赤煙突の釣りブログ。コンセプトは「堤防から船釣りを!」両軸遠投カゴ釣りで新たなジャンル「陸っぷね!」を広げていきます。

伊豆大島・浮波港<第32回おやじ会>2



明朝5:00

船内アナウンスの声に起こされたキヨーノ&ヨシミン

船底の二等座敷から階段をあがり
デッキに出てみると、風が強い。。。

海は若干ウネリがあるか?
接岸港は岡田港を目指している。

名人が起きてきた。

「どーかえ?
寝れたかえ~?」

キヨーノ
「おぉー寝たよ!
名人、遅いじゃん!」

名人
「俺さー4時ごろ腹へってカップラーメン食ったのよ!」

ヨシミン
「えー朝からやっつけたんですか?
食欲旺盛ですねー!」

胃腸が健康な証拠です。
朝からカップラーメンはそう簡単に攻める事が出来ない。
おそらく武士は無理でしょう!

岡田港に到着。

風が強い。

名人
「どうする?ちょっと野増港見にいかん?」

キヨーノ
「車、どうするよ?
一日借りるんだったら、まだ時間的に早いよ!」

名人
「一日半借りればいいやん
延長すればいいやん」

キヨーノ
「そう思って昨日レンタカー屋さんに料金の事
聞いてみたんだけど、
終日3,000円プラス6時間だと5,500円って言われた」

名人
「じゃーもう二日借りよう、
面倒な事は言わずに二日間のレンタルでいいやん
6,000円やろー、一人2,000円のホテルと思えばいいやん」

ヨシミン
「そうですね、二日借りて早速、朝食行きましょうよ!」

キヨーノ
「また喰うの?」

名人
「そう言えば朝飯食べたいな~」

っと言う事でレンタカーは二日間借りて、
車が届く間に岡田港で食堂を探していたら
釣具屋さんしか開いてなくて、おじさんに飯食える所を聞いたら

元町の「おともだち」だったら開いてるよって言われ
じゃー行こう!

モトマチック天国へ行こう!決まりやっ!朝定喰おう!

食べる事が最優先になって来たおやじ会。

その前に「野増港」を見に行こうと言う事になり
元町を通り過ぎて野増へ到着。



外海を向いてる高い堤防があるが、立ち入り禁止の看板が・・・
でも隣には梯子が付いてる。

名人
「立ち入り禁止は入っちゃイカンでしょ!
我々は誰に手も紹介出来る釣り場で釣ってこそやから!」

キヨーノ
「その通り!
じゃーこの上行かなくていいね」

名人
「イカンでいい
俺達先端見てくるでー」

ヨシミンと名人は野増の先端を見に行きました。



メタボ一族の仲間入りしたキヨーノは歩くのを拒否。
車で休憩。

「どうだった先端!?」
「おぉーよさそうやったで!」
「ここは先端やなー」
「釣りするなら先端しかないな~」

ヨシミン
「じゃー朝ごはん行きます?
スーパーべにやのお弁当って手もアリますよ!」

名人
「べに弁もいいねー
ちょっと見に行こうか?」

キヨーノ
「食に執着してるね~」

名人
「何か?あんたも腹減ったやろー
ダメだよ一人だけ違う風にしてー
立派なメタボ一族だからねー」

キヨーノ
「そう?ま~腹は出てるけどね・・・」

スーパーべにやに入ると悲しいかな、
まだオープンしたてでお弁当が無い・・・
お惣菜コーナーに目当ての弁当が無い・・・

名人
「まだ早いんか・・・」

ヨシミン
「のっようですね・・・」

キヨーノ
「どうする?
おともだち行く?」

名人
「ちょっと待とう、弁当出来上がるまで待とうえー
時間つぶしに泉津港を見に行こう!」



向かった先は泉津港。

南西の強風が吹いているこの状況では今日のポイントが限られる。

「泉津港」か「岡田港」か「波浮港」の三箇所

そのうちの泉津港。
背後からの風となるから釣りはし易いが、
平日だけど先客が一人。

ふかせ釣りでコマセを撒いていた。

名人
「どうですか?釣れますか?」

先客
「いや~今来たところ、なんにも喰わないよ!」



ふかせの水中ウキを眺めならが思案にふける。

遠くのちょんぼりには一人、これもフカセ師が居る事を確認



名人
「さて、飯行こう!」

キヨーノ
「ここも悪くないよね!」

名人
「悪くないけど、先客が居るから
やるなら上からだろうな・・・」

ヨシミン
「まっそうなりますよね!」

三人ともお腹が空いていてまずはご飯。

元町方面へ車を走らせる。

その前に「岡田港」も覗いてみる。
ここはいつ来てもにぎやかで釣り人が耐えない。

先端で泳がせ釣りをしているご老人に声を掛けてみる。

キヨーノ
「いかがですか?釣れますか?」

ご老人
「いや~何とかの何さんが昨日カンパチを2本釣っていったけど
今日はまだダメだねー」

キヨーノ
「泳がせのエサはタカベですか?
贅沢ですね~」

ご老人
「生餌を活かしてあるから、あんたらも釣りしたらどうだい!」

名人
「お誘いありがとうございます。
まだ僕ら何処で釣りやろうか迷ってるところです
タカベって釣るの難しいじゃないですかー
すごいですね~」

ご老人
「上から見えれば釣れるんだよ」



そういってわざわざ車からタカベの仕掛けを持ってきてくれ
僕らにその現場を見せてくれました。

ご老人と話が弾んで、この方なんと御年85歳。
足腰もしっかり、言葉もしっかり、
大正生まれのスーパーおじいちゃんでした!

すげーな!85歳で泳がせ釣り出来るか?
俺なんか、あと50年もあるでー
なんともすばらしい出会いがありました。

おじいちゃんにここで釣りをしなさいと誘われましたが
空腹を満たす事が最優先事項だったおやじ達は「ご飯食べてきます」
と言い残し丁重にお断りして岡田港を後にしました。

朝ごはんを食べて落ち着くまでは釣りどころじゃありません。
3年前とは違います。この余裕が大事。っと言い訳をしつつ・・・

元町訪問へ車を走らせる。
再度スーパーべにやに寄る。

時刻は10:00

「・・・・・・」

まだ弁当が出ていない・・・
虚しさだけが残る・・・



名人
「おともだち行こう!」

ヨシミン
「ですね、おともだちで
マブダチになりましょう」

元町港の前には食堂が何件かあります
その中の「おともだち」へ直行。

メニューを見て
「トンカツ定食ください」

「ゴメン、油ものは10:30からなの」

「あら、残念。。。するとから揚げ定食もNGってことね・・」

「気を取り直して、しょうが焼き定食はどうっすか?」

「しょうが焼きは大丈夫ですよ!」

「じゃそれ三つ」

腹が減ってるから肉、とにかく肉が食いたい。



ご飯たっぷりの朝からしょうが焼き定食を食べる。

お店の人に
「釣れましたか?」と聞かれ「今からです」と答える。

まずは食事に集中したい



腹が減りすぎて目が開かないヨシミン

あっそれはいつもの事かっ!

食事も済んでお店のマスターとの会話も堪能し
この風だったら波浮港あたりしかないんじゃない?
なんてアドバイスを頂いてマブダチ寸前で退散。

名人
「うん、久し振りに波浮港もいいじゃん。
波浮港に行ってみるか!
風向きはどうなのキヨちゃん」

キヨーノ
「ちょうど南西の場合は背中から吹く感じだから
いいと思うよ!」

ヨシミン
「じゃ波浮港へ向かいますよ!」

名人
「ちょっと待った!ヨシミン!
べにやに寄ろう。
このあとの食料がないやろー
弁当買って行こう!」

キヨーノ
「おぉー今回は食に対しての執着強いね~」

名人
「だってご飯がおいしいんや~」

べにやに寄って念願の弁当を手にする名人


「安心したでー」
「まだ無かったら、大島考えるところだったでー」

「え~そんなに!」
「どさんこラーメンだってあるじゃない!」

「まーそうやけど、俺は弁当が食いたかったんよ」

無事に弁当を手に入れて向かった先は波浮港。
既に先客が10人程度。

先端のベストポジションには3人のカゴ師&泳がせがいました。

カゴ釣りの方はかなり遠投して目の前で
良型のイサキを釣ってました。

名人
「ここに入るのは厳しいな~
でも風はベストやな~」

キヨーノが様子を見に一段高い灯台のある場所へ移動。
吹っ飛ばされそうな風がガンガン吹いている。。。

でも海の雰囲気はイイっ。

名人
「アッパーでいいやん!(名人語訳:ここがいいね)」

キヨーノ
「そうだね、下は入る余裕が無いからここしかないね。
雰囲気はあるから、やってみようか!」



荷物をロープに縛りつけ、三人でズルズル引き上げる。

名人
「俺が下で手配するでー」
「引き上げてくれんかえ~」



キヨーノ
「わかったでー!」

メタボな体をゆっさゆっささせながらロープを使って降りる。

ヨシミンと名人が下で荷物を縛る。
ロープの縛りに定評のあるヨシミンがプロ並みの結びで作業が早い。

キヨーノ
「いいねヨシミン、あんたの結び方
簡単に解けて早くていいよ!」

ヨシミン
「実績ありますから!
任せてください!」

名人
「なんの実績?あんた縛師なの?」

キヨーノ
「まだ日が高いよ!
シモの話はミッドナイトまで取っておいて」

名人
「ラジャー!」



どんどん下から荷物を引き上げて、
場所を決める。

キヨーノが先端角に陣取る。

「ここでやってもいい?」
「どうぞ!どうぞ!おれはどこでも大丈夫やでー」
「ヨシミン、ここ入ればいいじゃん」

置くからキヨーノ、ヨシミン、名人の順で場所を決めた。
とにかく立ってるのも厳しいほどの強風。

風除けは唯一灯台の裏。
そこに三人固まって仕掛けを用意する。



名人
「今日の釣り場は波浮港でやっちゃうぞ~!」
「一晩ここで粘ってみるかっ!」
「何が釣れるか乞うご期待!!!」

出だしのムービーもしっかり撮って、ようやく実釣開始。

さぁーこのあとどうなったでしょう。

さらに続く!

人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓両軸遠投カゴ釣り☆




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
今日の赤煙突ツイッター
プロフィール

akaentotu

Author:akaentotu
赤煙突・釣り日記

コンセプトは「堤防から船釣りを!」
遠投カゴ釣りで新たなジャンル
「陸っぷね!」
を作るべく日々奮闘中!。

みなさん、どうかよろしくお願いします。
そして、釣り場のゴミは持ち帰りましょう!!!

自作のカゴも絶賛販売中!
「赤煙突・釣り工房」

電話でも注文承ります。

------------------
電話受付時間は
10:00~22:00
(休日・不定休)
TEL:050-3726-2605
MAIL:
akaentotu@gmail.com
------------------


ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓

Facebook・赤煙突
赤煙突・同志の部屋!
赤煙突・同士の部屋!
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
20位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
関東・東海海況速報/広域
ピックアップ動画








ブログの更新をメールでお知らせ☆
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
アルバム
2010/7/11
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(大)15号
を使用
伊豆大島にて
ツナ(5.8㎏・73㎝)


2010/4/25
爆釣テロリストの「タイタン」カゴ(大)12号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(4.0㎏・72cm)



2010/3/28
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(小)15号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(7.8㎏・87㎝)

爆釣テロリストシリーズ

タイタン大・15号
安定感バツグン

トラブルゼロを目指した昔ながらのカゴ。
意外と飛ぶのが新しい発見。
ヨシミン愛用


アンタレス中・15号
脅威の飛距離

名人やキヨーノが愛用中
飛距離がパンパじゃない。
仕掛けが馴染む時間も早くせっかちの人向け。


NEWカストル4号
湾岸スペシャル

武士がこよなく愛しているカゴ。
新たにモデルチェンジして最長飛距離は80Mまで
メジナ49センチと実績あり


ポルックス3号
湾岸スペシャル

軽い仕掛けで沖を狙える優れもの。
カゴは小さいけど爆発力は大きいですよ!

人気ブログランキング
現在の訪問者




Unique Visitors:




Pageviews:
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

赤煙突・ツイッター