赤煙突の釣りブログ。コンセプトは「堤防から船釣りを!」両軸遠投カゴ釣りで新たなジャンル「陸っぷね!」を広げていきます。

大島・メメズ浜&岡田港<第18回おやじ会>3




暗くなってから何時間たったかな~

段々とウネリが大きくなって、状況が厳しい。。。

名人は仕掛けを流しながら反応を待つ。

海からは真っ赤な月が昇り始め神秘的な光景。

アタリが無く、諦めた名人は武士の下へ!

名人
「武士どうかえ~?」
「釣れてる?」

武士
「ウネリが大きくて仕掛けが馴染まないんだよね・・・」
「あのポイント狙ってるんだけど、全然ダメ」

名人
「そうやね~」
「もう、夜だからポイントを近くに設定したらいいと思うで」
「メジナは浅瀬に帰ってくるから」

武士
「そうなんだ!」
「じゃ目の前のポイントで攻めてみようか」

ポイントを近場にして3投目。

ぼんやり浮かんだケミホタルウキが水面から消えるっ!

武士
「きたっ!さかなー!」
「おっと、結構いいサイズ!」

抜き上げると30cm前後のイスズミ。

名人
「おっと、このサカナがいるって事は、
メジナも居るはずや!!」
「もっと重点的に攻めよう!」

早速仕掛け投入。

すぐにアタリ。

「おっと、入れ食いだね」
「もしかしたらメジナかも!」

名人
「多分メジナだよ!
あまり竿を叩かないでしょ!」
「これは取ろうえ~」

武士が巻き上げ体制に入った途端。

ラインブレイク。

ハリス3号があっという間に切れた!

名人
「武士、ハリス何号?」

武士
「3号」

名人
「ちょっと細いな!
4号に上げてもう一回勝負よ!」

ハリスを4号に変えて再チャレンジ。

その1投目。

すぐにアタリ!!!

武士
「また来たっ!」
「すぐ来たよ!」

名人
「もう、サカナは溜まってるで~」
「慎重に、ここはゆっくり!」

武士が慎重に引き寄せて来る。

足元まで引き寄せた瞬間。

サカナが根に潜った。

武士
「あっ!!!」
「切れた!!!」

武士、無念のラインブレイク。

名人
「ちょっとこれは問題やね~」
「もうチョイ投げ用の竿じゃダメ」
「ここはしっかりした磯竿にして、仕掛けから作り直そう!!!」

名人と武士のコラボ。

仕掛けを作り直し、仕切りなおし。

万全の体制。

ハリスは5号まで上げて勝負!!!

これも1投目。

ぼんやり浮かんだウキが消しこまれる!!!」

武士
「おぉーすぐアタリ!」
「サカナ~!!!」

名人
「慎重にいこうえ~」
「ハリス5号やし、もう大丈夫や!」

今度こそ慎重に寄せて来て、名人がタモに納める。

名人
「おめでとう! 立派なメジナだよ!!!」

武士
「おぉー久しぶりにイイ型のメジナ釣ったよ!」
「名人のお陰だよ!」

名人
「あそこに溜まってるから、どんどんやっていいよ!」
「サカナは俺が絞めておくから!」

武士
「じゃーお言葉に甘えてもう一匹狙うよ!」

名人
「そう、このことはあの2人に内緒にしよう!」
「キヨーノとヨシミンには秘密にして」
「帰りに巻頭を決める時に、発表しようぜ!」


武士
「名人も人が悪いね~、キヨーノは巻頭狙ってるから
このメジナ見たらガッカリするだろうね」

名人
「そう、巻頭は甘くないって所を見せてやろうや~」
「もう一匹釣ったら完璧巻頭だから、がんばって釣ろう!!!」

さらなるメジナを狙って、武士が仕掛けを投入。

一方、キヨーノ&ヨシミンの磯場では。

キヨーノは疲れて休憩。
ヨシミンは一人で虎視眈々と巻頭を狙い仕掛けを投入。

と思ったら2投目に波をかぶり、そそくさと退散。

気づくと南っけだった風がナライ(北東)に変わってる。

風向きが変わり、まともに波しぶきが掛かるようになってきた。。。

ヨシミン
「いまちょっと仕掛け入れてみたんですが、
暗くて波も高くて、しぶきも被ってもう無理っすよ!!!」

キヨーノ
「そうだね、かなりウネリがきつくなって来たね」
「向かい風でこのウネリ、ここはもう諦めて、
どこか別の場所に移動しましょう!」

「もうこれ以上は危険だよ!」

ヨシミン
「そうですね、撤収しましょう」

船着場の名人&武士のもとに撤収の相談。

キヨーノ
「名人~!!!」
「どう!?釣れてる?」

名人
「ん~、ぼちぼちやで!」
「どうした?」

キヨーノ
「いや~、磯は風向きも変わってウネリも高く、
もう無理だから、撤収しようと思うんだけど!!!」

名人
「撤収!?」
「まだ頑張ろうえ~」
「朝マズメまで粘ろうえ~」

キヨーノ
「いや、もう無理だよ!」
「あのウネリ見てよ!」

ちょうどその時、巨大なウネリが4人の足元に。。。




「ザッパーン」

名人
「そうやな・・・」
「これは撤収かもな!」

ヨシミン
「そうですよ!また来れば良いじゃないっすか!」
「この場は撤収と行きましょう!」

2人は武士がメジナを釣上げた事は知らされずメメズ浜を撤収。

帰りの坂道がキツイ、キツイ。

夜道の坂道。

真冬なのに汗びっしょり。。。

車に乗り込んで、この後どうしようか?と考える気力も無し。。。

名人
「キヨーノ。どうする?」

キヨーノ
「とりあえず風裏でしょ!」
「候補は泉津港か岡田港」

武士
「泉津港、見に行こう!」
「いい思い出あるし!」

武士がなぜか元気。

ヨシミンは既に爆睡。

泉津港を見てみると、とても釣りが出来る状態じゃない。

堤防まで波が這い上がってる。。。

名人
「ここは無理」
「次行こうや!!!」

キヨーノ
「もう、夜中の1時」
「岡田港に向かうよ!」

岡田港に到着。

釣り人は誰も居ない。。。

名人
「誰もおらんな~」
「これじゃテンション上がらんで~」

磯場から帰った4人は岡田港まで来たものの、みんなぐったり疲れてます。

誰も何も言わなくなり、車内は自然に睡眠の場になった。

朝方5:00。

武士が目覚め、車を降りて仕掛けを作り始める。

名人は起きたけど、体が動かない様子。

キヨーノもぼんやり目が覚めたけど、動けない。

ヨシミンはぐっすり睡眠。

堤防を見ると、いつの間にか釣り人が5・6人。

名人
「あれっ!こんなに人がおるでー!」

武士
「アジが入れ食いで釣れてるよ!」
「アジ付けて、イカでも釣ろうかな!」

なぜか元気な武士。




キヨーノも何とか重い体にムチ打って仕掛け作りに突入。

東海汽船が湾内に入ってきました。

朝5:45。

綺麗だな~夜の東海汽船。



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
今日の赤煙突ツイッター
プロフィール

akaentotu

Author:akaentotu
赤煙突・釣り日記

コンセプトは「堤防から船釣りを!」
遠投カゴ釣りで新たなジャンル
「陸っぷね!」
を作るべく日々奮闘中!。

みなさん、どうかよろしくお願いします。
そして、釣り場のゴミは持ち帰りましょう!!!

自作のカゴも絶賛販売中!
「赤煙突・釣り工房」

電話でも注文承ります。

------------------
電話受付時間は
10:00~22:00
(休日・不定休)
TEL:050-3726-2605
MAIL:
akaentotu@gmail.com
------------------


ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓

Facebook・赤煙突
赤煙突・同志の部屋!
赤煙突・同士の部屋!
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
281位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
20位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
関東・東海海況速報/広域
ピックアップ動画








ブログの更新をメールでお知らせ☆
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
アルバム
2010/7/11
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(大)15号
を使用
伊豆大島にて
ツナ(5.8㎏・73㎝)


2010/4/25
爆釣テロリストの「タイタン」カゴ(大)12号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(4.0㎏・72cm)



2010/3/28
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(小)15号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(7.8㎏・87㎝)

爆釣テロリストシリーズ

タイタン大・15号
安定感バツグン

トラブルゼロを目指した昔ながらのカゴ。
意外と飛ぶのが新しい発見。
ヨシミン愛用


アンタレス中・15号
脅威の飛距離

名人やキヨーノが愛用中
飛距離がパンパじゃない。
仕掛けが馴染む時間も早くせっかちの人向け。


NEWカストル4号
湾岸スペシャル

武士がこよなく愛しているカゴ。
新たにモデルチェンジして最長飛距離は80Mまで
メジナ49センチと実績あり


ポルックス3号
湾岸スペシャル

軽い仕掛けで沖を狙える優れもの。
カゴは小さいけど爆発力は大きいですよ!

人気ブログランキング
現在の訪問者




Unique Visitors:




Pageviews:
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

赤煙突・ツイッター