赤煙突の釣りブログ。コンセプトは「堤防から船釣りを!」両軸遠投カゴ釣りで新たなジャンル「陸っぷね!」を広げていきます。

今年最後は伊豆大島へ!<第34回おやじ会>1




今年最後は伊豆大島へっ!!!

気合十分で行ったわりには思わぬ貧果で筆も進まず・・・
っと言ってもいられず。

全国の赤煙突ファンにみなさまが待っていると思うと
はやりここは珍道中な旅の報告をせねば!!!

始まりは武士の電話から

武士
「あの~キヨちゃん!俺はもう車に乗って家の前で
待機してるんだけど・・・一向に名人が来ないの?
これどうなってるの?時間伝わってる?」

キヨーノ
「え~、昨日話しましたよ、武士邸に20:30待ち合わせって」

武士
「あっそう・・・もう40分だけど
大丈夫かな~?この感じ。。。」

キヨーノ
「じゃ家に連絡してみますよ!」

自宅へ連絡を取ると、名人はつい5分前にバイクで向かったとの事・・・

キヨーノ
「あのね~シコさん?名人は5分前に出発したって」

武士
「あっそうなんだ・・・
かなりギリギリの攻防戦になるね・・・」

キヨーノ
「そうなりますね~ 竹芝に9:40着って感じでしょう
名人の時計は僕らと2時間くらい時差がありますから」

竹芝に到着したのが9:40
予想通りギリギリの時間。

乗船券の手続きをして、その間に武士が車を停めに行って
名人はすき家に買出しに行って!
あっと言う間に乗船時間。

急いで切腹写真を撮って。

名人
「いや~
今日はだれだっけ?
あーヨシミンがおらんのか?
だけど今日の昼間に家に来て
おみやげ置いてったっけな~
行きたかっただろうに・・・」

キヨーノ
「ヨシミンは北陸地方へ営業に行ったとか聞いたけど」

名人
「どうやら、寒い所で仕事らしいよ」

武士
「残念だね、せっかく俺も参加出来たのに
結局今年はこの4人は揃わなかったってこと?」

キヨーノ
「あぁーそう言われれば、4人揃っての釣行は無かったな~」

乗船のアナウンスが流れていざ出船




武士
「これイガちゃんから預かってきたよ
名人専用のウキだって」

名人
「おぉーわりーねー!
イガちゃんもいい仕事してるな~
大事に使うからね~イガちゃん!!!
来週忘年会で会おうね~」

武士
「それでさー俺も例の赤玉ウキが欲しいんだけど・・・」




名人
「あーそうだね、シコさんはポルカス専用でやるんだったね
じゃこれを進呈します!
赤煙突から発売しているポルカス専用ウキ!これで明日は釣ってみてください」

武士
「頂きます~!
いいんですか~
お支払いしなくても!
いんですか~」




名人
「払えるの?明日、明後日とお店休んで払えるの?」

武士
「出世払いでいいですか?」

名人
「いまから出世の見込みあるの?まだ夢を見てるの?」

武士
「あの世で返すってことでいいかな~」

名人
「そうしてもらえる?
シコさんからはまだ何も返して貰ってないけど
まずは食堂で酒でも飲もうよ」

サルビア丸の食堂に移動して、さっそく宴会。

ヨシミンが持ってきてくれたわさび柿ピーをつまみに




大体、こんな話を記事に書くなんて
今回は釣れませんでしたって言ってるようなもんだよね。。。

でも本当だから仕方が無い。

「う~ん、ウシ丼が入っていかないな~」




武士
「俺は久し振りだから、ワクワクしてるよ!
今年は本当に釣りに行けなかった~
ガタニイの粟島以来だよー」

キヨーノ
「え~あの夏以来だっけ?」

武士
「そうだよ~
あとは近場に行ったりイガちゃんの伊東に行ったりだけ
島は本当に久し振り」

名人
「そうでしょう!
このご時勢に島へ行けるなんて贅沢ですよ!
っと思っている方が沢山いらっしゃるでしょう!
違うんです。

大きな間違いです。
車にのってガソリン使って伊豆半島、紀伊半島、房総半島、
行くより楽で金額もほとんど変わらず
着いた港がすぐ現場(ポイント)となる島遠征は
実は一番手ごろな釣りなんですよ~
私は声を大にして言いたい!
みんな島へ行きましょう!
大島なんて往復7,000円でいけますよ!」

キヨーノ
「そうなんだよね~
勘違いされてるよね~
大島まで釣り行ってるの?
なんて言われるけど、竹芝から船乗って直ぐだから
実は手ごろなんだよね~
それに釣れるし」

武士
「あの~真剣に話しているところ
申し訳ないけど、おれ焼きそば食べていいっ?」




名人
「どうぞ!どうぞ!
もう40過ぎたのにインスタント焼きそばやってるの!
いいよ~ ウマいもんね~
俺も好きだよ」

キヨーノ
「武士は懐具合がギリギリなんだよ!
シモはビンビンだけどねー」

名人
「やっぱりそうなの?
この人は元気だよね~」




久し振りに集まった3人は深夜まで話が止まりませんでした。

結局寝たのは午前1時過ぎ、
大島に着いたのが5:30過ぎだからほとんど寝ないで
岡田港に到着しました。




岡田の待合所で珍しくコンポタなんか飲んでる名人
凄く調子が悪そう・・・

名人
「すっげー気分悪りっー」

武士
「名人、船酔いじゃない?
いつも意外に酔うよね・・・」

名人
「そうなんよ~実は俺、乗り物弱いんよ~」

船酔いでグロッキーな名人を尻目に
マイペースなキヨーノ

「さぁーて、どうする?車は二日間借りたし
いまから釣りしたら30時間は出来るよ
このまま波浮に行ってみる?
それとも食料買わないとだから9時まで元町に居る?」

名人
「そうやな~
まずは俺はエサを買いたい
今日は買ってくる時間が無かったし
バイク移動だったからオキアミ無いのよ」

キヨーノ
「じゃ元町のエサ屋に行こうよ」

っと言うわけで元町へ移動。
いつもの堤防はウネリが入っていた。

普段の場所とは別に元町港を散策していたら
ちょっと隠れ家的な場所を見つけました。




ここは気付かなかったな~
エサ屋さんの前の通りを下って行くと小さな漁港になってて
階段を上がってその先に、なかなかの堤防を発見。




まだまだ大島も奥が深いね~
磯を敬遠しているおやじ会にとって
新しい堤防ポイントはルンルンしちゃいます。

磯もいいんだけど、疲れちゃうからねー

名人
「いいやん、水深無さそうだけど
メジナは居そうだよねー」

武士
「うん、雰囲気あるんじゃない?」

キヨーノ
「そうね~テトラがいい感じに散らばってるねー」

武士
「俺はちょっと竿出してもいいかな~
もう我慢出来ないんだ!」

キヨーノ
「どうぞやってください!
溜まってるモノを吐き出してください」

名人
「俺はちょっと休んでいいかな・・・
ちょっとだけ休ましてもらうで・・・」




まだまだグロッキーな名人
このあと車内で二時間ほどデスりました。

そうとう酔ってるらしい。。。

時刻は9:00




キヨーノもまだ早いと言うことで休憩している。

そろそろ武士の動向が気になって様子を見に行った。

キヨーノ
「お~い武士~っ!
どう?釣れてる?」

武士がゼスチャーで×サイン

キヨーノ
「全然だめ~っ?」

さらにゼスチャーで×サインを二回




本当かな~?

疑り深いキヨーノは真相を確かめるべく
近くに行って見た。

キヨーノ
「武士~!何も釣れないの?」

武士
「何も釣れない!
エサは無くなってくるけど
当たりが無いよ・・・」

キヨーノ
「水深はどう?」

武士
「結構浅いねー
竿一本無い感じ」

キヨーノ
「あっそう!何も反応なしなんだ~」




そのまま少し武士の様子を眺めるキヨーノ

攻めてるポイントは絶妙で
あそこで喰わなきゃ何処で食わせるんだ
って感じのポイントに仕掛けは流れてる

やるね~武士
腕は鈍って無いな!

っと思っていたらウキが「スッ」っと消えた。

キヨーノ
「あれ~サカナじゃないの?」

武士も気付いたようで、巻き上げる
付いてきたサカナはちっちゃいメジナだった。




武士
「ようやく喰いだしたよ~」

キヨーノ
「タイミングいい人だね、オイラが様子伺いに来たら釣り出したよ
もうちょっとやってみてください。オイラは車で待ってるから」

武士
「了解!もう少しやってみるよ
タモが必要だったら電話するから!」

キヨーノ
「らじゃー!」

20分後。
武士が帰ってきた。




「あのあともう一枚メジナが釣れたけど
これ以上やってもね~もういい時間でしょ!
名人はまだデスってるの?」

名人
「あー!寝た!
寝たで~!!!」




仮眠を取ってようやく調子を取り戻した名人
グロッキーが少しだけ回復したご様子。

名人
「さぁーエサを調達して、べにやに行こう!
あそこの弁当を食べないと調子が出んのよ~」




人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓両軸遠投カゴ釣り☆






コメント
楽しみにまってました。
今回は巻頭が切腹ですか?
続編が気になりまーす。

2011/12/16(金) 23:55 | URL | ヨッピー #-[ 編集]
No title
>ヨッピーさん

どうもー!
キヨーノです。

巻頭は切腹でした。
なんでか~っ???

続編は今夜書きますのでお楽しみに!
2011/12/17(土) 11:22 | URL | キヨーノ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
今日の赤煙突ツイッター
プロフィール

akaentotu

Author:akaentotu
赤煙突・釣り日記

コンセプトは「堤防から船釣りを!」
遠投カゴ釣りで新たなジャンル
「陸っぷね!」
を作るべく日々奮闘中!。

みなさん、どうかよろしくお願いします。
そして、釣り場のゴミは持ち帰りましょう!!!

自作のカゴも絶賛販売中!
「赤煙突・釣り工房」

電話でも注文承ります。

------------------
電話受付時間は
10:00~22:00
(休日・不定休)
TEL:050-3726-2605
MAIL:
akaentotu@gmail.com
------------------


ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓

Facebook・赤煙突
赤煙突・同志の部屋!
赤煙突・同士の部屋!
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
504位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
44位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
関東・東海海況速報/広域
ピックアップ動画








ブログの更新をメールでお知らせ☆
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
アルバム
2010/7/11
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(大)15号
を使用
伊豆大島にて
ツナ(5.8㎏・73㎝)


2010/4/25
爆釣テロリストの「タイタン」カゴ(大)12号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(4.0㎏・72cm)



2010/3/28
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(小)15号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(7.8㎏・87㎝)

爆釣テロリストシリーズ

タイタン大・15号
安定感バツグン

トラブルゼロを目指した昔ながらのカゴ。
意外と飛ぶのが新しい発見。
ヨシミン愛用


アンタレス中・15号
脅威の飛距離

名人やキヨーノが愛用中
飛距離がパンパじゃない。
仕掛けが馴染む時間も早くせっかちの人向け。


NEWカストル4号
湾岸スペシャル

武士がこよなく愛しているカゴ。
新たにモデルチェンジして最長飛距離は80Mまで
メジナ49センチと実績あり


ポルックス3号
湾岸スペシャル

軽い仕掛けで沖を狙える優れもの。
カゴは小さいけど爆発力は大きいですよ!

人気ブログランキング
現在の訪問者




Unique Visitors:




Pageviews:
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

赤煙突・ツイッター