赤煙突の釣りブログ。コンセプトは「堤防から船釣りを!」両軸遠投カゴ釣りで新たなジャンル「陸っぷね!」を広げていきます。

またっ?台風のコノヤロ!<第41回おやじ会>最終


 

本当に台風なんか来てるの?
そんな天気&凪。

誰もが天気予報をにらんで、
「いま四国あたりに来てるよ、
あと一時間で三重に上陸らしいよ」
などなど言ってるけど。

ここ網代にはまったく気配が無いです。
穏やか過ぎるくらいべた凪。

ソーダの時間からサバの時間にも入り
投げればどっちか釣れる展開に入ってきた。




だけど本命のイナダはもう居ない。
棚を深くしてもサバが喰ってくる。
さびしい状況

それでも朝のラッシュに乗り遅れた方々が
次々にミッションを完了していく!

名人
「えーえー、わたくし乗り遅れましたよ。
すっかり乗り遅れました。
サバやソーダで楽しませてもらってます。
何か?悪いですか?」

キヨーノ
「いえいえ、名人にとってソーダは第二の親友だから
私は何も意見はありません。滅相もございませんよ。
自分は外道のイナダを釣りましたんで。
二匹も!
もう十分でございます!!!!」

名人
「あームカつく。なんかムカつくな~
部長!この人に釣りさせないで。」

籠哲さん
「あっ、僕にもサカナですー!」

おぉー来た~!
はい、サカナ~
サカナ、サカナ、サカナ~!

周りがうるさくて集中できません。。。

それでもしっかりソーダを釣り上げた。
てっちゃんおめでとう!

ミッション?
言わせたい!
部長も一緒に?

「ミッション完了です!!!」



いいね~
これでほとんどのメンバーは釣ったね。

あれっ、忘れてませんか?
もう一人。

海を眺めて既に2時間が経過。
いまだ仕掛けを投入しない男。
その名もヨシミン。

ヨシミン
「僕にはペースがありますから。
そろそろとは思ってますよ!」

既にビールを4.5本やっつけたヨシミン。
もう撤収しても?そんな馬鹿な。
一回も投げずに撤収するの?

っと思っていたら時刻は10:00
ようやくヨシミンが仕掛けを投げた。

名人
「おぉーあんたも参加したってことね!
ゴングがなったでーもう逃げられんでー」

ヨシミン
「大丈夫ですよー
なにかしら釣って見せますよ」

この一言があとあとプレッシャーになる。
周りではコンスタントに釣れる。

サカナ~
はい、ミッション完了です!



イガちゃんはサカナ釣りに飽きて
もう気分は遠投大会!
「どこまで飛ぶかな~?」
「イガちゃんそんなに飛ばしたら場が荒れるから」
「だって負けたくねーんだもん」
「いいんだよ、負けるが勝ちよ!」
「いや、俺は何も言えねー」

余裕のキヨーノは記念撮影なんかしちゃったり。



もう気分は宴会へ移ってる。

キヨーノ
「もし雨が降ってきたら撤収だよ
政治もダメだけど雨はもっどダメ。
早々に帰るよ」

名人
「いいでー雨になったら帰ろうえー
でも雨でも粘らないといけない人が一人いるでー」

ヨシミン
「あの~30分経っても何もこないんすけどー
もっと簡単に釣れると思って参加したんすけどー
どうなってますか?」

そう、仕掛けをいい所に流しているけど
ヨシミンには来ない。

その代わりチョイ投げのナマダマンのポイントに
サバやソーダが入れ食いで彼は今日一番の数を釣り上げた!

ナマダマン
「いや~面白いっすねー
おれ底物も好きですけど、いままで釣りが良くわかって
無かったです。カゴ釣り仕掛けがからまったりで敬遠してたんすけど
こんなに面白いと思いませんでした。
自分ようやく釣りの面白さが分かってきました。
これだけ釣れたら確かに面白いですよねー」

イガちゃん
「ナマダ、今日まだ一匹も釣ってない人がいるんだから
ちょっとは気を使ったらどうだい!」

ナマダマン
「あっ、失礼しました。よしみさん」

名人
「あらっ、よしみちゃん後輩にまでプレッシャーかけられちゃって大丈夫?
雨降っても撤収できないよ・・・
あの目指し帽かぶる?この暑い中?」

よしみん
「予定ではもう一匹釣って帰り支度なんすけど
なんで釣れないのか分からないんです・・・」




そろそろかな~
と思っていたところにようやく
よしみん
「あっサカナです!
よかった~
サカナが乗ってくれた~
助かった~」

ミッション完了です!



よしみん滑り込みセーフ!
これで全員がカンボウを逃れることが出来た。

もうまったりしてきた堤防に僕らの大先輩
G藤さんが見に来てくれた。

G藤さん
「おぉー今日はメンバーそろい踏みだね。
どう釣れてるの?」

名人
「あぁーG藤さんこの間の差し入れありがとうございました!
いやマジで旨かったすよー
今日は仕事ですか?えっあー午前中だけ仕事。
じゃー午後は釣りしますか?」

G藤さん
「いや、午後は雨でしょ!
よかったらみんなで俺んちで酒でも呑もうよ!」

名人
「マジですか?
いいんすか?俺たちウルさいですよー!」


G藤さん
「いいよ、いいよ!遊びに来なよ。
一杯やろうよ!」

名人
「そうと決まれば了解です。
もう時期止めますんでお邪魔させて頂きます」




そうして結局この後
11:30に雨が降り出し全員撤収。
波はまだまだ穏やかでした。

だけど雨が嫌いだからG藤邸へ移動
みんなで飲み会が始まった。



名人とG藤さんは焼酎のビール割り。
恐怖の「爆弾」をやってました。
当然ながら足腰にグンと来る酒。

アルコールを原酒で呑んでるようなもんですから
聞きますよね~
気づけばG藤さんも名人もダウンしていました。。。




日が暮れて来たのでG藤邸を後にして
今度はイガ邸に移動。

今度はイガちゃんお手製の手料理でまたまた宴会スタート!
沼津から支部長も駆けつけてくれて。
またまた盛り上がる赤煙突。




乾杯ー!!!

いったい釣りに来たのか呑みに来たのか
分からなくなって来た。
懸案だった台風も夜になってようやく本気を見せて
風が激しく暴れていた。













それでも深夜1時にはすっかり抜けて
静かな夜に!

明日も朝から網代で釣りですか?
部長から普通に連絡が来た!

名人
「行けるんだったら、行こうえ~
俺たちは釣ってなんぼでしょう!」

キヨーノ
「そりやそうだよ!部長~行きますよー
活かせていただきますよ~」

翌朝3:30にイガ邸を出発。
眠い目を擦りながら網代方面へ車を飛ばす。
途中の宇佐美の先のトンネル手前のエサ屋で
店主がおきて来なくて軽く販売拒否されたけど

別の場所でなんとかエサを調達し堤防へ到着。
さすがに釣り人ゼロ。
先端も空いていました。

台風だもんな~
ちょっと風が強かったけど波は穏やか。
昨日とそん色なし。

仕掛けを作るおやじ達。



イナダタイムはもう少し。
昨日の感じだと午前5:30~7:00までがイナダタイム。

この時間以外は釣れない。
ソーダとサバに変わる。
だから昨日釣っていない名人&ヨシミン、ナマダマンは気合十分

絶対に一匹は釣ってやるという闘志がメラメラと感じます。
一方、昨日2本釣っているキヨーノは余裕。

キヨーノ
「昨日釣ってますから自分は何処でもいいですよ。
みなさん希望の場所に入って頂いていいんですよー」

名人
「いやいや、いいですよ。
見ての通り今日は貸切だから、ここで十分です。
そんな2.3メートルしか変わらない場所でここがいいなんて
口が裂けてもいえません」

あさから口撃合戦が始まっている。

「暗いけどもう投げたほうがいいですよ!」
部長さんの号令で釣りが始まった。

ファイヤー!!!
今日は全員、定時にスタートした。

珍しくよしみんも参加している。
よっぽど釣りたいと見える。
いいね~この緊張感がたまらない。

罵り合いが始まる。
「え~、昨日の感じだと手元に来ますよ
あたりは手元にゴツンと来るからね」

「はぁー私は釣ってないから分かりませんが
一応頭に入れておきますよ、一応ね!」

「この時間だったかな~
釣ってない人にはわからないよねー」

夜が完全に明けた6:30
最初の雄たけびが上がった!

キヨーノ
「はい、サカナ~っ!!!」

一同
「マジかよ!
またキヨかよ!
キヨさんまた~?」

空気の読めないKY-NO
またキヨーノがサカナを掛けた!

名人
「なんでアンタから釣れるんだ?
イナダかよー?」

キヨーノ
「いや~わりーね~
この感じはイナダ君なのかな~
この時間だからね~
イナダだろうな~
なんかごめんね~
やっぱ道具がいいからかな~」

慎重にサカナを寄せてきた。
ナマダマンがタモを用意する。

名人
「んっ、イナダじゃねーぞ!
横に走ってるし・・・
あれっ、サバじゃん!」

キヨーノ
「あらっ、サバ~・・・
なんで~この時間からサバが食うの???」

他のおやじ達の心の中で
「やったー!
コイツがイナダじゃなくて良かった!
ザマーみろ!キヨーノ!」

キヨーノ
「あれっ、俺には聞こえる
あの声が!みんな安心していいぜ!
サバだったよ、そうみんなの期待に応えて
サバを釣ったよ!そう俺はKYじゃねーぜ!」

名人
「いや~残念だったねー
間違いなくサバですよ
さぁーこっちはイナダ狙って頑張るでー」

悔しい・・・(キヨーノ)
ここで一本釣れば止めを刺せることが出来たのに・・・
釣りの神様は意外な演出をする。

「サカナ~っ!」

えっ、誰?

ヨシミン???

「サカナです!
これはサカナですよ!」

キヨーノの仕掛けの直ぐ奥でヨシミンのウキが消えた。
見ていたキヨーノも魚と確信した。

キヨーノ
「おれ目の前で見てたよ
あれはサカナです。イナダの可能性高い!」

名人
「マジかよ、よしみん?
イナダなの~?」

予想通り見事なイナダを釣り上げた!
ヨシミン!!!

「やりました!イナダです!
これで東京に帰れる!俺も帰れますよ。」

さぁーミッション完了です!




なに~っ!
イナダを釣らなきゃ帰れない?
いつからそんなルールが出来たんや?
俺はきいてねーぞ!
絶対認めんでー!!!
でも釣りたい。。。
イナダ君。

ヨシミンに本命が来た事で逆にプレッシャーが大きく圧し掛かる名人。
ヤベー俺が釣らないで帰ったら何を言われるか分からんでー
ヤベー、マジヤベー!!!

あせる名人
「サカナ~っ!」
「これはサカナやろー」
「サカナやけど問題はイナダなのか???」

慎重に巻き上げる。
サカナが手前に突っ込む。
この感じは?

「やったー!!!
イナダやっー!!!
おれもイナダが来たー!!!
絶対あげるでー!!!}

名人も見事にイナダを釣り上げた!!!
マジで危なかったでー

ミッション完了です!



名人もイナダを釣ってほっと一息。
「え~と、今日はまだ本命を釣ってない人がいたっけ?
誰だっけ?あぁーキヨーノか?
あっそっか、君の今日の本命はサバだっけ?」


キヨーノ
「サバですよ!まだサバしか釣ってませんよ!
出来ればイナダを釣りたいですよ。。。
でもサバしか喰ってこないのよ」

その後もヨシミンが順調にソーダ&サバを釣り上げる。
珍しい!こんなに竿を振り込み姿を見るのはかなり珍しい。

名人
「あの~隣で釣ってる方
よしみさんですよね~」

キヨーノ
「なんか俺も別人見てるようだよ
よしみさんだと思いますよー」

よしみさんですよね~
「はい、新生ヨシミンです!
今日で何かを掴みました!」

いまごろ~!!!!!




その後もコンスタントに遠投しミスも無し。
珍しい、珍しすぎるヨシミン。

ナマダマンはスピニングリールで参戦しており、
今日は台風の影響で風が強く距離が伸びない。
両軸を投げる他のおやじ達と釣果がまったく違う。
スピニングは不利。
そう感じたナマダマン。
部長から悪魔の囁きに耳を傾けた。
「おれの両軸の仕掛けて投げ練してみる?」

気づけば魚釣りを止めて
後ろで部長主催の両軸遠投投げ練講習が始まっていた。
1時間弱の講習でどっぷり両軸の魅了を教わり
しっかり両軸リールも授かっていた。

ナマダマン
「両軸いいですね~
凄い難しいイメージがあったんすけど
部長の教え方凄い。うまいんすよー
そして練習ようにって両軸リール貰っちゃいました!」

名人
「おまえやったな~リールまで貰って
いい勉強になったろー」

ナマダマン
「はい、次回の釣行で自分はカゴ師になります。
竿もリールも新品を用意してカゴ師の仲間入りします!」

ここでも一人。
底物を捨て、上物のカゴ師が誕生した。
でも彼の本命はあくまでナマダ。
カゴでナマダを釣ることが至上命令です。

時刻は8:00
ここで宇佐美からゲストが登場!




サミーちゃん
「どうも!
みなさんまだ居るって聞いて様子を見に来ました!」

名人
「おぉーサミーちゃん!
ありがとうねー
おかげさまで釣れたよ!
イナダ!だいたいみんな釣ったよ!」

サミーちゃん
「そうっすか。よかったっすねー
この後のランチ待ってますから食べに来てくださいよー」

名人
「もちろん、行くよー
じゃーまた後でね!」

この後もだんだん風が強くなり当たりも少なくなって来たので
釣行終了!!!

部長と最後に記念撮影を行い。
また網代に来ることを誓った。

部長さん
今回も面倒掛けましたがありがとうございました。

G藤さん!
また飲みに行きますよー




網代を後にして、
やっぱり東伊豆に来たら。
ここに寄らないわけには行きません。

宇佐美の「金華」さん 名人
「どーも!
来ちゃましたー!
今日は定職頂こうかなー
酢豚定職と肉ナス炒めとギョーザーとタンメンと
適当にお願いします!!!」








サミーちゃんお手製のギョーザ&ビールで
今回の釣行の疲れを癒し胃袋を満たした所で
お疲れ様でした!!!

島に行けないことは残念だったけど。
伊豆に行けば暖かく迎えてくれる仲間が居て
嬉しい限りです。

また遊びに行く時はもちろんノーアポだから
みなさんよろしくねー!!!



人気ブログランキングに参加しています。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓両軸遠投カゴ釣り☆





コメント
待ってました!赤煙突
待ってました!赤煙突。
私は見事に騙されましたよ(笑)
こんな台風接近中でも島に行けるんだ~なんて‥
素敵な仲間達に迎えられて魚も肴も堪能いたしましたね。
釣りは何処へ行っても楽しめますよね。
ミッション完了!お疲れ様でした。
2012/10/10(水) 21:45 | URL | ヨッピー #-[ 編集]
No title
ヨッピーさん>こんにちは!名人です。気持ちは島へと向かっていましたよ!!ですが島が私たちを迎える気がなかったみたいですね!伊豆はいつ行ってもあたたかく歓迎してくれるので本当に感謝しております!今の時期、完坊はまずないのでみんなで和気あいあいと楽しめました!次回も楽しみに待っててください!
2012/10/17(水) 18:46 | URL | 名人 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
今日の赤煙突ツイッター
プロフィール

akaentotu

Author:akaentotu
赤煙突・釣り日記

コンセプトは「堤防から船釣りを!」
遠投カゴ釣りで新たなジャンル
「陸っぷね!」
を作るべく日々奮闘中!。

みなさん、どうかよろしくお願いします。
そして、釣り場のゴミは持ち帰りましょう!!!

自作のカゴも絶賛販売中!
「赤煙突・釣り工房」

電話でも注文承ります。

------------------
電話受付時間は
10:00~22:00
(休日・不定休)
TEL:050-3726-2605
MAIL:
akaentotu@gmail.com
------------------


ブログランキングに参加してます。
いいね赤煙突!と感じて頂けた方は
↓バナーをクリックしてね↓

Facebook・赤煙突
赤煙突・同志の部屋!
赤煙突・同士の部屋!
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
21位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
関東・東海海況速報/広域
ピックアップ動画








ブログの更新をメールでお知らせ☆
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
アルバム
2010/7/11
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(大)15号
を使用
伊豆大島にて
ツナ(5.8㎏・73㎝)


2010/4/25
爆釣テロリストの「タイタン」カゴ(大)12号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(4.0㎏・72cm)



2010/3/28
爆釣テロリストの「アンタレス」カゴ(小)15号
を使用
伊豆大島・岡田港にて
真鯛(7.8㎏・87㎝)

爆釣テロリストシリーズ

タイタン大・15号
安定感バツグン

トラブルゼロを目指した昔ながらのカゴ。
意外と飛ぶのが新しい発見。
ヨシミン愛用


アンタレス中・15号
脅威の飛距離

名人やキヨーノが愛用中
飛距離がパンパじゃない。
仕掛けが馴染む時間も早くせっかちの人向け。


NEWカストル4号
湾岸スペシャル

武士がこよなく愛しているカゴ。
新たにモデルチェンジして最長飛距離は80Mまで
メジナ49センチと実績あり


ポルックス3号
湾岸スペシャル

軽い仕掛けで沖を狙える優れもの。
カゴは小さいけど爆発力は大きいですよ!

人気ブログランキング
現在の訪問者




Unique Visitors:




Pageviews:
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
ウキ師の両軸遠投カゴ釣り
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

赤煙突・ツイッター