赤煙突の釣りブログ。コンセプトは「堤防から船釣りを!」両軸遠投カゴ釣りで新たなジャンル「陸っぷね!」を広げていきます。

南伊豆・中木(カツオ島)&伊東港<第26回おやじ会>2 ’10/12/05



朝の30分。

必死にルアーを投げたキヨーノ!

武士
「ワラサ釣れたら半身ちょうだいね!」

キヨーノ
「いいっすよ!」
「掛かったら4Kオーバーですから!」
「みんなで喰いましょうよ!」

期待とは裏腹に全く反応なし・・・

そんな会話が虚しく過ぎる。。。

キヨーノ
「後でまた投げましょう・・・」
「今は居ないみたいです・・・」

名人
「欲張りやな~」
「男は黙って一本勝負よっ!」
「さっ、オープニングムービー撮るで!」

はいどうも~!
今回は南伊豆・中木はカツオ島へやって来ました~!!!

ムービを撮り終えて名人も武士も釣り開始。

名人
「いいね~」
「磯もたまには来なきゃダメやな~!」
「感覚を忘れてしまうでー」
「今日はね!」
「赤煙突・釣り工房が送るタイタン15号(中)を使って
勝負してみたいと思います!」



名人が思い通りのポイントへ仕掛けを投入。

キヨーノ
「潮はどう?」
「動いてる?」

名人
「う~ん、なんとなく上りか~」
「あんまり動いてないな~」

一方の武士はフカセ釣りで勝負。

サラシが出ているポイントに仕掛けを流す。

キヨーノ
「武士~っ!」
「どうっすか~!?」



武士
「まだわかんないよ!」
「俺は今日はポルックスを使ってやってみるよ!」

キヨーノ
「コマセガンガン入れてよ~!」
「まずは寄せなきゃね!」

武士
「了解!」
「頑張るよ!」

少し遅れてキヨーノもカゴ釣りスタート!

「オイラも今日は遠投しなくてよさそうだから」
タイタン15号(中)を使ってみたいと思います!」



さぁーそれぞれが思い思いのポイントに仕掛けを投入。

流す。

キヨーノ
「名人どうですか?」
「今日の雰囲気は?」

名人
「うん、磯もいいな!」
「堤防ばっかりだと鈍ってしまうな!」
「今度からちょくちょく来るようにしよう!」

キヨーノ
「ま~、そうだね!」
「って言うか今日の海の感じはどう?」

名人
「おぉおぉー!」
「そうなね~」
「どうなんやろか・・・」
「揉んでるって言うか」
「あんまり良くないな~」

「うん、サカナか!」
「今のは当たりだろ!」

名人のウキが入ったらしい

キヨーノ
「サカナ!」
「どんな感じ!」

名人
「ちっちゃいな~」

釣れたのはメジナ!
でもまだまだ小さい。

名人
「塩焼き用に取っておくか!」
「イサキよりは喜ばれるからな!」

1時間が経過。

誰にも当たり無し・・・

武士のポルックスには小さい魚が掛かるが
クーラーに入れる程の魚は釣れていない。

キヨーノは珍しくリールと格闘中。
磯場からの遠投で感覚がズレたか?

バッククラッシュして手前に仕掛けが入った。
ラインからまりを取り仕掛けを巻いてみたら。
超偶然にもカワハギが付いていた!

キヨーノ
「名人!?」
「なんかカワハギ付いてたよ!」

名人
「おっと!」
「いい魚やな!」
「何っ!」
「カワハギかえ~!」

キヨーノ
「偶然に付いてたで」
「明日は肝合えにしよう!!!」

名人
「まー、いいやない」

そっけない返事・・・

今日の名人はメジナやカツオ意外は受け付けないご様子

キヨーノ
「そういえば、名人のハンドル新調したの?」

名人
「そうやで~!」
「買う予算が無いからね」
「自分で作ったで~!」
「いいやろ~」
「パープルやで!」

キヨーノ
「相変わらず何でも作っちゃうんだね~」
「感心するよ!」



自作のハンドルで進化したカルカッタコンクエスト401

そろそろ反応が欲しいところだけど、
名人にもキヨーノにも当たりなし・・・

キヨーノは相変わらす投げが安定せず三回に一回のペースでクラッシュ。

「釣りになんないな~」
「なんか今日は変だぞ!!!」

名人
「反応ね~な~」
「ちょっと考え方変えないとダメやな~」

そう言い残して名人は1人で別の場所へ移動。

コマセと竿だけ持って屋上へ移動。

どうも名人はあのサラシの先に仕掛けを入れたい思惑があるみたい。



キヨーノに何も言わずサァーっと移動を決めた名人

狙いはサラシの先。

だけどあの先に仕掛けを投げるには釣り座が大変な場所。

背中が絶壁だから屋上から竿を振って、
巻き取りは根掛かりを避ける為、毎回降りてきて巻き取る。

繰り返し、繰り返し、上り下り。

移動して30分後。

名人
「サカナ~っ!」
「おりぁーやっぱここやで!」
「狙い通りや~」

名人が磯際まで移動。

キヨーノ
「タモ要る?」

名人
「一応頼むで~」

キヨーノが磯伝いに移動してサカナをタモに納めると、
そこには立派なメジナが入ってました。

名人
「やったで~」
「ここやろ~」
「俺の勝ちや~」
「狙い通り」



「どうかえ~」
「尾長のいいサイズやで~!」

キヨーノ
「いや~」
「出したね~」
「よくあの場所で出したね~!」
「ギリギリ40あるかな?」

名人
「まー」
「名人と言われてますから」
「出さないとダメでしょ!」
「40あるか?」
「あとで計ってみようえ~」

名人が狙い通りのポイントでメジナを仕留めた!

一方の武士は当たりはあるけど根に潜られて
さっきからハリスを切られっぱなし。

武士
「たぶんロッシだと思うんだよね~」
「浮かせる前に切られちゃうんだよ!」
「ほとんど秒殺・・・」

キヨーノ
「ロッシ臭いけど」
「わかんないよ~」
「シマアジかもよ~」

武士
「ハリス2.5号はダメだね」
「もう直ぐ切られるよ!」
「ちょっと3号に上げようかな~と思ってる!」

キヨーノ
「マジっすか!?」
「俺なんか何も食わないから」
「ハリスかなと思って、さっき2.5号に落とした所ですよ!」

武士
「2.5号はほんと秒殺だったよ!」
「ま~頑張って!」

キヨーノ
「マジかっ!」
「変えたばかりだから切られるまで様子みよう!」

日が高くなって来て気温も上昇。
ヒートテックを入れているから熱くてしょうがない。。。

キヨーノは直ぐに服を脱いで汗を取った。
武士も脱いで気持ちよさそう!

名人は!?

ものぐさな名人は最後まで服を脱ごうとしない。

名人
「暑いな~」
「テックは暑いな~」
「12月なのに、この気温は無いな~」

キヨーノ
「脱いだらいいじゃん」

名人
「うん、まだ大丈夫や!」
「もう2・3枚」
「この型のメジナを揃えるで~」

今メジナを釣ったから時間が勿体無いらしく、服を脱ごうとしない
また磯を登り始めて仕掛けを入れている!

気が付くと後ろに朝青龍がイタっ!



キヨーノ
「おっ!朝青龍じゃん!」

名人
「も~暑い・・・」
「無理やっ!」
「我慢の限界」
「暑すぎや~」
「ちょっと休憩!!!」

暑すぎで休憩に入った名人。

その間にキヨーノは黙々と同じ場所に仕掛けを投入。

キヨーノも狙いの場所があったようで、
潮の動きが変わった事を察知し仕掛けを投入。

先ほどまではここのポイントは潮が速すぎて仕掛けが馴染む前に
巻き上げないといけない状況だった。
それがトロトロの流れに変わった瞬間。

キヨーノ
「はい、サカナ~!」
「完全にウキが入ったで~」
「う~ん、イイ引き!」

名人
「タモ要るか?」
「ものは何だ?」

キヨーノ
「どうだろう?」
「ちょっとまってて!」

先端まで移動してやり取りすると見えてきた魚影。

キヨーノ
「光ってるよ!」
「ソーダだっ!」

名人
「やっと来たか!」
「ソーダ!」
「いいでキヨちゃん」
「ここのソーダはヒラやから!」
「ガンガン釣ろうえ~」

武士
「タモ入れようか?」

キヨーノ
「そうだね・・」
「抜けるけど、2.5号だから」
「抜けないかな・・」

ファーストフィッシュだから大事にタモに入れてもらって
はい、サカナ!!!



名人
「ようやくソーダ食ってきたか!」
「こっちのポイントなのか~」
「いやいや、まだメジナがおるはずや!」
「俺は屋上で粘るで!」

そう言ってまた屋上を登り始めた。

キヨーノ
「もうこっちでソーダ釣ればいいじゃん!」

名人
「まだや!キヨーノがもう一本釣ったら考えるで!」
「単発の可能性もあるからな!」

頑固な名人

自分ポイントを捨てきれない。
また屋上に上がって仕掛けを入れてる。

キヨーノは先ほどソーダが喰ったポイントに再度カゴを流す。

すると程なくしてウキが消しこむ!

キヨーノ
「はい、またサカナ!」
「これもソーダでしょ!」
「来たよ~」
「群れが来た!」
「もう当分ソーダ祭りにするぞ!」



まんまる太ったヒラソーダ!
これはデカイ!

武士
「旨そうだね~」
「脂乗ってるよ、絶対!」

キヨーノ
「群れが来ましたね!」
「武士もそこまで投げたら釣れますよ!」

武士
「了解!」
「頑張って投げるよ!」

キヨーノ
「名人~!」
「またソーダ釣れたよ!」
「こっち降りてくれば!!!」

名人
「わかったで~」
「もう少しやらせてくれんかえ~!!」

今日の名人は頑固です。
自分で見つけたポイントからなかなか動こうとしない。

何か理由があるんでしょう!

名人(心中)
「まだここにメジナがおるはずや!」
「ソーダなんかはいつでも釣れる」
「もう一本40オーバーのメジナを釣って」
「勝負を決めたいんや~」
「今日の俺はここで勝負決めたいんや~」
「持ってることを証明しないとダメなんや~」

屋上で頑張ってる名人を横目に見ながら
順調にヒラソーダを釣るキヨーノ!

キヨーノ
「はい、サカナ!」
「もう止まらないぞ~!」
「早く名人も降りてきて」
「クーラーを満杯にしようぜ!」

名人
「もうちょっとまってて!」
「後で行くから!」

キヨーノ
「俺だけじゃいっぱいにならないな~」
「まっいいか!」
「カツオの引きも楽しいから」
「満喫しちゃうぞ!」



午前中の釣果は

名人→メジナ2枚
キヨーノ→ソーダ6枚・カワハギ1枚
武士→小メジナ数枚

このままソーダ祭りに突入するのか?
名人が執念の大型グレをキャッチ出来るのか?
武士が起死回生の一尾を釣り上げられるのか?

午後の後半戦へ続く!


人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
今日の赤煙突ツイッター
プロフィール

akaentotu

Author:akaentotu
赤煙突・釣り日記

コンセプトは「堤防から船釣りを!」
遠投カゴ釣りで新たなジャンル
「陸っぷね!」
を作るべく日々奮闘中!。

みなさん、どうかよろしくお願いします。
そして、釣り場のゴミは持ち帰りましょう!!!

自作のカゴも絶賛販売中!
「赤煙突・釣り工房」

電話でも注文承ります。

------------------
電話受付時間は
10:00~22:00
(休日・不定休)
TEL:050-3726-2605
MAIL:
akaentotu@gmail.com
------------------


ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓

Facebook・赤煙突
赤煙突・同志の部屋!
赤煙突・同士の部屋!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
418位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
27位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
関東・東海海況速報/広域
ピックアップ動画








ブログの更新をメールでお知らせ☆
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
アルバム
2010/7/11
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(大)15号
を使用
伊豆大島にて
ツナ(5.8㎏・73㎝)


2010/4/25
爆釣テロリストの「タイタン」カゴ(大)12号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(4.0㎏・72cm)



2010/3/28
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(小)15号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(7.8㎏・87㎝)

爆釣テロリストシリーズ

タイタン大・15号
安定感バツグン

トラブルゼロを目指した昔ながらのカゴ。
意外と飛ぶのが新しい発見。
ヨシミン愛用


アンタレス中・15号
脅威の飛距離

名人やキヨーノが愛用中
飛距離がパンパじゃない。
仕掛けが馴染む時間も早くせっかちの人向け。


NEWカストル4号
湾岸スペシャル

武士がこよなく愛しているカゴ。
新たにモデルチェンジして最長飛距離は80Mまで
メジナ49センチと実績あり


ポルックス3号
湾岸スペシャル

軽い仕掛けで沖を狙える優れもの。
カゴは小さいけど爆発力は大きいですよ!

人気ブログランキング
現在の訪問者




Unique Visitors:




Pageviews:
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

赤煙突・ツイッター