赤煙突の釣りブログ。コンセプトは「堤防から船釣りを!」両軸遠投カゴ釣りで新たなジャンル「陸っぷね!」を広げていきます。

利島・旧桟橋<第30回おやじ会>2 2011.7.9~10




あぢ~

利島に到着して10分

時刻はAM10:40

まだ太陽は本気じゃないけど既に暑い。

かろうじて風が吹いているから、
熱中症まではいかなそう。

でも日陰じゃないとかなり暑い・・・

武士
「いや~寝てないから夜に備えてっと思ったけど
この海を見るとそうも言ってられない
釣りしたくなっちゃうねー」

といって休憩するつもりだった武士が仕掛けを作り始めてる。

ニモちゃんはヤル気満々
仕掛けを作る。

キヨーノも普段はヨシミンと一緒にゆったり作業するんですが
ここトシコに限っては大好きな場所なので仕掛けを組んでいます。

武士
「今日は名人が居ないから、思う存分自分の釣りをするよ!」

キヨーノ
「え~え~、え~
そうだよ!今日は名人が居ないからね
ヤマちゃん、言ったよねー
島をナメるなっ!!!
と怒鳴られる心配が無いから
自分の好きな釣りをすればいいんですよ!
カゴからフカセからブッコミから泳がせまで
何本竿を出しても大丈夫だよ!」

武士
「いんですか?いんですか?ブッコンでもいいんですか~?
カゴ釣りオンリーじゃなくてもいいんですか~?」

キヨーノ
「いいでしょう!今日に限っては・・・」

普段は何本も竿を出して、そのまま置きっぱなしにして、
根掛かりして、とほったらかしの放置状態を見ると名人に怒鳴られる武士

「コラっ!誰?仕掛け投げっぱなしの人?
あぁーまた武士かえ?あんた道具大切に使わないとダメやで!
仕掛け投げっぱなしは他の人に迷惑でしょ!
そういうとこやで!あんた一番年長なんだからっ!!!」

今日はそんな心配は要らない。
そう武士の本領が発揮される。





名付けて武士の何本でも「出しっぱなし釣法

とにかく出す。

竿を出す!

何でも出す!

出すのが大好き


四人の子持ち武士!

四子武士(シコブシ)


仕掛けは多種多様。

カゴから、フカセ、ブッコミ、ルアー、弓角、泳がせ。

道具箱には夢がたくさん詰まっている。

まずは軽くポルックスからスタート!?

武士
「はい、さかな~っ!」

早いね~もう魚っ?
カメラ回そうか~っ!

武士
「いや、横に走ったから動画は要らないと思うよ!」

と言う事はもうからサバ?

なの!?

まだ午前中だけど・・・




サバです。。。

この時間からサバかっ・・・

ちょっとがっかり。
いやスゲーがっかり・・・

ニモちゃんには新鮮かもね。
魚信を感じてバンバン釣ったら慣れるよね。

と思っていたら沖から大型船「さるびあ丸」が港に入ってきました。

東海汽船の係員が「お客さんすみません、一旦出て貰えますか?」

武士
「あれっ船入るときは堤防から出ないとダメなの?」

キヨーノ
「そうだね、ちょっと乗り場に移動すればいいんですよ!」

大型船が堤防に接岸する。
これも珍しいニモちゃんはカメラで写真を撮っている。




なんか今日の利島はお客さんが降りる。
いつもは数人しか降りないのに、今日に限っては10人以上お客さんが下船する。

逆に利島から帰る人も大勢居た!
う~ん、徐々に利島も観光に力を入れてるのか?




大型船が出港し、また釣り場に戻り釣り開始。

サバ祭りが始まった。
これは喜べない状況っ!

キヨーノ
「ちょっと休憩しよう!
こんな状態じゃ先が思いやられるな・・・」

ニモちゃん
「サバじゃダメなんですか~?」

キヨーノ
「いや、ニモちゃんには勉強になっていいんだけど
俺たちはサバは釣り飽きたのよ・・・
だから少し休憩だね」




太陽が少し西に傾いた午後15:00

堤防の先端は背中から風が強く吹いているから
扇風機が回っているみたいに心地いい。

我慢できないほど暑さは感じない。

条件はいいよね。

でも海の中はサバだらけ・・・

こいつはイカン。
何か手を打たなければ。

と思ったキヨーノは手のひらサイズのカンパチを背がけにして
ソフト泳がせを慣行!
さっきからウロウロしているシイラに狙いを定めた!

仕掛けを流すとベイトはいい感じで沖に出て行く。
去年のオイシイ思い出を忘れられないキヨーノ

今日もソフト泳がせで一発狙ってる?
そのとき、リールのアラームが鳴った!?

「ウィーン!」

「おっ喰ったか!?」

ちょうど近くにいた武士に動画を撮ってくれるようカメラを渡す。

「またまたウィーン」とアラームが鳴る。

いいぞ!もっと確実に喰え!

武士
「これどうすんの?カメラ使いからわかんない・・」

キヨーノ
「えっ、ここ電源ONでそれからここでムービー開始」

カメラの使い方を説明している最中も仕掛けが走る。

「いや、そこじゃなくて・・・そうそう、」

説明していたらシイラが逃げた・・・

「もうエサ離したみたい・・・」
「残念・・・」
「再度チャレンジするよ・・・」

惜しいチャンスを逃したキヨーノ。
これが後々尾を引くことに・・・

一方のニモちゃん。
両軸リールの洗礼!

いわゆる初心者が必ず通る道。
バッククラッシュ!?

周りが釣れるから焦っていつものタイミングを見失う。
サミングでカバーすればいいんだけど
そこまで技術を習得していない。。。

そうなると必然的にバッククラッシュが多くなり、
ラインを解くのに時間がかかる。

炎天下の中だとイライラしてくる。

ここが両軸遠投の分岐点。

このイライラに負けて両軸を離れていく人が大勢居ます。
自分には向いていないスピニングで十分。

それも一興でしょう!
でも!せっかくだったら両軸で
100M以上遠投して釣る醍醐味を味わいたい。

ニモちゃんは両軸派でした。
バッククラッシュを解きまた投げる!

3回くらい投げるとやっぱりクラッシュする。
その繰り返し。

実際の釣行時間が少なくなるのは初心者の証。
これはどの場所に行っても同じ。

克服するしか無いんです。
そしてクラッシュしないコツを体に覚えこませるしか無いんです!

アドバイスは出来ても自分で感じて身に着けないと
両軸遠投はマスター出来ません。でも一度染み込ませると
夜でも関係なく投げる事が出来るのでここが正念場。

ニモちゃんがんばれ。
挫けそうなニモちゃんに声を掛けるキヨーノ

「一旦さぁー両軸は休憩して短いロッドでポルックス。
この仕掛けでやってみたら!?
ここは沖もいいけど意外と足元がポイントだから」

そうして短い竿で仕掛けを入れたらヒット!

「魚ですー!」

「おぉーさっそく来たの?」
「モノは何?」

「光ってます!」

「じゃサバだね」
「いや違う!シマアジだよ!」

「おぉーシマアジだっ!
小さいけど立派なシマアジだね!」

「これっていいんですか!?

「良いも何も小さくても高級魚だよ!
喰ったらまいうーだよ!」



ニモちゃん、初物続きです。

初めての島で初めての利島。
そして初めてのシマアジ。

みよ!この笑顔。
この瞬間のために日々の仕事が頑張れる。



キヨーノも軽いカゴ仕掛けに変えて
またベイトを狙っていると

サバに混じってようやくイサキが掛かりだした。



夜はイサキ祭りだろうから、
今からそんなに気合入れてイサキ釣らなくてもいいよね。

だからベイト用の魚釣って、さっきのシイラを仕留めたい!!!

そんな思いと裏腹になかなかいいサイズのベイトが釣れない。

時間だけが過ぎていく・・・
釣れる魚は中途半端なサバばかり・・・

ベイトにしては大きすぎ、でも持って帰るには小さい。
脂の乗りがイマイチ。。。

武士もあの手この手でやってるけど上物はサバに泣かされてる。
例の仕掛けをゴソゴソいじってる武士。




キヨーノ
「武士、どうなの?サバばっかで疲れちゃうよね」

武士
「今さーブッコンじゃおうと思ってね。」

キヨーノ
「あら~早いね!もうブッコンじゃうの?まだ日が高いよ!」

武士
「いや、いや、そっちのブッコミじゃなくて
それも好きだけど。いまは魚のほうね!」

キヨーノ
「あっそっか!」

武士
「これだけサバが釣れるんだから、よく考えたら
切り身でエサにしない手は無いよね」

キヨーノ
「まぁーそう言われればそうですね!」

ニモちゃんはバックラしたリールを修復して
もう一度両軸で仕掛けを投入している。

ガッツあるな~
この感じだとあなたも両軸遠投の魅力にハマったね。

気付けばサバをしたたかに釣っている。



ニモちゃん
「サバは簡単に釣れますね!」

キヨーノ
「おぉーすごい!そうなんだよ
ここまで来るとサバは物足りなくなってくるのよ!
静浦とか伊東港だったらこれも持って帰るけど
ここは利島だからね!
もっとスケールの大きい魚を釣りたいよね!」

ニモちゃん
「そうっすね、言ってる事わかりますよ!
これだとサバ以外の物を釣りたくなってきますね!」

だいぶん日が傾いてきた。




今のところ釣果はぜんぜんパッとしない・・・

このまま夜に突入してサバばかりだったらどうしよう!?

ナイツに進化出来るのかな!?

武士
「はい、ブッコミ魚~っ!」

キヨーノ
「おぉーブッコミ<゜)))彡~!!!
っという事はなんだ、モノはなんだ!?」

赤い!
から揚げ一丁入りやした!!!

釣れたのは
美味そうなカサゴです。




すっかり夏の農夫に変装した武士。

「今日も天気がいいずら~稲穂も育つら~」

このおっさん誰ですか?

キヨーノ
「はい、さかな~
こっちもさかなですよ~」

夕日をバックにポーズを取るキヨーノ

でも釣れてるのはサバだからね・・・




この感じはヤバイですよ!

もう夜が近い。

夜に向けて動画を獲る。

「赤煙突はナイツに進化する!?」

言っちゃったよ~
最近あまり進化出来てないから不安だよ!

時刻は20:00

釣れる魚はサバ。

オンリーサバの最悪パターン。

誰が何処に投げてもサバ。
この状況は非常にマズイ・・・

堤防先端に見切りを付けて真ん中あたりに移動するキヨーノ

なんとかイサキを釣って数は揃えたい。

一方の武士は先端でブッコンだり、ポルックスしたり
いろいろやってる。

ニモちゃんは夜釣りの両軸で手こずってる。
カゴは先に海面に付くからウキが海面に
着いたタイミングでラインを止めると既に手遅れ!
この感覚を掴むのにまた時間がかかっている様子。

一つ、一つの作業が身になっていくからね。
楽しんで欲しい。

後で話を聞いたらニモちゃんは全てが楽しかったらしぃ
それを聞いてほっとしたよ!

さてこのサバ地獄からどうやってナイツに進化出来るのか?



人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓両軸遠投カゴ釣り☆








コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
今日の赤煙突ツイッター
プロフィール

akaentotu

Author:akaentotu
赤煙突・釣り日記

コンセプトは「堤防から船釣りを!」
遠投カゴ釣りで新たなジャンル
「陸っぷね!」
を作るべく日々奮闘中!。

みなさん、どうかよろしくお願いします。
そして、釣り場のゴミは持ち帰りましょう!!!

自作のカゴも絶賛販売中!
「赤煙突・釣り工房」

電話でも注文承ります。

------------------
電話受付時間は
10:00~22:00
(休日・不定休)
TEL:050-3726-2605
MAIL:
akaentotu@gmail.com
------------------


ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓

Facebook・赤煙突
赤煙突・同志の部屋!
赤煙突・同士の部屋!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
311位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
30位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
関東・東海海況速報/広域
ピックアップ動画








ブログの更新をメールでお知らせ☆
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
アルバム
2010/7/11
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(大)15号
を使用
伊豆大島にて
ツナ(5.8㎏・73㎝)


2010/4/25
爆釣テロリストの「タイタン」カゴ(大)12号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(4.0㎏・72cm)



2010/3/28
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(小)15号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(7.8㎏・87㎝)

爆釣テロリストシリーズ

タイタン大・15号
安定感バツグン

トラブルゼロを目指した昔ながらのカゴ。
意外と飛ぶのが新しい発見。
ヨシミン愛用


アンタレス中・15号
脅威の飛距離

名人やキヨーノが愛用中
飛距離がパンパじゃない。
仕掛けが馴染む時間も早くせっかちの人向け。


NEWカストル4号
湾岸スペシャル

武士がこよなく愛しているカゴ。
新たにモデルチェンジして最長飛距離は80Mまで
メジナ49センチと実績あり


ポルックス3号
湾岸スペシャル

軽い仕掛けで沖を狙える優れもの。
カゴは小さいけど爆発力は大きいですよ!

人気ブログランキング
現在の訪問者




Unique Visitors:




Pageviews:
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

赤煙突・ツイッター