー雨になったら帰ろうえー
でも雨でも粘らないといけない人が一人いるでー」

ヨシミン
「あの~30分経っても何もこないんすけどー
もっと簡単に釣れると思って参加したんすけどー
どうなってますか?」

そう、仕掛けをいい所に流しているけど
ヨシミンには来ない。

その代わりチョイ投げのナマダマンのポイントに
サバやソーダが入れ食いで彼は今日一番の数を釣り上げた!

ナマダマン
「いや~面白いっすねー
おれ底物も好きですけど、いままで釣りが良くわかって
無かったです。カゴ釣り仕掛けがからまったりで敬遠してたんすけど
こんなに面白いと思いませんでした。
自分ようやく釣りの面白さが分かってきました。
これだけ釣れたら確かに面白いですよねー」

イガちゃん
「ナマダ、今日まだ一匹も釣ってない人がいるんだから
ちょっとは気を使ったらどうだい!」

ナマダマン
「あっ、失礼しました。よしみさん」

名人
「あらっ、よしみちゃん後輩にまでプレッシャーかけられちゃって大丈夫?
雨降っても撤収できないよ・・・
あの目指し帽かぶる?この暑い中?」

よしみん
「予定ではもう一匹釣って帰り支度なんすけど
なんで釣れないのか分からないんです・・・」




そろそろかな~
と思っていたところにようやく
よしみん
「あっサカナです!
よかった~
サカナが乗ってくれた~
助かった~」

ミッション完了です!



よしみん滑り込みセーフ!
これで全員がカンボウを逃れることが出来た。

もうまったりしてきた堤防に僕らの大先輩
G藤さんが見に来てくれた。

G藤さん
「おぉー今日はメンバーそろい踏みだね。
どう釣れてるの?」

名人
「あぁーG藤さんこの間の差し入れありがとうございました!
いやマジで旨かったすよー
今日は仕事ですか?えっあー午前中だけ仕事。
じゃー午後は釣りしますか?」

G藤さん
「いや、午後は雨でしょ!
よかったらみんなで俺んちで酒でも呑もうよ!」

名人
「マジですか?
いいんすか?俺たちウルさいですよー!」


G藤さん
「いいよ、いいよ!遊びに来なよ。
一杯やろうよ!」

名人
「そうと決まれば了解です。
もう時期止めますんでお邪魔させて頂きます」




そうして結局この後
11:30に雨が降り出し全員撤収。
波はまだまだ穏やかでした。

だけど雨が嫌いだからG藤邸へ移動
みんなで飲み会が始まった。



名人とG藤さんは焼酎のビール割り。
恐怖の「爆弾」をやってました。
当然ながら足腰にグンと来る酒。

アルコールを原酒で呑んでるようなもんですから
聞きますよね~
気づけばG藤さんも名人もダウンしていました。。。




日が暮れて来たのでG藤邸を後にして
今度はイガ邸に移動。

今度はイガちゃんお手製の手料理でまたまた宴会スタート!
沼津から支部長も駆けつけてくれて。
またまた盛り上がる赤煙突。




乾杯ー!!!

いったい釣りに来たのか呑みに来たのか
分からなくなって来た。
懸案だった台風も夜になってようやく本気を見せて
風が激しく暴れていた。













それでも深夜1時にはすっかり抜けて
静かな夜に!

明日も朝から網代で釣りですか?
部長から普通に連絡が来た!

名人
「行けるんだったら、行こうえ~
俺たちは釣ってなんぼでしょう!」

キヨーノ
「そりやそうだよ!部長~行きますよー
活かせていただきますよ~」

翌朝3:30にイガ邸を出発。
眠い目を擦りながら網代方面へ車を飛ばす。
途中の宇佐美の先のトンネル手前のエサ屋で
店主がおきて来なくて軽く販売拒否されたけど

別の場所でなんとかエサを調達し堤防へ到着。
さすがに釣り人ゼロ。
先端も空いていました。

台風だもんな~
ちょっと風が強かったけど波は穏やか。
昨日とそん色なし。

仕掛けを作るおやじ達。



イナダタイムはもう少し。
昨日の感じだと午前5:30~7:00までがイナダタイム。

この時間以外は釣れない。
ソーダとサバに変わる。
だから昨日釣っていない名人&ヨシミン、ナマダマンは気合十分

絶対に一匹は釣ってやるという闘志がメラメラと感じます。
一方、昨日2本釣っているキヨーノは余裕。

キヨーノ
「昨日釣ってますから自分は何処でもいいですよ。
みなさん希望の場所に入って頂いていいんですよー」

名人
「いやいや、いいですよ。
見ての通り今日は貸切だから、ここで十分です。
そんな2.3メートルしか変わらない場所でここがいいなんて
口が裂けてもいえません」

あさから口撃合戦が始まっている。

「暗いけどもう投げたほうがいいですよ!」
部長さんの号令で釣りが始まった。

ファイヤー!!!
今日は全員、定時にスタートした。

珍しくよしみんも参加している。
よっぽど釣りたいと見える。
いいね~この緊張感がたまらない。

罵り合いが始まる。
「え~、昨日の感じだと手元に来ますよ
あたりは手元にゴツンと来るからね」

「はぁー私は釣ってないから分かりませんが
一応頭に入れておきますよ、一応ね!」

「この時間だったかな~
釣ってない人にはわからないよねー」

夜が完全に明けた6:30
最初の雄たけびが上がった!

キヨーノ
「はい、サカナ~っ!!!」

一同
「マジかよ!
またキヨかよ!
キヨさんまた~?」

空気の読めないKY-NO
またキヨーノがサカナを掛けた!

名人
「なんでアンタから釣れるんだ?
イナダかよー?」

キヨーノ
「いや~わりーね~
この感じはイナダ君なのかな~
この時間だからね~
イナダだろうな~
なんかごめんね~
やっぱ道具がいいからかな~」

慎重にサカナを寄せてきた。
ナマダマンがタモを用意する。

名人
「んっ、イナダじゃねーぞ!
横に走ってるし・・・
あれっ、サバじゃん!」

キヨーノ
「あらっ、サバ~・・・
なんで~この時間からサバが食うの???」

他のおやじ達の心の中で
「やったー!
コイツがイナダじゃなくて良かった!
ザマーみろ!キヨーノ!」

キヨーノ
「あれっ、俺には聞こえる
あの声が!みんな安心していいぜ!
サバだったよ、そうみんなの期待に応えて
サバを釣ったよ!そう俺はKYじゃねーぜ!」

名人
「いや~残念だったねー
間違いなくサバですよ
さぁーこっちはイナダ狙って頑張るでー」

悔しい・・・(キヨーノ)
ここで一本釣れば止めを刺せることが出来たのに・・・
釣りの神様は意外な演出をする。

「サカナ~っ!」

えっ、誰?

ヨシミン???

「サカナです!
これはサカナですよ!」

キヨーノの仕掛けの直ぐ奥でヨシミンのウキが消えた。
見ていたキヨーノも魚と確信した。

キヨーノ
「おれ目の前で見てたよ
あれはサカナです。イナダの可能性高い!」

名人
「マジかよ、よしみん?
イナダなの~?」

予想通り見事なイナダを釣り上げた!
ヨシミン!!!

「やりました!イナダです!
これで東京に帰れる!俺も帰れますよ。」

さぁーミッション完了です!




なに~っ!
イナダを釣らなきゃ帰れない?
いつからそんなルールが出来たんや?
俺はきいてねーぞ!
絶対認めんでー!!!
でも釣りたい。。。
イナダ君。

ヨシミンに本命が来た事で逆にプレッシャーが大きく圧し掛かる名人。
ヤベー俺が釣らないで帰ったら何を言われるか分からんでー
ヤベー、マジヤベー!!!

あせる名人
「サカナ~っ!」
「これはサカナやろー」
「サカナやけど問題はイナダなのか???」

慎重に巻き上げる。
サカナが手前に突っ込む。
この感じは?

「やったー!!!
イナダやっー!!!
おれもイナダが来たー!!!
絶対あげるでー!!!}

名人も見事にイナダを釣り上げた!!!
マジで危なかったでー

ミッション完了です!



名人もイナダを釣ってほっと一息。
「え~と、今日はまだ本命を釣ってない人がいたっけ?
誰だっけ?あぁーキヨーノか?
あっそっか、君の今日の本命はサバだっけ?」


キヨーノ
「サバですよ!まだサバしか釣ってませんよ!
出来ればイナダを釣りたいですよ。。。
でもサバしか喰ってこないのよ」

その後もヨシミンが順調にソーダ&サバを釣り上げる。
珍しい!こんなに竿を振り込み姿を見るのはかなり珍しい。

名人
「あの~隣で釣ってる方
よしみさんですよね~」

キヨーノ
「なんか俺も別人見てるようだよ
よしみさんだと思いますよー」

よしみさんですよね~
「はい、新生ヨシミンです!
今日で何かを掴みました!」

いまごろ~!!!!!




その後もコンスタントに遠投しミスも無し。
珍しい、珍しすぎるヨシミン。

ナマダマンはスピニングリールで参戦しており、
今日は台風の影響で風が強く距離が伸びない。
両軸を投げる他のおやじ達と釣果がまったく違う。
スピニングは不利。
そう感じたナマダマン。
部長から悪魔の囁きに耳を傾けた。
「おれの両軸の仕掛けて投げ練してみる?」

気づけば魚釣りを止めて
後ろで部長主催の両軸遠投投げ練講習が始まっていた。
1時間弱の講習でどっぷり両軸の魅了を教わり
しっかり両軸リールも授かっていた。

ナマダマン
「両軸いいですね~
凄い難しいイメージがあったんすけど
部長の教え方凄い。うまいんすよー
そして練習ようにって両軸リール貰っちゃいました!」

名人
「おまえやったな~リールまで貰って
いい勉強になったろー」

ナマダマン
「はい、次回の釣行で自分はカゴ師になります。
竿もリールも新品を用意してカゴ師の仲間入りします!」

ここでも一人。
底物を捨て、上物のカゴ師が誕生した。
でも彼の本命はあくまでナマダ。
カゴでナマダを釣ることが至上命令です。

時刻は8:00
ここで宇佐美からゲストが登場!




サミーちゃん
「どうも!
みなさんまだ居るって聞いて様子を見に来ました!」

名人
「おぉーサミーちゃん!
ありがとうねー
おかげさまで釣れたよ!
イナダ!だいたいみんな釣ったよ!」

サミーちゃん
「そうっすか。よかったっすねー
この後のランチ待ってますから食べに来てくださいよー」

名人
「もちろん、行くよー
じゃーまた後でね!」

この後もだんだん風が強くなり当たりも少なくなって来たので
釣行終了!!!

部長と最後に記念撮影を行い。
また網代に来ることを誓った。

部長さん
今回も面倒掛けましたがありがとうございました。

G藤さん!
また飲みに行きますよー




網代を後にして、
やっぱり東伊豆に来たら。
ここに寄らないわけには行きません。

宇佐美の「金華」さん 名人
「どーも!
来ちゃましたー!
今日は定職頂こうかなー
酢豚定職と肉ナス炒めとギョーザーとタンメンと
適当にお願いします!!!」








サミーちゃんお手製のギョーザ&ビールで
今回の釣行の疲れを癒し胃袋を満たした所で
お疲れ様でした!!!

島に行けないことは残念だったけど。
伊豆に行けば暖かく迎えてくれる仲間が居て
嬉しい限りです。

また遊びに行く時はもちろんノーアポだから
みなさんよろしくねー!!!



人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓両軸遠投カゴ釣り☆





今日の赤煙突ツイッター
プロフィール

akaentotu

Author:akaentotu
赤煙突・釣り日記

コンセプトは「堤防から船釣りを!」
遠投カゴ釣りで新たなジャンル
「陸っぷね!」
を作るべく日々奮闘中!。

みなさん、どうかよろしくお願いします。
そして、釣り場のゴミは持ち帰りましょう!!!

自作のカゴも絶賛販売中!
「赤煙突・釣り工房」

電話でも注文承ります。

------------------
電話受付時間は
10:00~22:00
(休日・不定休)
TEL:050-3726-2605
MAIL:
akaentotu@gmail.com
------------------


ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓

Facebook・赤煙突
赤煙突・同志の部屋!
赤煙突・同士の部屋!
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
378位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
25位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
関東・東海海況速報/広域
ピックアップ動画








ブログの更新をメールでお知らせ☆
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
アルバム
2010/7/11
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(大)15号
を使用
伊豆大島にて
ツナ(5.8㎏・73㎝)


2010/4/25
爆釣テロリストの「タイタン」カゴ(大)12号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(4.0㎏・72cm)



2010/3/28
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(小)15号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(7.8㎏・87㎝)

爆釣テロリストシリーズ

タイタン大・15号
安定感バツグン

トラブルゼロを目指した昔ながらのカゴ。
意外と飛ぶのが新しい発見。
ヨシミン愛用


アンタレス中・15号
脅威の飛距離

名人やキヨーノが愛用中
飛距離がパンパじゃない。
仕掛けが馴染む時間も早くせっかちの人向け。


NEWカストル4号
湾岸スペシャル

武士がこよなく愛しているカゴ。
新たにモデルチェンジして最長飛距離は80Mまで
メジナ49センチと実績あり


ポルックス3号
湾岸スペシャル

軽い仕掛けで沖を狙える優れもの。
カゴは小さいけど爆発力は大きいですよ!

人気ブログランキング
現在の訪問者




Unique Visitors:




Pageviews:
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

赤煙突・ツイッター