赤煙突の釣りブログ。コンセプトは「堤防から船釣りを!」両軸遠投カゴ釣りで新たなジャンル「陸っぷね!」を広げていきます。

またっ?台風のコノヤロ!<第41回おやじ会>1




巻頭は久しぶりにキヨーノ!?
イナダ?ワカシ?風な魚を釣ってホッとしたご様子。

今回も台風直撃の影響で島遠征をキャンセル(船が出ない・・)して
東伊豆へ向かったおやじ会。
はたして伊東のイガちゃんをビックリさせる事が出来たんでしょうか?

釣行3日前から既に仕込みは始まっていた。

名人
「キヨちゃん、天気どうなんかえ?
どうして利島に行こうと思うと天気が悪くなるんや・・・」

キヨーノ
「なんか沖縄の下にある台風が進路変更したらしいじゃん。
参ったよねーこのままじゃ島はアブないよね」

名人
「多分、トシコは絶対無理。行けたとしても大島やん。
もう島は無理な感じで考えておかんとダメやなー」

キヨーノ
「そうなると行先は?」

名人
「伊豆になるだろう。
伊豆と言えばイガちゃんだろう!
イガちゃんサプライズ第二弾って事にしないと
全国のみなさんは納得せんやろー」

キヨーノ
「やっぱそうなるよねー
ここはイガちゃんとの遭遇リターンで盛り上がるか!」

名人
「そうやで。今日からイガちゃんにバレないよう
仕込まんとダメやで、電話も出ちゃダメ。
あくまで島へ行く体にしないとやで」

イガちゃんサプライズ企画がスタートした。
釣行前日にイガちゃんから着信があった。
みんな揃って電話に出ない。

不思議に思ったイガちゃんは切腹の無事と連絡と取った。
武士は僕らのサプライズを知っているから、
「島へ行くって言ってたけどね~
いま準備で忙しいから電話に出れないんじゃない」

なんて適当に答えて煙に巻いた。
イガちゃん的には一抹の不安を抱えるっが、
まさかまた来るとは思っていない。

そうして釣行当日。
案の定天気は最悪。
台風17号が本当直撃する進路



どう考えても島は無理。
いや釣りなんかもってのほか。。。

それでも釣りがしたいおやじ達は網代の部長に連絡を取った。
すると部長さん

「いまはソーダが出てますよ!朝方はイナダも回ってるし
台風前だから釣り人も少ないから狙い目ですよ!
来るなら夜中から来て貰えれば十分釣りできますよ!」

と台風なんかあまり気にしないで大丈夫です的な軽い感じで返答があった。

名人
「これは行くしかないでしょ!午前中だけでもイナダ釣って
あとはイガちゃん家で宴会すればいいやん!もうシナリオ決まったでー!」

キヨーノ
「いいね、イガちゃんサプライズをして釣りして
宴会して翌朝また釣りが出来ちゃうの?」

名人
「あなたも貪欲だね~
もちろんですよ!今回はナマダマンも参加するから
思いっきり釣りさせてやりてーんや!」

と言う訳で台本が決まればあとは実行あるのみ。

「敵を欺くにはまず味方から」ミッション発令!

伊豆へ行く前にわざわざ東海汽船の待合所(竹芝桟橋)へ寄って
あたかも島へ行く風な写真を撮る。

そしてツイッターで「いまから島へ行って来まーす!」とつぶやく。
それをみたイガちゃんはホッと胸をなでおろす。
「今日は来ないな!」と思っている所を叩き起こす!
この小芝居を見破る事ができるか?




竹芝桟橋を後にして、今回の参加者は以下の通り
-------------------------------------
名人
キヨーノ
よしみん
ナマダマン
-------------------------------------

の四人。

シコ負債はやっぱり切腹。
訳は聞かないで。

夏祭りの死相を見たらわかるでしょ!
シコちゃんは今、大変なのよ。




シコちゃん無念の切腹!
もはや今年は見納めか?

そんな不景気をぶっ飛ばすように、
おやじ達4人は首都高をぶっ飛ばし東名に入り海老名で休憩。

時刻は午前0:30
よしみん
「いいペースですね。
この調子で行けば2時には伊東に着きますよ」

ナマダマン
「イガちゃん、大丈夫ですかね?
ちゃんとツイッターみてるかな?
怒らないっすかねー」

名人
「大丈夫、イガちゃんは怒らんよ!
たとえムッとしても怒りはせんよ!
だって赤煙突を愛してるから」

キヨーノ
「そうねーイガちゃんは受け入れてくれるよ。
その前にツイッターをちゃんと見てて欲しいねー
俺たちの陽動作戦に掛かって欲しい」

名人
「大丈夫やろ、間違いなく不意を衝くよ
俺は確信している。
そして俺は今話題の3,500円のカツカレーを食べるでー」




キヨーノ
「なんのこと?」

ヨシミン
「政治関連の話ですよ!」

キヨーノ
「ダメダメ、政治はダメよ!
政治の話だけは勘弁して
全然面白くないんだよ!」

ナマダマン
「分かります。名人は気付くと政治トークになって
俺も実際つまんないんすよ!言えないけど・・・」

名人
「なに~!政治は楽しいでー
あんたら日本の事を真剣に考えてるんかえ~」

キヨーノ
「ダメダメ、政治はダメよ!
俺たちは釣り!釣りの話に集中してください。」

名人
「それはそうや・・・
カツカレーが冷めるから食べちゃうよ・・」

よしみん
「そうしてください。
自分は夜中のブタキムチ定食やっつけますよ!」




ハイチーズ!

名人
「よしみちゃん!あんたカメみたいやで
もう首と頭の区別がつかんほどメタボやでー
人の事を言えんけど・・」

海老名で休憩が終わり、一向は東伊豆へ向けて走る。
時刻は1:30

熱海を過ぎ、網代も過ぎて宇佐美に入った。
するとヨシミンが気付く。

「あれ?なんか山が燃えてるよ!」
「えっ、あっほんとや?」
「火事やん!火事だよ!」
「ストップ、ストップ。これは事件ですよ!」

周りには誰も居ない。
山の中の家らしき所から激しく火が出てる。
車も走っていない。

おやじ達は車を停車させ、急いで119番へ電話した。
「今、火事を見つけました。場所は・・・」

地元の人も車を止めて場所を説明してくれた。
なんと赤煙突が第一発見者&通報者になった。

程なくして消防車やパトカーが数台駆けつけ
対応していたのを見届けてその場を去った。



名人
「火事はこえーなー
あっと言う間に燃えたでー
明日、サミーちゃんに
その後の状況を詳しく聞いてみようえ」

さぁーいよいよ。
伊東の街が近づいて来た!

時刻は2:20
「まだはえーかな?_
今日は土曜だし起きてるかもよ?
いや、大丈夫やで疲れて寝てるよ」

イガ邸に到着。
イガ号はしっかり駐車されている。
「おるで!
絶対おる!」

いよいよサプライズの瞬間。
家のチャイムを押すキヨーノ!

いくよー!

「ピンポーン」

・・・

「ピンポーン」

・・・

あれ?
寝てる?
チャイムを6回鳴らしても反応無し。

「いねーのか?」
「よしみんイガちゃんに電話してみてよ!」

すると本人が電話に出た!
「あのーイガちゃん何やってるの?
こっち?こっちはね船の上かな・・・
えっ近くの居酒屋さんで呑んでる?
なに家から2分の場所にあるの?
へー右。左どっち?
えっ、船の上だよ伊東に居る訳ないじゃん・・・」

既に感づかれている。。。
そして夜中の住宅街に明かりが付いた看板
「居酒屋 花紋」のネオンを見つけた!

「あそこやねんかえ~!
あそこしかねーで!
ほらイガちゃんの声が聞こえる!
ここや!突撃やっ!!!」

こんばんわ~
お邪魔しまーす!

イガちゃん
「やっぱり来たんだー!!!!
この人たち悪いね~
もう電話で気付いたよ
ヨシミンが電話口で息切らしてるらー
あっ近くに居るっておもったね。
しっかし悪いね~この人たち。
昨日は誰も電話に出てくんねーし。
最悪だよ!
ツイッター?今日は忙しくて見てないよー
そんな暇無くて、いまこうしてようやく落ち着いて
お酒を頂いてるとこよ!
ツイッター?全然見てない、見てない!」

おやじ達一同。ズッコケまくりました。。。
わざわざイガちゃんの為だけに小芝居を打ったのに。。。
見ていない。

虚しい=ムナシス・・・

こんな夜中まで営業している「居酒屋 花紋」さん
先日の夏祭りにも来て頂いた妖艶なママさん。

「じゃー、一杯頂こうかしら!
ママ、ビール貰えます?
もう呑んじゃうよ!」

イガちゃん
「呑みな、呑みな、今日は台風で釣りなんか出来ないよ!」

キヨーノ
「それがさー!網代でもう場所を抑えたのよ。
部長さんがアテンドしてくれて。
あとはもう行くだけなの!」

イガちゃん
「えー!行くの?
いつ?今から?
マジで・・・」

名人
「あぁーそうですよ!
ここで一杯頂いて頃合いみて釣りでしょ!
イガちゃんも無理やり連れてくよ。
大丈夫、運転手は酒呑んで無いから
その分我慢して貰ってるから」

イガちゃん
「赤煙突恐るべしだらー」

花紋さんを後にシテ
イガ邸に到着。




時刻は4:00
「釣りに行くの?マジだよ?
行くのね。わかった。それじゃグリスアップするから
ちょっとまってて!
いまから?そうだよ釣りの直前グリスが一番効果的なんだから
時間が無い?誘っといて時間が無いなんて言わせないよ
おれはゆっくりペースでチューンするらー」

そういってグリスアップを終えてようやく網代へ到着。
部長さんと合流してまだ暗い堤防に場所をセットする。
僕らが一番と思ったけど先端には既に3人程の釣り人が居ました。




「部長~!ご無沙汰です。
この間はお世話になりました!
今日のお騒がせしますよー!
しっかりサポートお願いします」

「任せてくださーい
ウルさいのは知ってますから!
それと今日は哲籠さんも一緒に参加させてください」

どーぞ!どーぞ!
ぼくら騒がしいけど心乱されないよーに。

さぁーさっそく仕掛けを組もう!
あれっイガちゃんが寝てるでー




そっとしといてあげよーえ!
この人も朝から働いて寝てねーんやろ。
俺たちに付き合ってくれて優しい男だよ。
キヨーノだったら絶対来てねーよ!

キヨーノ
「おい、おい。私を出さないの!
だって眠いもん。堤防なんか行かないよ」

ほらな!
この男は薄情なもんよ。
さぁーみんなでキヨーノ包囲網を作るで。
釣らせないぜー!




夜が明けてきた。
そして部長の釣り開始のGOサインが出た。
「もう出来ますよー
ウキ?あぁー見えなくても大丈夫です。
イナダだったら手元に当たりが来るから」

そんな事を聞いたら黙っては居られない。
せっかちなキヨーノがもう仕掛けを投入している。

部長からタナを聞いてセットしてウキを流す。
確かに暗くて何も見えないけど、あたりを待つ。
アタリなし。。。仕掛けを巻き上げる。
他のメンバーもようやく準備が整った。




さっきまで爆睡だったイガチャンも夜明けとともに起きて仕掛けを作る。
流石釣師だね!

籠哲さんと挨拶を交わし
「今日はお邪魔させて頂きます。
1日よろしくお願いします。」
「いえいえ、こちらこそウルさいですけど
気にしないで自分の釣りをしてください!」

みんな一斉に仕掛けを投げ入れる。
っとそこで2投目のキヨーノに当たりがあった。

キヨーノ
「サカナ~っ!
サカナですよ~!
さかな、サカナ、魚~っ!!!!」

名人
「朝からウルさいね~
いいよそのテンション!
さっそく撮影ですか?って俺しかカメラ居ないね。
回しますよ~」

キヨーノ
「え~サカナです!
これは間違いなくサカナですよ!
ものは?そうだねおそらくイナダ君でしょう!」

名人
「マジかよー朝一発目からこいつのミッションみるの?
やだな~、やだな~、なーんかやだな~
増税反対~っ!!!」

ナマダマン
「政治はダメですって!」

名人
「あっそうか?失礼。
さぁー物はなんだ!なんだ!なんだ!
物はなんだ?」

部長
「タモ入れる?」

キヨーノ
「お願いしますー!
一発目は慎重に獲りたいです!」

お見事キヨーノ
しっかり本日の本命。
ワカシ>イナダ?釣りました!!!

ミッション完了です!



名人
「いや~釣りやがったな~!
こいつが一番最初に釣りと厄介なのよー
部長!釣らせちゃだめよー!」

部長
「こればっかりはねー
運もあるし、一番に仕掛け入れてたし
馴染むのが早かったんじゃないですか」

キヨーノ
「部長さんの言う通り。
ほらチミ達も僕の習ってしっかり釣るんだよ!」

よしみん
「出ましたね、おやじいびり。」

キヨーノ
「よしみんも海を眺めて無いで
釣らないとサカナ言えないよ!
俺はこれで完坊を抜けたよ」

ナマダマン
「えー今日は完坊ルールあるんすか?」

名人
「残念ながらあるんよ!
今日はスポットじゃないから
オフィシャル=公式戦だからさ
みんなしっかり釣らないとダメだよ。
もちろんイガちゃんあんたもやで!」

イガちゃん
「えーっ俺も参加しないとダメなの?
さっきまで寝てたよ!おれ部外者じゃないの?」

名人・キヨーノ
「何を言ってるんですか?
ここに来たって事はしっかりエントリーして貰いますよ!」

イガちゃん
「まじで!
じゃ真剣にやらなきゃダメじゃん!」

名人
「当たりマエダのクラッカーだよ
みんな真剣だからね!」

ナマダマン
「クラッカーってなんすか?」

名人
「細かい事はいいんだよ!
政治の話しに戻すぞ!」

キヨーノ
「ダメ、ダメ、政治はダメよ!
場がシラケるから。籠鉄さんにも言っておきますよ。
名人に政治を連想させるキーワードは絶対NGですから!」

籠鉄さん
「わかりました、何が悪いかわかりませんが
取りあえず了解しました。気を付けます」

イナダが釣れて周りの釣り人も堤防が一気に熱くなった。
さぁー2匹目は誰が釣るのか?

「さかな~っ!!!
魚ですよ~っ!!}

ナマダマン
「え~またキヨさん?
ツイてるな~
なんでキヨさんばっかり?」

サカナ~!
これもさっきと一緒かな~
サカナだよ~
カメラまだかな~

名人
「わかってるよ!コノヤロー!
なんでキヨばっかり釣るんや?
2投連続やん。」

キヨーノ
「どうもすみません。
道具がいいもんでー!」

今日のカゴはBBアンタレスライト(8号・中)を使用
腕じゃないよ。
釣りは道具ですよ。

BBシステムがしっかり作動してるよ。
いいね~名人。
いい仕事してますよ~

名人
「ムカつくな~
俺がカゴ作者なのに、カメラを持っているなんて・・・」

さぁーものはなんだ?
やっぱり同じイナダちゃん。

はい、ミッション完了です!


キヨーノ
「なんかわりーねー俺ばっかり釣っちゃって。
いいのよ!遠慮なく!うん、俺は休憩してるから
みんな釣って。」

名人
「悔しいー、絶対釣りてー!
キヨが最初に釣るといびりがキツイのよ・・」

籠鉄さん
「赤煙突って熾烈なんですねー
この状況で釣らないとですか?」

キヨーノ
「はい、てっちゃんは大丈夫。
自分のペースでやってください。
これはメンバーに課せられた十字架ですから。
このパワハラの中で結果を出す!
これが赤煙突です。
ねー名人!?」

名人
「分かったよ!釣ればいいんだろ!
釣りますよ、ちょっとまってろコノヤロー!」

サカナ~っ!
誰~っ?

えーイガちゃんかえ~

キヨーノ
「おぉーイガちゃんも続いたね!
おれがカメラ回すよー
余裕だから。はいサカナ~!」

イガちゃんも見事にイナダを釣ってほっとしたご様子。

イガちゃん
「いや~完坊ルールアブねー!
一匹釣るまで気が抜けないねー
良かった!イナダ君が来てくれて。」

はい、ミッション完了です!



おまけにバックからもミッション完了です!



だんだんと場が暖まって来ました。

ナマダマン
「俺もサカナですー!!!」

名人
「えっーそっちかえ~?
マジだよ?ナマダ?」

ナマダマン
「マジです。サカナです。
ものは分かりませんが、引きますよー!」

マジかよ~
ナマダも釣っちゃうの~?
シビれるな~。

ナマダマン
「あぁーなんだ?
イナダかな~?
いや違う。
ソーダだ?
ソーダかつおです」

名人
「なに~!もうソーダの時間なの?
イナダは何処へ行っちゃった?」

ミッション完了です!



時刻は7:00

朝5:30からスタートしたイナダタイムが終了した。
その後はイナダのイの字も出てこない。

ソーダ&サバのオンパレード。

名人
「おぉー俺もサカナだよ!
でもソーダやっ!」

キヨーノ
「あれっ、名人!
ソーダを侮辱するような発言は良くないよー
回遊の代名詞!前回ソーダ大好きって言ってたよ」

名人
「好きですよ!
好きやけどー
今日はソーダじゃダメなんやー!」

もうヤケクソ!
ミッション完了です!!!(ハガッ)



一通りのメンバーが完坊から脱がれることが出来た。
回遊が回っていれば当然リスクは低くなる。
っが一人存在感を消している男が居た!

彼の名を「ヨシミン」と呼ぶ。
相変わらずスタートで仕掛けを作るものの。
一向にウキを投入しない。

海を眺め周りを眺め。
運転手から開放されたビールを飲んで
のんびりゆったり海を楽しんでいる。

名人
「あの~よしみちゃん?
あんた釣りやらんのかえ?」

ヨシミン
「だいぶ場があったまって来たので
そろそろとは思ってますよ!」

名人
「そろそろってもうイナダの時間は終わったでー
あんたも今日は完坊ルールに強制参加やからね」

ヨシミン
「え~まだ1投もしてないから
参加してませんよ!」

キヨーノ
「そう言われれば、釣りしてないね。
でも投げたら参加したことになるよ!」

ヨシミン
「それはマズイですね~
もうちょっと検討してからスタートしますよ」

余裕なのか?
疲れてるのか?
ヨシミンスタイルにイガちゃん呆然。

「ヨシミンって釣りしないよね~
周りが釣ってても己を貫くよね~
ある意味強いよね~」

時刻は9:30
台風が刻一刻と近づいて居ています。
釣りが出来る時間もあとわずか?
さぁーヨシミンは釣り開始するのか?
そのまま撤収で帰るのか?

続く!



人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓両軸遠投カゴ釣り☆




コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
今日の赤煙突ツイッター
プロフィール

akaentotu

Author:akaentotu
赤煙突・釣り日記

コンセプトは「堤防から船釣りを!」
遠投カゴ釣りで新たなジャンル
「陸っぷね!」
を作るべく日々奮闘中!。

みなさん、どうかよろしくお願いします。
そして、釣り場のゴミは持ち帰りましょう!!!

自作のカゴも絶賛販売中!
「赤煙突・釣り工房」

電話でも注文承ります。

------------------
電話受付時間は
10:00~22:00
(休日・不定休)
TEL:050-3726-2605
MAIL:
akaentotu@gmail.com
------------------


ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓

Facebook・赤煙突
赤煙突・同志の部屋!
赤煙突・同士の部屋!
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
656位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
57位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
関東・東海海況速報/広域
ピックアップ動画








ブログの更新をメールでお知らせ☆
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
アルバム
2010/7/11
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(大)15号
を使用
伊豆大島にて
ツナ(5.8㎏・73㎝)


2010/4/25
爆釣テロリストの「タイタン」カゴ(大)12号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(4.0㎏・72cm)



2010/3/28
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(小)15号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(7.8㎏・87㎝)

爆釣テロリストシリーズ

タイタン大・15号
安定感バツグン

トラブルゼロを目指した昔ながらのカゴ。
意外と飛ぶのが新しい発見。
ヨシミン愛用


アンタレス中・15号
脅威の飛距離

名人やキヨーノが愛用中
飛距離がパンパじゃない。
仕掛けが馴染む時間も早くせっかちの人向け。


NEWカストル4号
湾岸スペシャル

武士がこよなく愛しているカゴ。
新たにモデルチェンジして最長飛距離は80Mまで
メジナ49センチと実績あり


ポルックス3号
湾岸スペシャル

軽い仕掛けで沖を狙える優れもの。
カゴは小さいけど爆発力は大きいですよ!

人気ブログランキング
現在の訪問者




Unique Visitors:




Pageviews:
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

赤煙突・ツイッター